catch-img

医業収入と常勤医を一挙に確保!産業医を非常勤採用すべき理由―医療機関の産業医“派遣”戦略(前編)

(2016年11月24日 病院経営事例集より転載)

ストレスチェック制度の開始など国がメンタルヘルス対策に本腰を入れ、ニュースでも過労による鬱・自殺が大々的に報じられる中、産業医に対する注目が集まっています。
これを受け、企業向け産業医業務専任の非常勤医(以下、嘱託産業医)を採用することが医療機関の収入や常勤医の確保にとって “追い風”になると話すのがエムスリーキャリア 産業医チームのコンサルタントである西頭倫歩氏と川原健太氏です。その理由を聞きました。


≪目次≫
●前編
・企業の産業医ニーズに変化
・嘱託産業医1人で年間3300万円超の医業収入も
・健診とのセットで、予防・検査~治療・職場復帰をカバー
●後編
・実は希望者の多い嘱託産業医
・常勤医採用への糸口にも
・エムスリーキャリアでは産業医チームで対応



企業の産業医ニーズに変化

―嘱託産業医を採用すると、医療機関にとって収入確保と常勤医採用につながるそうですね。まずは収入確保について教えてください。

西頭氏:
前提として、メンタルヘルスに対する関心の高まりを受けて、「医療機関に産業医を紹介してほしい」という企業側のニーズが高まっていることがあります。最近では過労による鬱や自殺がニュースを賑わしていますし、国の「働き方改革」も影響しているかもしれません。

川原氏:
実際、産業医について企業から当社にお寄せいただくお問い合わせにも、変化が生じています。これまではメーカーなどの製造業から産業医採用のご相談をいただいていましたが、2016年に入ってIT企業からもお問い合わせいただくようになりました。
ご相談に至る経緯には2タイプあり、一つは「社内の労働環境を改善するために産業医の知見がほしい」という前向きなもの。もう一つは、労働基準監督署の指摘を受けて、あわてて当社にご連絡いただくケースです。

西頭氏:
あわてて産業医を探している企業の人事担当者に多いのは、「どうやって産業医を探せばよいのか分からない」というケース。
従業員1000人以上で専属の産業医を必要としている企業に多く、管理部門が整っているはずの大企業でも、産業医とコンタクトを取るのに苦労しているのが現状です。これは産業医ニーズがかなり顕在化した状態ですが、常勤・非常勤にかかわらず、産業医の探し方に困っている企業は多いように感じます。


嘱託産業医1人で年間3300万円超の医業収入も

―中小企業はさらに苦労していそうですね。こうした企業サイドの現状は、裏を返せば、医療機関による開拓営業の余地があるという見方もできると思います。開拓営業によるインパクトはどの程度あるのでしょうか。

川原氏:
医療機関が嘱託産業医を雇用し、たとえば業務請負という形で企業に“派遣”することで得られる医業収入は、1回6~7万円程度が相場です。1社につき1~2時間程度で、1日2社回ってもらえば、12~14万円の医業収入となるわけです。通常は各社に月1回ずつの訪問ですから、仮に40社と契約できれば、産業医1名で毎月240万~280万円、つまり年間で最大3360万円です。

≪産業医“派遣”によって想定される医療機関の医業収入≫

産業医1名に月40社(1日2社)を訪問してもらうと…
6~7万円×月40社 = 毎月240万~280万円

⇒   年間の医業収益 最大3360万円

極端な例かもしれませんが、積極的に営業している法人では、開拓営業と産業医採用に力を入れて、産業医が1日5社ほど訪問しています。


健診とのセットで、予防・検査~治療・職場復帰をカバー

西頭氏:
嘱託産業医を確保しておくと、定期健康診断の取引先開拓で“武器”になるというメリットもあります。先ほど申し上げた通り、企業は産業医との接点が少なく、どう探していいか困っています。そうなると頼る先は、健診委託先や地域医師会になってきます。ただ、健診委託先に相談しても、「“派遣”できる産業医がいないから」とお断りされる場合が少なくないようです。これは医療機関と企業の双方にとって、もったいないと思います。

川原氏:
確かにそうですね。企業の人事担当者からお聞きするのが、「社員から『産業医から検査を指示されたが、どこを受診すればいいのか』と聞かれても案内できず、困っている」といったお悩みです。産業医と健診をセットで頼めれば、人事担当者はメンタルヘルスも含めた健康全般の相談先を1つの医療機関に集約できます。
それと、診療面でも相乗効果が期待できると思うんです。たとえば産業医と健診医が連携して予防・検査から治療、職場復帰までをスムーズに進められるのではないでしょうか。医療機関も、検査件数などを確保しやすくなります。

西頭氏:
保険医療機関だと、「保険外の産業医業務を充実させる」という方向に目が行きにくいかもしれませんが、産業医“派遣”は営業努力で受託しやすいですし、受託先の数に応じて嘱託産業医の勤務日を調整すればいいので、収支バランスを整えやすい事業といえます。
また、“派遣”先の社員が将来的な患者になり得る点や、健診事業との相乗効果も期待できる点、なにより、地域の一次予防に関われる点から、医療機関としてチャレンジしがいのある分野かと思います。


《医療機関の産業医“派遣”戦略(後編)》​​​​​​​医師を採用するなら嘱託産業医を狙え!


西頭倫歩(さいとう・みちお)
大学在学中からグラフィック・デザイナーとしてキャリアを積んだ後、広告代理店でクリエイティブ・ディレクターに転身。また、大学院で戦略経営やファイナンスを専攻し、MBA(経営学修士)を取得する。そして大学院での学びを実務に活かそうと、エムスリーキャリアに入社。現在は医療機関における医師採用の支援や、医師の転職をサポートしている。


川原健太(かわはら・けんた)
東京理科大学理学部卒業。新卒で入社した大手教育企業で教室長を経験。「転職」という人生の様々な分岐点に関わりたいと思い、2016年4月にエムスリーキャリアへ入社。常勤医師のキャリアコンサルタントとして従事。現在は、専属産業医の転職支援プロジェクトの中核メンバーとしても活躍。

 

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

医師を採用するなら嘱託産業医を狙え! ―医療機関の産業医“派遣”戦略(後編)

産業医

産業医に対する関心の高まりが、医療機関にとっては収入確保の“追い風”になると話すのが、エムスリーキャリア 産業医チームのコンサルタントお二人。 今回は企業向け産業医業務専任の非常勤医の採用を軸にお話を聞きました。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医との契約形態にはどのようなものがある?種類と特徴について詳しく解説!

産業医

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

ストレスチェックを産業医に断られたときの対応法!スポットサービスの活用

メンタルヘルス

自社の産業医に「ストレスチェックの実施者」への就任を依頼したところ断られてしまった、というケースは意外とあるものです。 本記事では、産業医にストレスチェックを断られてしまった時にどうしたらいいのか?をご紹介しています。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください