catch-img

自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート

事業場の従業員が50人以上になると、企業は産業医を選任しなければなりません。(厚生労働省『労働安全衛生規則』)
スムーズに産業医を採用するためには、従業員数が50人に達する前に、自社の産業医の「めぼし」をつけておく必要がありますが、慢性的な医師不足が叫ばれる現在「わが社の産業医」を見つけることは決して容易なことではありません。
では、どうしたら自社に合った産業医を探し出せるのか。今回は4つのルートをご紹介します。


産業医の選任が必要になる会社とは

産業医探しの4つのルートを紹介する前に、産業医の選任が必要になる条件について解説します。

「1つの事業場の従業員が50人以上」とは「企業の全従業員数が50人以上」という意味ではありません。事業場とは、その名の通り「事業が行われている場所」。法律上は、企業全体ではなく、支社や営業所、店舗、工場のように、組織上、一定程度独立して業務が行われている単位のことを指すからです。例えば、ある企業において、本社に60人、A支社に60人、B支社に30人の従業員がいた場合、その企業は本社とA支社に1人ずつ産業医を置かなければならないことになります。

参照:厚生労働省「現行の産業医制度の概要等」


なお、労働安全衛生規則では企業に対し、「産業医を選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任すること」と定めている点も注意が必要です。これは言い換えれば、「事業場の人数が50人を超えたら、14日以内に産業医を選任しなければならない」ということ。知らず知らずの間にタイムリミットが訪れ、法令違反になっていた…という事態が起こりえることも、想像に難くはないのではないでしょうか。

「より詳しく知りたい」はいう方はこちら
「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは


どのような会社(事業場)が産業医を選任する義務があるのかが分かったところで、産業医を見つけ出すための4つのルートをそれぞれ見ていきましょう。


ルートその1
定期健康診断を依頼している病院・健診団体に頼む

最も一般的なのが、会社で定期健康診断を依頼している医療機関に「産業医業務もお願いできないか」と相談してみることです。
ただし、当然のことながら、産業医業務にどの程度力を入れているかは医療機関によっても異なります。産業医業務の割合が増えると、その他の臨床業務に影響が出るとして、断られてしまうケースも珍しくありません。また、産業医と一口に言ってもメンタルヘルスに強い産業医や、特定業種の経験が豊富な産業医など、いくつか強みが分かれる分、定期健診先の医療機関が必ずしも自社に最適かどうかは、よく見極める必要があります。

とはいえ、断られたとしても企業としては特段大きなリスクはないため、産業医採用に迷ったら最初に定期健康診断先の医療機関に産業医業務も担ってもらえないか相談してみるというのが、産業医の採用活動の第一歩とも言えるかもしれません。
もし承諾してもらえそうな場合は、自社に適した産業医業務を遂行できるかどうか、吟味しておくと安心です。


ルートその2
地域の医師会に頼む

地元の医師会に産業医の紹介を頼む方法もあります。
医師会は地域のほぼすべての医師を把握しているので、もし地域に「産業医をやりたい」と考えている医師がいれば紹介してもらえるかもしれません。

ただし、必ずしもすべての医師会が産業医の紹介に応じてくれるわけではないほか、料金や業務内容の詳細の交渉をしたり「本当に自社に合った産業医かどうか」を判断したりするのは、企業自身の采配になることも多いようです。
産業医の採用経験が豊富な担当者がいなかったり、産業医に求めるスキル等が明確でなかったりすると、想像していた以上に採用活動が長期化してしまうこともあるようです。


ルートその3
自社の人脈を活用する

経営層や管理部門の人脈を使って産業医を探す方法もあります。
たとえば「経営層や管理部門の人脈を使って、すでに産業医を採用している会社に産業医採用について相談する」というようなケースがこれに当たります。業種の近い、懇意の会社であれば具体的なノウハウを教えてもらえる可能性もありますし、もしかしたら実際に産業医を紹介してくれるかもしれません。

ただし、こうした人脈ルートでの採用において注意しなければならないのは「産業医の質」です。企業が「健康経営の導入に本腰を入れたい」「社員のメンタルケアを依頼したい」といったニーズを持っていても、それにマッチした産業医を紹介してもらえるとは限りません。また、マッチしないことが判明した場合でも、紹介してくれた人の手前、契約更新しないわけにはいかなくなる可能性も考えられます。
人脈は、場合によってはしがらみになる可能性もありますので注意しましょう。


ルートその4
医師紹介会社に依頼する

通常の従業員採用と同じように、医師の世界にも「人材紹介会社」は存在します。
産業医の採用支援に注力してきた人材紹介会社であれば、他企業の事例をよく知っているほか、多数の医師の中から自社に合った産業医を紹介してくれることも。
もちろん、すべての人材紹介会社が産業医採用に注力しているわけではないため、「どの医師人材紹介会社と契約すべきか」は吟味する必要がありますが、実績のある企業とつながれれば、自社の健康問題や安全衛生問題も踏まえ、産業医の雇用形態や報酬なども気軽に相談することができます。

ルート1~3と比べると、紹介手数料などの形で料金が発生してしまうという点はデメリットですが、一般の従業員採用の場合と同様、多くの場合は成功報酬(産業医の採用に至った場合のみ料金が発生する)という料金体系を整えているため、情報収集したり、実際にどんな産業医の登録があるかを相談してみて、サービスを利用するかどうか考えてみるとよいでしょう。


「産業医を自社で採用したい」という方はこちら
「月に1回業務委託で産業医にきてほしい」という方はこちら
「ストレスチェック後の面接指導だけお願いしたい」という方はこちら


まとめ
~事業拡大が確実な会社は事前に動いてみては~

産業医が必要となるのは、「事業場50人以上」というハードル。
しかし冒頭で述べた通り、増員はもちろん、人事異動などによって「気づいたら従業員が50人に達していた!」という事態は、往々にして起こりえます。

事業拡大を見込んでいる場合は、すぐすぐに産業医が必要な状況でなくとも、「健康診断先の医療機関は、産業医業務にも応じてくれるか?」「地域の医師会から産業医の紹介を得られるのか?」「自社に合った産業医とは、どんな人なのか」などと、下調べをしておくと安心と言えるでしょう。

​​​​​​​




産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

3

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

4

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

5

安全配慮義務とは?違反しないために企業が取り組むべき必須ポイント徹底解説

「安全配慮義務」という言葉はご存知でしょうか。会社として労働者の命や安全に配慮しなければいけない義務です。 人事総務の担当の方や管理職ならば必須の知識ではありますが、詳しく知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。 知らぬ間に安全配慮義務違反で損害賠償を求められてしまうことにならないために、 ポイントをわかりやすく解説していきます。

関連記事

院長の産業医兼任が禁止に いま医療機関が検討すべき選任方法とは

産業医

近年、産業医にはメンタルヘルス対策などへの貢献がますます求められています。 これまで法人代表者などが自らの事業場で産業医を兼務することがありましたが2017年より禁止されました。 今後、産業医とどのような関係性を築いていくのがよいか?産業医顧問サービス担当の菅野隼人氏にお話を伺いました。

産業医を選任する意味とは?ウェルビーイング経営を支える産業医の選び方

ウェルビーイング

働き方改革によって産業医に対する注目はより一層高まっています。しかし、産業医を選任することにどんな意味があるのか、しっかりと細部まで理解している企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士は少ないのではないでしょうか。この記事では、企業にとって産業医を選任することの意味や、よい産業医の選び方を紹介していきます。

産業医は紹介してもらうもの? 初めての産業医の探し方をレクチャー!

産業医

会社規模がある程度大きくなってくると、いくつかのことが義務付けられます。産業医を置くこともそのうちの一つです。しかし、初めて産業医を置く場合、どんな素質の人をどこから探し出すかなど、分からないことが多いのが本音ではないでしょうか。この記事では、産業医についての基本的な知識から、産業医の探し方まで、はじめての産業医選任についてわかりやすく説明していきます。

はじめての産業医選任! 産業医との契約について詳しく解説!

産業医

会社が成長し、従業員数が増えてくるにつれて、従業員の健康を守るために産業医の選任をする必要があります。しかし、初めて産業医をおく場合、産業医との契約に関して分からないことも多いのではないでしょうか。産業医と正しく契約を結ぶことで、企業としての信頼獲得にもつながります。この記事では、産業医との契約について、基礎知識を分かりやすく説明していきます。

産業医面談を行う目的と企業担当者が注意すべき対応ポイントとは?

産業医

ここ最近、メンタル不調を訴える従業員の増加や長時間労働に対する対応として、産業医面談の重要性が高まっています。ところが、何の準備も行わずに対象となる従業員に面談の通知をしても、面談を断られる、また実際に面談しても効果が上がらず休職してしまった、という結果になりかねません。 そこで今回は、人事・総務の担当者向けに、産業医面談とは何か、どんな時に行うものなのか、そして実際に産業医面談を行うときに注意すべき点についてまとめました。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください