catch-img

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

会社の規模が大きくなると、選任義務が生じる「産業医」。いざ採用しようとする際に経営層や管理部門が気になるのが、「産業医に支払う料金」ではないでしょうか。
コストはできる限り抑えたいという心理の反面、「医師はなんとなく高給そうだから、一定の額は支払わなければならないはず」と、決めかねてしまう担当者も多いようです。

そこで今回は、多くの企業(事業場の従業員数50~999人)が直面する“嘱託”産業医を採用したときの報酬の相場や決まりなどを紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

産業医の「嘱託」と「専属」の違い

嘱託産業医

一つの事業場における労働者数が50人以上999人以下の場合、産業医の選任形態は、嘱託(非常勤)でもよいとされています。ただし、労働安全衛生法において有害業務と定められた業務を行っていて、かつ、労働者数が500人以上の場合はその限りではありません。その場合、嘱託産業医ではなく、専属産業医を選任する必要があります。

嘱託産業医は、事業場に月1回から数回程度訪問し(事業者から産業医に所定の情報が毎月提供される場合には2ヵ月1回でも可)、数時間かけて業務にあたります。そのため、限られた時間の中で従業員の健康に関する指導をする必要があります。よって、特に嘱託産業医においては、スケジュール管理などのマネジメント能力も同時に求められるといって間違いではないでしょう。日本の多くの産業医は嘱託産業医のため、選任の際にはさまざまな方面から産業医の能力を比較できるかが重要です。

専属産業医

労働者数が常時1000人以上いる場合、または有害業務に常時500人以上従事させる場合、その事業場に専属(常勤)で産業医を選任しなくてはなりません。さらに、労働者数が3000人を超える大規模な事業場においては、2人以上の専属産業医が必要です。専属産業医はその企業に所属しているため、週4日以上など、通常の従業員に近い形で勤務しているパターンが多いです。その分、広い視野で従業員の健康状態を把握できることが求められます。

▼「雇用形態はどんなものがある?」「産業医の選任条件とは?」という方はまずこちら

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

従業員人数によって大きく異なる、産業医への報酬額

嘱託産業医の報酬について、公益社団法人日本橋医師会(本部・東京都中央区)が興味深い資料(※1)を公表しています。同会所属の嘱託産業医にヒヤリングを行い、基本報酬月額を集計した結果、相場としては以下のような傾向が見られたそうです。


勤務先企業の
労働者数
基本報酬月額
50人未満
75,000円
50~199人
100,000円
200~399人
150,000円
400~599人
200,000円
600~999人
250,000円


上記はあくまでも、東京・日本橋あたりの相場。
ある程度地域差はあり、例えば愛知県医師会も同類の資料(※2)を公表していますが、それによると、労働者数が100人以下は50,000円、901~999人は185,000円となっています。

具体的な金額に差こそあれ、両者に共通しているのは、「従業員数が多いほど、産業医に支払う料金は高くなる」傾向にあるということ。従業員数が多いほど面談等の時間がかかることや、目を配らなければならない社員の人数が増えることからも、こうした傾向が見られるのも納得と言えるでしょう。

産業医に支払う料金については、「他社では産業医にこのくらい払っているらしいから自社でもこのくらい」と杓子定規で対応するのではなく、従業員数を考慮に入れた上で検討したほうが良さそうです。

※1...参考:産業医報酬基準額について(公益社団法人日本橋医師会)
※2...参考:嘱託産業医報酬の目安(愛知県医師会)

なお、実際に多くの企業の実情を見てみると、嘱託産業医の料金に影響を及ぼすのは、「従業員数」だけではありません。「嘱託産業医にどこまでの業務を望むか」によっても支払い額は変わってくるため、注意が必要です。

嘱託産業医の報酬が最も低くなるのは、産業医に月1回、1回数時間、会社に来てもらい、職場巡視や安全衛生委員会への出席、健康管理のアドバイスをしてもらうケース。いわば、「法で定められている産業医業務を最低限依頼した場合」とも言いかえられるでしょう。当然ながら訪問頻度を増やしてもらったり、健康経営を意識してプラスルアルファの業務をしてもらったりするような場合は、その分の対価を支払う必要があるでしょう。

たとえば、昨今増えているのが「法で定めた産業医業務に加えて、メンタルケア対策にも注力してほしい」というようなケースです。最低限の産業医業務だけならば応じられるという医師は多い一方、メンタルケアは精神疾患の臨床経験や職場のストレスの知識が必要になります。こうした事情もあり、精神科医の産業医に支払う報酬は、一般内科医の産業医の報酬より1~2割ほど高くなることも珍しくありません。

嘱託産業医の適正料金は、「何をどこまで求めるか」を明確にしなければわからない

ここまで、産業医に支払う料金は、従業員規模や求める業務内容によって異なることについて解説してきました。
「産業医にいくら払うか」を決定するためには、まず「産業医に何をどこまで求めるか」について社内で検討することが大切です。そのためには、自社が抱えている労働環境上の課題や、今後抱えうるリスクについて吟味することが必要とも言えるでしょう。

多くの企業にとって、産業医採用はそう何度も起こることではないからこそ、労働環境に対する意識を高めたり、課題認識をはっきりさせたりするきっかけの一つになる可能性もあります。担当者が一人で悩んでいても先に進まない場合は、外部に相談を仰ぐのも一手です。

産業医の探し方・選び方

産業医を選任するためには、当然、産業医を探す必要があります。しかし実際は、産業医探しに不慣れな方がほとんどではないでしょうか。ここでは、産業医の探し方について代表的な方法を2つ紹介します。

①産業医の紹介サービスを利用する

産業医の紹介サービスを利用して産業医を探す会社が増えています。紹介サービスを利用することで、登録している多くの産業医から、自社の事業場の事情に合った産業医を紹介してもらうことができるという点が、最大のメリットです。また、嘱託産業医においては、月の訪問数にもよりますが、料金が明確に提示されており、透明性の高い料金設定になっています。産業医選任や産業保健まわりの業務にかかる費用を明確に把握することにより、計画的な従業員の健康管理やスケジューリングを実施することができます。

エムスリーキャリアの産業医の紹介サービスは、業界最安値水準の月3万円~のプランをご用意しております。また、医師の8割以上が登録するm3.comの会員基盤を活かして産業医を探せるため、貴社のご要望に沿った産業医をスピーディーに探すことが可能です。

②医師会に相談する

事業場のある市区町村など、地域の医師会に相談するという手段があります。紹介してもらえるのは、主にその地域で産業医として登録している先生です。各市区などの地区医師会によっては、産業医の養成や、能力の向上に取り組んでいる場合もありますので、地域のことをよくわかっている産業医を紹介してもらえる可能性があります。地域に根差していることを最優先とする場合であれば、まずは医師会に相談してみるのも一つの手です。

まとめ

・産業医の選任が義務になるのは、従業員が50人以上の事業場

・事業場の労働者数によって選任形態(嘱託と専属)や人数が異なる

・嘱託産業医の報酬は労働者数により異なり、50,000円~250,000円程度

・産業医の探し方は「産業医の紹介サービス」や「医師会」がある

自社にはどんな産業医業務が必要で、どんな産業医がマッチしていそうか。そしてそのためには、いくらくらいの料金を支払うべきか――お悩みでしたら、ぜひお問い合わせください。


産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

産業医との契約形態にはどのようなものがある?種類と特徴について詳しく解説!

産業医

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください