catch-img

医師を採用するなら嘱託産業医を狙え! ―医療機関の産業医“派遣”戦略(後編)

(2016年11月30日 病院経営事例集より転載) 

産業医に対する関心の高まりが、医療機関にとっては収入確保の“追い風”になると話すのが、エムスリーキャリア 産業医チームのコンサルタントお二人です。
今回は企業向け産業医業務専任の非常勤医(以下、嘱託産業医)の採用を軸にお話を聞きました。
​​​​​​​


≪目次≫
●前編
・企業の産業医ニーズに変化
・嘱託産業医1人で年間3300万円超の医業収入も
・健診とのセットで、予防・検査~治療・職場復帰をカバー
●後編
・実は希望者の多い嘱託産業医
・常勤医採用への糸口にも
・エムスリーキャリアでは産業医チームで対応



実は希望者の多い嘱託産業医

―前編では、企業側の産業医ニーズが強まっていて、医療機関がニーズに応える余地はまだまだ残されていることを伺いました。しかし、“派遣”する産業医がいないことには始まりません。産業医希望の医師は採用できるものなのでしょうか。

川原氏:
医療機関の方々が思っている以上に、嘱託産業医は多くいらっしゃいます。たとえば最近では、嘱託産業医の求人を当社登録の先生方にご案内したところ、医師不足で知られる北関東エリアで20件弱のお問い合わせをいただきました。


―なぜ、それほどの問い合わせが来るのでしょうか?

川原氏:
産業医は業務負担が少なく、社会ニーズにも応えられるという点のほかに、嘱託産業医の仕事は月1回の勤務でよく、訪問日も調整しやすい点が、興味を持たれやすい理由です。
たとえば、大学勤務の医師には非常勤勤務で収入を増やしたい方も多いのですが、毎週決まった曜日・時間に働くのはなかなか難しい事情があり、月1勤務は喜ばれます。

―嘱託産業医は毎週の定期勤務ではないのですか?

川原氏:
そこが通常の非常勤勤務とやや異なる点です。
医療機関のご担当者によっては、「毎週来てもらうほどの“派遣”先はないから、非常勤の産業医は雇えない」とお考えの方もいらっしゃいますが、むしろ月1回勤務の方が都合がつきやすいという医師も多いかと思います。


常勤医採用への糸口にも

―嘱託産業医を採用すると、常勤医の採用にも繋がるというお話がありました。

西頭氏:
これは嘱託産業医に限った話ではないのですが、常勤医が集まりにくい医療機関には、非常勤医に常勤勤務を打診することも検討されてみてはと考えています。
医師にとって常勤転職はキャリアの節目になりますから、転職先を慎重に吟味することになります。その点、非常勤勤務はハードルが低く、応募していただきやすい。非常勤医として勤務してみていただいて、医療機関のことをよく理解してもらってから、常勤勤務していただいた方が定着率も良くなるでしょう。

―つまり、非常勤医も常勤医候補として捉えるわけですね。

川原氏:
常勤または非常勤で産業医勤務を希望する先生の7割は元々臨床に携わっている方で、産業医業務は未経験。それがご家庭の事情などから一時期だけ非常勤勤務する場合もあり、そうした方は「いずれは常勤勤務に戻るときは臨床で」と考えていることも多いです。

エムスリーキャリアでは産業医チームで対応

―エムスリーキャリアでは、医療機関の産業医採用にどのような対応をしているのでしょうか。

西頭氏:
医師の方々から「産業医としての働き先を紹介してほしい」という希望が増えていますし、企業側からも産業医に関するお問い合わせが目立っていますので、常勤担当や非常勤担当のコンサルタントで構成する「産業医チーム」をつくって対応しています。
当社から企業に産業医をご紹介するケースもあるのですが、産業医の選任が必要となる事業所は全国に16万件以上。全国各地の医療機関が産業医を採用して、“派遣”していただくことで、全国のメンタルヘルス対策がスピーディーに進めば―と考えています。

川原氏:
当社にご相談いただければ、産業医の先生の職務経歴も把握できますから、安心して採用いただけます。また、他院の採用事例などもご紹介できるので、嘱託産業医を採用中、または、採用を検討中であれば、ぜひお声掛けいただきたいですね。


《医療機関の産業医“派遣”戦略(前編)》医業収入と常勤医を一挙に確保!産業医を非常勤採用すべき理由


西頭倫歩(さいとう・みちお)
大学在学中からグラフィック・デザイナーとしてキャリアを積んだ後、広告代理店でクリエイティブ・ディレクターに転身。また、大学院で戦略経営やファイナンスを専攻し、MBA(経営学修士)を取得する。そして大学院での学びを実務に活かそうと、エムスリーキャリアに入社。現在は医療機関における医師採用の支援や、医師の転職をサポートしている。


川原健太(かわはら・けんた)
東京理科大学理学部卒業。新卒で入社した大手教育企業で教室長を経験。「転職」という人生の様々な分岐点に関わりたいと思い、2016年4月にエムスリーキャリアへ入社。常勤医師のキャリアコンサルタントとして従事。現在は、専属産業医の転職支援プロジェクトの中核メンバーとしても活躍。


産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください