「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

「うちはまだ小さな会社だから産業医を置く必要はない」

――経営者や管理部門がそう思っていたとしても、知らず知らずの間に「産業医の選任が必要な企業」になっている可能性は否定できません。
​​​​​​​また、「健康経営」の機運が高まる最近の傾向として、産業医の選任が法律上は義務付けられて”いない”企業でも、産業医や顧問医師を登用して、社員の健康増進を図る動きもあります。
こうした動向を踏まえ、今回は経営者や管理部門の方が確実に抑えておくべき「産業医の配置基準」と、産業医の採用をめぐる最近の傾向について解説します。


産業医を置かなければならない企業とは

そもそも産業医とは、労働安全衛生規則で配置が企業に義務付けられた、「労働者の健康を守る医師」のこと。

労働者の健康を保持するために健康診断や面接指導を行う専用の資格を持った医師のことで、それぞれの企業が雇用ないし契約をします。産業医は、労働衛生教育を行ったり、業務が原因で健康障害が起きたときに再発防止措置を講じたりしなければなりません。
そんな産業医ですが、必ずしもすべての企業で必要なわけではありません。

労働安全衛生規則は、「従業員数が50人以上の事業場は産業医を選任しなければならない」と定めています。ここでいう「事業場」とは、企業という意味ではありません。例えば、ある会社の従業員が、本社に50人、支社に50人だったとすると、本社と支社でそれぞれ1名ずつの産業医を選任しなければならないのです。

労働安全衛生法第13条では、法律上は、会社が成長して事業場の従業員数が50人を超えてしまったら(産業医を選任すべき事由が発生したら)14日以内に産業医を選任しなければならないこととなっており、これに気づくのが遅れ、違反してしまうリスクも否定できません。
なお、違反してしまった場合は、労働安全衛生法第120条にのっとり、50万円以下の罰金に処するという罰則規定が設けられています。


産業医の採用形態は当該事業場の規模に応じて規定されており、従業員数50~999人の事業場は嘱託の産業医でも問題ありませんが、「1,000人以上の事業場と、有害業務に500人以上の労働者を就かせている事業場」では専属の産業医を置かなければならないこととなっています。専属の産業医とは、その事業場にだけ勤務する医師のことであり、言わば「正社員のような存在」。専属・嘱託問わず「医師を採用したことがないのでどう対応したらよいかわからない」という人事担当の方は数多くいらっしゃいます。

参照:厚生労働省「現行の産業医制度の概要等」

なぜ産業医を選任する義務がない事業場が産業医を置くのか

前述の通り、事業場の従業員数が50人を超えた瞬間、産業医の選任義務が発生しますが、最近の傾向として、事業場の従業員数が50人未満であっても産業医を選任したり、「顧問医」という形で医師を経営に参画させるケースが、少しずつ増えてきています。

この背景には、国を挙げて推し進められている「健康経営」の影響があります。

経済産業省が健康経営に取り組んでいる企業を「健康経営優良法人(通称 ホワイト500)」として認定する制度の存在をご存じの方は多いのではないでしょうか。この認定を受けると「従業員を大切にしている企業」という社会的な信用が得られ、自社がブラック企業ではなく、ホワイト企業である証にもなります。そのため、取引先から信頼されたり、優秀な人材を確保できたりする効果も期待できるようです。当然ですが、健康な社員が多いほうがパフォーマンスも上がるので、企業業績にもつながると期待されています。

こうした潮流を受け、たとえ事業場の従業員数が50人未満であったとしても、意識が高い経営者は、従業員の健康を維持・増進する上記の「健康経営」を意識し、そのパートナーとして産業医の採用に踏み切る、というトレンドが発生しているのです。


50人未満企業が従業員に「医師の面接指導」を受けさせなければならないケースとは

なお、本稿では「50人未満の事業場では産業医の選任義務がない」点について幾度もお伝えしましたが、だからと言って、「50人未満の事業場において、経営者や管理部門は従業員の健康ケアをしなくていいわけではない」という点については念のため補足します。

従業員50人未満の企業でも、従業員に月100時間以上の時間外・休日労働をさせている場合、対象従業員から申し出があれば、企業は医師による面接指導を受けさせなければなりません。
これは、産業医を置く義務とは別に制定されているルールです。

厚生労働省は、残業時間が月100時間以上になると、脳と心臓の病気のリスクが高まるほか、長時間労働によってうつ病などのメンタルの病気も発症リスクが高まるとも指摘しています。国は、これらの重大な病気を予防するため、長時間労働がはなはだしい企業に対して「医師による面接指導」を義務化しているのです。

医師は、対象労働者に健康指導を行うと同時に、面接指導の結果を企業に報告します。企業は必要があれば、対象労働者の労働時間を減らしたり、就業場所を変更(人事異動)させたりしなければなりません。

参照:厚生労働省「長時間労働の削減に向けて」


まとめ
~産業医を探しておきましょう~

企業規模が大きくなれば産業医を選任しなければなりませんが、そうでなくても従業員の健康を守るのは経営者の責務です。社員の健康を願う経営者や管理部門は、義務基準に達していなくても産業医に相談できる体制を築いておいたほうが良いでしょう。

「良い産業医」と巡り合うには、医師紹介会社の力を借りることをおすすめします。
医師紹介会社は産業医を紹介するだけでなく、医師を活用した健康経営のアドバイスもできるので、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

▼併せて読みたい
自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート
嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど​​​​​​​


《 産業医に関する無料相談・サービス利用の無料見積もりはこちら 》


人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

関連記事

院長の産業医兼任が禁止に いま医療機関が検討すべき選任方法とは

産業医選びのための知識

近年、産業医にはメンタルヘルス対策などへの貢献がますます求められています。 これまで法人代表者などが自らの事業場で産業医を兼務することがありましたが2017年より禁止されました。 今後、産業医とどのような関係性を築いていくのがよいか?産業医顧問サービス担当の菅野隼人氏にお話を伺いました。

医師を採用するなら嘱託産業医を狙え! ―医療機関の産業医“派遣”戦略(後編)

産業医選びのための知識

産業医に対する関心の高まりが、医療機関にとっては収入確保の“追い風”になると話すのが、エムスリーキャリア 産業医チームのコンサルタントお二人。 今回は企業向け産業医業務専任の非常勤医の採用を軸にお話を聞きました。

医業収入と常勤医を一挙に確保!産業医を非常勤採用すべき理由―医療機関の産業医“派遣”戦略(前編)

産業医選びのための知識

近年、産業医に対する注目はますます高まっています。 その中で「産業医業務専任の非常勤医を採用することが、医療機関の収入や常勤医の確保にとって “追い風”になる」と言われています。 今回は、エムスリーキャリア産業医チームの西頭倫歩氏と川原健太氏にその理由を伺いました。

ストレスチェックを産業医に断られたときの対応法!スポットサービスの活用

産業医選びのための知識

自社の産業医に「ストレスチェックの実施者」への就任を依頼したところ断られてしまった、というケースは意外とあるものです。 本記事では、産業医にストレスチェックを断られてしまった時にどうしたらいいのか?をご紹介しています。

自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート

産業医選びのための知識

いざ産業医が必要になった時にどうしていいのか分からず慌てることのないよう、事前に方法を知っておくと安心です。 この記事では、自社に合った産業医をスムーズに探すための4つの方法をご紹介します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください