catch-img

リモートネイティブ世代のメンタルヘルス、課題と対応方法は?

新型コロナウイルス感染症の影響により、急速に普及したリモ―トワーク。
今年度入社した新卒社員には、これまでとは異なるケアが必要となります。


今回は、ビジネスパーソンのメンタルケアを専門に扱う「VISION PARTNER メンタルクリニック四谷」副院長の堤多可弘先生(精神科医、産業医)がWithコロナ時代の新卒社員──すなわち、リモートネイティブ世代のメンタルヘルスケアについてお伝えします。

目次[非表示]

  1. 1.新入社員=リモートネイティブ世代に起きるメンタル問題は?
  2. 2.重要なのは、タテヨコよりも「ナナメ」の関係
  3. 3.「ムラ社会」から「ネットワーク社会」へ
  4. 4.終わりに


新入社員=リモートネイティブ世代に起きるメンタル問題は?

2020年4月に入社した新卒社員の方々は、リモートワークが普及しつつある状況下で社会人となり、“リモートネイティブ”の第1世代になろうとしています。


このリモートネイティブ世代に起き得るメンタル問題として、大きくは以下の2つが挙げられるかと思います。


①    孤独やコミュニケーション不全

②    エンゲージメントの低下(*)

        (*)エンゲージメント:会社や仕事への満足度や信頼感、意欲のこと


まずは、「孤独やコミュニケーション不全」についてです。
新卒社員は、社内の人間関係が構築できていないため、孤独やコミュニケーション不全が起きやすいと言えます。そして、孤独はそれ単体で生産性を下げてしまうことが知られています(1)。


コミュニケーション不全は「質問できない」「やり方を聞けない」など業務に支障を来すことにつながり、同じく生産性を下げてしまいます。
さらに生産性が下がると、自己肯定感が失われてしまう──というように、負の連鎖が生まれてしまうのです。


孤独を感じ、コミュニケーション不全を抱え、自己肯定感を失ってしまうと、「エンゲージメントの低下」を招いてしまいます。そして、最終的には完全なメンタル不調に陥ってしまう可能性もあるのです。


重要なのは、タテヨコよりも「ナナメ」の関係

先輩後輩

リモートワークで新卒社員が孤独を感じず、コミュニケーション不全に陥らないためには、どのように対応すべきなのでしょうか。新卒社員の心強い支えになってくれるのが、「ナナメ関係」、すなわち身近に感じやすい少し年上の先輩との関係性です。
多くの企業では、上司と新卒社員が個別に向かい合って話し合う「1on1」などが取り入れられています。


また、リモートワークとはいえ、新卒社員同士は、オンラインで行われる入社式や研修などで交流する機会があるでしょう。こういったタテヨコの関係は、リモート下でもある程度保たれるのです。


しかし、実際に仕事をするにあたって、新卒社員が安心して相談でき、実務上のアドバイスを求めたくなる相手というのは多くの場合、前述したような「自分よりも少し年上の先輩」です。


ある会社では、数年ぶりに新卒社員を採用したところ、定着率が良くない事態が発生しました。退職時の面談では、その原因の一つとして、「新卒社員と年齢が近い先輩がいなかったこと」が挙げられました。
こうした例は珍しくなく、新卒社員にとって年齢が近い先輩は、必要な存在であると分かります。


新卒社員にとって重要な「ナナメ」の関係を作るための取り組みとして、先輩との「1on1」の機会を設けたり、いわゆるブラザー・シスター制度を活用したりすることが有効です。所属の垣根を越えたサークル活動への参加を促すのもよいでしょう。


人事や管理職の皆様には、孤独やコミュニケーション問題へのアプローチとして、積極的・能動的に、「ナナメ」の関係を作れるような仕掛け作りを行っていただきたいと思います。


「ムラ社会」から「ネットワーク社会」へ

続いては、リモートワークやオンライン主体のコミュニケーションをプラスに転換していく工夫についてです。


SNSに代表されるような緩く広いコミュニティー=「ネットワーク社会」は、強固で緊密なコミュニティー=「ムラ社会」よりもユニークな意見が交換されやすいとする論文もあり(2)、その分イノベーションをもたらす可能性も大きいと言われます。
イノベーションが強く求められている今の時代、「ネットワーク社会」が持つ強みを生かせれば、企業にとっても大きな成長につながるチャンスになるということです。
そして、「ネットワーク社会」でこそ、リモートネイティブはさらに輝く可能性を秘めています。


リモートネイティブは、デジタルネイティブかつSNSネイティブの世代と重なります。チャットやWeb面談などのデジタルな環境下でのやり取りに抵抗感が少なく、むしろ、こういった場の方が積極的な発言をしやすい傾向が見られます。


また、従来型の企業で重視されていた、強固なムラ社会的な人間関係よりも、ネットワーク社会的な人間関係への親和性が高い傾向もあります。
では、ネットワーク社会的な人間関係を企業内で作るためには、どのような工夫をしていくべきでしょうか?


私は、チャットツールや社内SNSなどを活用し、部署間を問わず多様なネットワークを作っていくことが重要と考えています。これはリモートでなくなりがちな「居場所」を作り、心理的安全性を保ちながら発言するチャンスを作ることでもあります。


さらにこのような工夫はエンゲージメントを高める効果もあります。ビジネスシーンや人事領域では、仕事に対してポジティブで充実した心理状態にあることを「エンゲージメントが高い」と表現します。
そしてエンゲージメントは褒められたり、認められたりすることで高まります。


つまり、チャットツールやSNSでの発言に建設的なリアクションを得ることは、社員にとってエンゲージメントの向上にもつながるのです。なお、人事労務や管理職の方は、オンラインに限らず、対面の場でもエンゲージメントについて意識していただくとよいでしょう。


ある会社の事例です。その会社は新卒社員向けの全体研修(数百人規模)をオンラインで行いました。その研修後に社内外の講師と受講者が自由にやり取りできるチャットツールを用意したところ、研修から1カ月以上経った今も、活発にやり取りがあるそうです。


これもまさにネットワークの一つです。
ほかにも、チャットツールの中に“雑談部屋”を作り「何でも話していい」という建て付けにするだけでも、コミュニケーションは活発化します。対面での雑談がなくなった今こそ、こういった「居場所」を作る工夫も重要です。


以上のように、ネットワーク社会的な人間関係へと転換を図り「居場所」を作ることで、孤独やコミュニケーションの問題は解決でき、エンゲージメントを高めることができます。


対面での全体研修や飲み会などで集まることが難しい昨今ではありますが、考えようによっては、プラスに転換できることがあります。人事労務の方々には紹介した例をはじめ、積極的な仕掛けを打ち出していただきたいと思います。


終わりに

仕事中の女性

長文となりましたが、リモートネイティブ世代に起き得るメンタル問題とその対応の工夫を述べさせていただきました。


ムラ社会からネットワーク社会へと転換していく中では、セルフケアをはじめとした自律性も非常に重要になります。
今までのように管理職や人事が「様子をよく見て面倒をみる」のではなく、社員本人が「自ら気づき、対処し、必要な相談をする」ように育てていくことが求められます。


管理職の方には「1on1」で新卒社員の自律性を高める方向に導き、人事・労務の方は身近な資源である産業医を活用し、セルフケア研修や管理職研修などに注力していただきたいと思います。


【参考文献】
1)Roy F Baumeistera, C. Nathan DeWalla, et al. “Social Exclusion Impairs Self-Regulation” Journal of Personallity and Social Psychology, 88(4),pp589-604,2005.
2)Sinan Aral and Paramveer Dhillon, “”Unpacking Novelty: The Anatomy of Vision Advantages# Availlable at SSRN: https://dx.doi.org/10.2139/ssrn.2388254, January 30, 2016



【あわせて読みたい】

  コロナ後もテレワークを!社労士が語る「“柔軟な働き方”をいまこそ推進しよう」 | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス いまだ収束していない新型コロナウイルス感染症への対策として、各企業で急速に導入が進んだ「テレワーク」。 そもそも、テレワークは「働き方改革実行計画」の中で「柔軟な働き方がしやすい環境整備」の一環として取り組まれてきた課題です。 今回テレワークを導入したことで数多くのメリットに気付かされた企業も多いと思いますが、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続する、またこれからテレワークの導入を進める場合は、改めて問題点と今後の対応を検討する必要があります。 今回は社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、テレワークの意義や導入に際し人事労務担当者が意識すべきこと、将来の展望を伺いました。 エムスリーキャリア 産業医紹介サービス
  新型コロナウイルスで企業は何を意識すべき?社労士が徹底解説! | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス 新型コロナウイルスが猛威を振るい、遂に緊急事態宣言が出されました。対象地域は全国に拡大されます。事態は次々と変化・深刻化しています。収束には長期間かかるでしょう。 それぞれの会社で経営者、管理者、従業員等がどのように取り組むべきか、健康経営の真価が問われています。  この未曾有の危機的状況の中で、自社や従業員を守るために人事労務担当者は何を意識し取り組まねばならないのでしょうか? 社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、新型コロナウイルスに対する人事労務担当者の心構えや取り組むべき内容を伺いました。 エムスリーキャリア 産業医紹介サービス
  職場のメンタルヘルスケアとは? 企業が知っておくべき対策を徹底解説 | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス ストレスチェックの義務化など、職場でのメンタルヘルス対策の必要性が注目されています。なぜやらなければいけないのか? 対策に取り組むと、どのようなメリットがあるの? などの疑問について解説します。 エムスリーキャリア 産業医紹介サービス
  従業員がメンタルヘルス不調や身体疾患で休職したら—産業医による面談を活用しよう! | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス 従業員がメンタルヘルス不調や何らかの身体疾患で体調を崩し、休職にいたった場合、企業には適切な対応が求められます。その1つが、産業医による面談です。しかし、どのように面談を実施し、従業員のケアを行っていけばいいのか悩んでいる担当者もいるのではないでしょうか。ここでは、従業員が休職したときの産業医面談の流れと、企業が行っていくべき支援について紹介します。 エムスリーキャリア 産業医紹介サービス
  「うつ病」が疑われる従業員に産業医の面談を行うにはどうすればよいか? | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス もし、職場内で「うつ病」が疑われる従業員が出た場合、企業の対応は非常に重要となります。産業医がいる場合はしっかりと連携を行い、事業者としてできる限りのフォローをしていくことが大切です。従業員が復職し、再び元気に働いてもらうためにも担当者は対応をしっかりと理解しておきましょう。ここでは、企業の担当者として知っておきたい対応のポイントについて紹介します。 エムスリーキャリア 産業医紹介サービス


堤 多可弘(つつみ・たかひろ)
堤 多可弘(つつみ・たかひろ)

精神科医、産業医。弘前大学医学部卒業後、東京女子医科大学精神科で助教、非常勤講師を歴任。現在はVISION PARTNERメンタルクリニック四谷の副院長とスタートアップ企業の取締役を務めるとともに、首都圏及び青森県の企業や行政機関の産業医を10か所以上担当。ブログや著作、研修などを通じて、メンタルヘルスや健康経営、産業保健の情報発信も行っている。共著に「企業はメンタルヘルスとどう向き合うか―経営戦略としての産業医 」(祥伝社新書)がある。

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

コロナ後もテレワークを!社労士が語る「“柔軟な働き方”をいまこそ推進しよう」

専門家コラム・インタビュー

いまだ収束していない新型コロナウイルス感染症への対策として、各企業で急速に導入が進んだ「テレワーク」。 そもそも、テレワークは「働き方改革実行計画」の中で「柔軟な働き方がしやすい環境整備」の一環として取り組まれてきた課題です。 今回テレワークを導入したことで数多くのメリットに気付かされた企業も多いと思いますが、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続する、またこれからテレワークの導入を進める場合は、改めて問題点と今後の対応を検討する必要があります。 今回は社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、テレワークの意義や導入に際し人事労務担当者が意識すべきこと、将来の展望を伺いました。

リモートワーク下における、職場復帰支援のポイントとは? -産業医とならできること-

生産性向上

コロナ禍を契機に、リモートワークへ移行する企業が増えました。ストレスフルな通勤がない、人間関係の煩わしさがないなどリモートワークならではの特徴をメリットと考える方もいるかもしれません。しかし、従業員の様子が見えづらくなったことで対応に苦慮している人事や上司の方は多いと思われます。リモートワークへ移行した企業は、メンタルヘルス不調者の休職対応を含めて、どのように職場復帰支援を行うべきなのでしょうか。榊原産業医パートナーズ株式会社代表であり、産業医・精神科医の榊原亙先生がそのポイントを解説します。

ワーケーションとは?コロナ禍で加速する新しい働き方とメリット・デメリット

生産性向上

新しい働き方「ワーケーション」が注目を集めています。テレワークに似た働き方ですが、どう違うのでしょうか。この記事では「ワーケーションとは何か?」「ワーケーションのメリット・デメリット」「ワーケーションの具体的事例」「導入時の検討事項」などをご紹介していきます。

【産業医監修】職場における熱中症対策どうする?マスク着用で高まるリスクとは

専門家コラム・インタビュー

梅雨が明け7月になると、気温・湿度ともに夏本番となって行きます。暑い中の労働は疲労がたまるだけでなく、熱中症リスクも高めてしまいます。 ここでは、熱中症リスクを下げ、安全に働くための対策について説明します。 また、コロナウイルス対策で、マスク着用も必須な環境では、いつも以上に注意が必要です。 コロナ禍での熱中症対策についても本記事で詳しく解説していきます。

在宅勤務のストレス対策方法は?企業がテレワークの従業員をケアするために必要なこと

ウェルビーイング

新型コロナウイルス感染症の影響をうけて、テレワークで在宅勤務をするようになった人も多くいるのではないでしょうか。 テレワークの経験がある人なら、在宅勤務への切り替えもスムーズにしやすいかと思いますが、そうでない人にとっては、不慣れなことも多く、ストレスを感じてしまうケースもあります。 今回は、テレワークによる在宅勤務の注意点、ストレスの予防・ケアについて解説していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください