catch-img

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

「うちはまだ小さな会社だから産業医を置く必要はない」

――経営者や管理部門がそう思っていたとしても、知らず知らずの間に「産業医の選任が必要な企業」になっている可能性は否定できません。
​​​​​​​また、「健康経営」の機運が高まる最近の傾向として、産業医の選任が法律上は義務付けられて”いない”企業でも、産業医や顧問医師を登用して、社員の健康増進を図る動きもあります。
こうした動向を踏まえ、今回は経営者や管理部門の方が確実に抑えておくべき「産業医の配置基準」と、産業医の採用をめぐる最近の傾向について解説します。


産業医を置かなければならない企業とは

そもそも産業医とは、労働安全衛生規則で配置が企業に義務付けられた、「労働者の健康を守る医師」のこと。

労働者の健康を保持するために健康診断や面接指導を行う専用の資格を持った医師のことで、それぞれの企業が雇用ないし契約をします。産業医は、労働衛生教育を行ったり、業務が原因で健康障害が起きたときに再発防止措置を講じたりしなければなりません。
そんな産業医ですが、必ずしもすべての企業で必要なわけではありません。

労働安全衛生規則は、「従業員数が50人以上の事業場は産業医を選任しなければならない」と定めています。ここでいう「事業場」とは、企業という意味ではありません。例えば、ある会社の従業員が、本社に50人、支社に50人だったとすると、本社と支社でそれぞれ1名ずつの産業医を選任しなければならないのです。

労働安全衛生法第13条では、法律上は、会社が成長して事業場の従業員数が50人を超えてしまったら(産業医を選任すべき事由が発生したら)14日以内に産業医を選任しなければならないこととなっており、これに気づくのが遅れ、違反してしまうリスクも否定できません。
なお、違反してしまった場合は、労働安全衛生法第120条にのっとり、50万円以下の罰金に処するという罰則規定が設けられています。


産業医の採用形態は当該事業場の規模に応じて規定されており、従業員数50~999人の事業場は嘱託の産業医でも問題ありませんが、「1,000人以上の事業場と、有害業務に500人以上の労働者を就かせている事業場」では専属の産業医を置かなければならないこととなっています。専属の産業医とは、その事業場にだけ勤務する医師のことであり、言わば「正社員のような存在」。専属・嘱託問わず「医師を採用したことがないのでどう対応したらよいかわからない」という人事担当の方は数多くいらっしゃいます。

参照:厚生労働省「現行の産業医制度の概要等」

なぜ産業医を選任する義務がない事業場が産業医を置くのか

前述の通り、事業場の従業員数が50人を超えた瞬間、産業医の選任義務が発生しますが、最近の傾向として、事業場の従業員数が50人未満であっても産業医を選任したり、「顧問医」という形で医師を経営に参画させるケースが、少しずつ増えてきています。

この背景には、国を挙げて推し進められている「健康経営」の影響があります。

経済産業省が健康経営に取り組んでいる企業を「健康経営優良法人(通称 ホワイト500)」として認定する制度の存在をご存じの方は多いのではないでしょうか。この認定を受けると「従業員を大切にしている企業」という社会的な信用が得られ、自社がブラック企業ではなく、ホワイト企業である証にもなります。そのため、取引先から信頼されたり、優秀な人材を確保できたりする効果も期待できるようです。当然ですが、健康な社員が多いほうがパフォーマンスも上がるので、企業業績にもつながると期待されています。

こうした潮流を受け、たとえ事業場の従業員数が50人未満であったとしても、意識が高い経営者は、従業員の健康を維持・増進する上記の「健康経営」を意識し、そのパートナーとして産業医の採用に踏み切る、というトレンドが発生しているのです。


50人未満企業が従業員に「医師の面接指導」を受けさせなければならないケースとは

なお、本稿では「50人未満の事業場では産業医の選任義務がない」点について幾度もお伝えしましたが、だからと言って、「50人未満の事業場において、経営者や管理部門は従業員の健康ケアをしなくていいわけではない」という点については念のため補足します。

従業員50人未満の企業でも、従業員に月100時間以上の時間外・休日労働をさせている場合、対象従業員から申し出があれば、企業は医師による面接指導を受けさせなければなりません。
これは、産業医を置く義務とは別に制定されているルールです。

厚生労働省は、残業時間が月100時間以上になると、脳と心臓の病気のリスクが高まるほか、長時間労働によってうつ病などのメンタルの病気も発症リスクが高まるとも指摘しています。国は、これらの重大な病気を予防するため、長時間労働がはなはだしい企業に対して「医師による面接指導」を義務化しているのです。

医師は、対象労働者に健康指導を行うと同時に、面接指導の結果を企業に報告します。企業は必要があれば、対象労働者の労働時間を減らしたり、就業場所を変更(人事異動)させたりしなければなりません。

参照:厚生労働省「長時間労働の削減に向けて」


まとめ
~産業医を探しておきましょう~

企業規模が大きくなれば産業医を選任しなければなりませんが、そうでなくても従業員の健康を守るのは経営者の責務です。社員の健康を願う経営者や管理部門は、義務基準に達していなくても産業医に相談できる体制を築いておいたほうが良いでしょう。

「良い産業医」と巡り合うには、医師紹介会社の力を借りることをおすすめします。
医師紹介会社は産業医を紹介するだけでなく、医師を活用した健康経営のアドバイスもできるので、いちど相談してみてはいかがでしょうか。

▼併せて読みたい
自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート
嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど​​​​​​​



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

産業医との契約形態にはどのようなものがある?種類と特徴について詳しく解説!

産業医

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください