catch-img

自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート

事業場の従業員が50人以上になると、企業は産業医を選任しなければなりません。(厚生労働省『労働安全衛生規則』)
スムーズに産業医を採用するためには、従業員数が50人に達する前に、自社の産業医の「めぼし」をつけておく必要がありますが、慢性的な医師不足が叫ばれる現在「わが社の産業医」を見つけることは決して容易なことではありません。
では、どうしたら自社に合った産業医を探し出せるのか。今回は4つのルートをご紹介します。


産業医の選任が必要になる会社とは

産業医探しの4つのルートを紹介する前に、産業医の選任が必要になる条件について解説します。

「1つの事業場の従業員が50人以上」とは「企業の全従業員数が50人以上」という意味ではありません。事業場とは、その名の通り「事業が行われている場所」。法律上は、企業全体ではなく、支社や営業所、店舗、工場のように、組織上、一定程度独立して業務が行われている単位のことを指すからです。例えば、ある企業において、本社に60人、A支社に60人、B支社に30人の従業員がいた場合、その企業は本社とA支社に1人ずつ産業医を置かなければならないことになります。

参照:厚生労働省「現行の産業医制度の概要等」


なお、労働安全衛生規則では企業に対し、「産業医を選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任すること」と定めている点も注意が必要です。これは言い換えれば、「事業場の人数が50人を超えたら、14日以内に産業医を選任しなければならない」ということ。知らず知らずの間にタイムリミットが訪れ、法令違反になっていた…という事態が起こりえることも、想像に難くはないのではないでしょうか。

「より詳しく知りたい」はいう方はこちら
「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは


どのような会社(事業場)が産業医を選任する義務があるのかが分かったところで、産業医を見つけ出すための4つのルートをそれぞれ見ていきましょう。


ルートその1
定期健康診断を依頼している病院・健診団体に頼む

最も一般的なのが、会社で定期健康診断を依頼している医療機関に「産業医業務もお願いできないか」と相談してみることです。
ただし、当然のことながら、産業医業務にどの程度力を入れているかは医療機関によっても異なります。産業医業務の割合が増えると、その他の臨床業務に影響が出るとして、断られてしまうケースも珍しくありません。また、産業医と一口に言ってもメンタルヘルスに強い産業医や、特定業種の経験が豊富な産業医など、いくつか強みが分かれる分、定期健診先の医療機関が必ずしも自社に最適かどうかは、よく見極める必要があります。

とはいえ、断られたとしても企業としては特段大きなリスクはないため、産業医採用に迷ったら最初に定期健康診断先の医療機関に産業医業務も担ってもらえないか相談してみるというのが、産業医の採用活動の第一歩とも言えるかもしれません。
もし承諾してもらえそうな場合は、自社に適した産業医業務を遂行できるかどうか、吟味しておくと安心です。


ルートその2
地域の医師会に頼む

地元の医師会に産業医の紹介を頼む方法もあります。
医師会は地域のほぼすべての医師を把握しているので、もし地域に「産業医をやりたい」と考えている医師がいれば紹介してもらえるかもしれません。

ただし、必ずしもすべての医師会が産業医の紹介に応じてくれるわけではないほか、料金や業務内容の詳細の交渉をしたり「本当に自社に合った産業医かどうか」を判断したりするのは、企業自身の采配になることも多いようです。
産業医の採用経験が豊富な担当者がいなかったり、産業医に求めるスキル等が明確でなかったりすると、想像していた以上に採用活動が長期化してしまうこともあるようです。


ルートその3
自社の人脈を活用する

経営層や管理部門の人脈を使って産業医を探す方法もあります。
たとえば「経営層や管理部門の人脈を使って、すでに産業医を採用している会社に産業医採用について相談する」というようなケースがこれに当たります。業種の近い、懇意の会社であれば具体的なノウハウを教えてもらえる可能性もありますし、もしかしたら実際に産業医を紹介してくれるかもしれません。

ただし、こうした人脈ルートでの採用において注意しなければならないのは「産業医の質」です。企業が「健康経営の導入に本腰を入れたい」「社員のメンタルケアを依頼したい」といったニーズを持っていても、それにマッチした産業医を紹介してもらえるとは限りません。また、マッチしないことが判明した場合でも、紹介してくれた人の手前、契約更新しないわけにはいかなくなる可能性も考えられます。
人脈は、場合によってはしがらみになる可能性もありますので注意しましょう。


ルートその4
医師紹介会社に依頼する

通常の従業員採用と同じように、医師の世界にも「人材紹介会社」は存在します。
産業医の採用支援に注力してきた人材紹介会社であれば、他企業の事例をよく知っているほか、多数の医師の中から自社に合った産業医を紹介してくれることも。
もちろん、すべての人材紹介会社が産業医採用に注力しているわけではないため、「どの医師人材紹介会社と契約すべきか」は吟味する必要がありますが、実績のある企業とつながれれば、自社の健康問題や安全衛生問題も踏まえ、産業医の雇用形態や報酬なども気軽に相談することができます。

ルート1~3と比べると、紹介手数料などの形で料金が発生してしまうという点はデメリットですが、一般の従業員採用の場合と同様、多くの場合は成功報酬(産業医の採用に至った場合のみ料金が発生する)という料金体系を整えているため、情報収集したり、実際にどんな産業医の登録があるかを相談してみて、サービスを利用するかどうか考えてみるとよいでしょう。


「産業医を自社で採用したい」という方はこちら
「月に1回業務委託で産業医にきてほしい」という方はこちら
「ストレスチェック後の面接指導だけお願いしたい」という方はこちら


まとめ
~事業拡大が確実な会社は事前に動いてみては~

産業医が必要となるのは、「事業場50人以上」というハードル。
しかし冒頭で述べた通り、増員はもちろん、人事異動などによって「気づいたら従業員が50人に達していた!」という事態は、往々にして起こりえます。

事業拡大を見込んでいる場合は、すぐすぐに産業医が必要な状況でなくとも、「健康診断先の医療機関は、産業医業務にも応じてくれるか?」「地域の医師会から産業医の紹介を得られるのか?」「自社に合った産業医とは、どんな人なのか」などと、下調べをしておくと安心と言えるでしょう。

​​​​​​​




産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください