catch-img

サバティカル休暇のメリットとデメリット!導入するときの注意点について

近年、日本でもスキルアップやワークライフバランスの観点から、サバティカル休暇を導入する企業がみられています。
この記事では、サバティカル休暇の特徴や、メリット・デメリット、実際の導入事例についてご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.サバティカル休暇とは?
    1. 1.1.サバティカル休暇が注目されている背景
    2. 1.2.経済産業省も推奨するサバティカル休暇
  2. 2.サバティカル休暇のメリットとデメリット(企業編)
    1. 2.1.企業のメリット
      1. 2.1.1.企業イメージがアップする
      2. 2.1.2.育児・介護・病気の療養などの理由による離職を防げる
      3. 2.1.3.従業員のモチベーションが維持されやすい
    2. 2.2.企業のデメリット
      1. 2.2.1.マンパワーの不足を招くことがある
      2. 2.2.2.休暇前・復帰後の社内整備が必要
      3. 2.2.3.従業員によっては、職場復帰が難しくなる可能性がある
  3. 3.サバティカル休暇のメリットとデメリット(従業員編)
    1. 3.1.従業員のメリット
      1. 3.1.1.十分な休養を取ることで、リフレッシュできる
      2. 3.1.2.専門知識の向上、スキルアップが図れる
    2. 3.2.従業員のデメリット
      1. 3.2.1.休暇中の収入がなくなる
      2. 3.2.2.復帰後の環境変化に対応するまで、時間がかかる
  4. 4.サバティカル休暇の導入事例
    1. 4.1.ヤフー株式会社
    2. 4.2.ソニー株式会社
    3. 4.3.株式会社ぐるなび
    4. 4.4.株式会社オリエントコーポレーション
    5. 4.5.東京大学
  5. 5.サバティカル休暇を導入する際の注意点
    1. 5.1.自社におけるサバティカル休暇の定義を決める
    2. 5.2.支度金の有無について検討する
    3. 5.3.休暇前・復職後の仕組みを検討する
  6. 6.まとめ


サバティカル休暇とは?

サバティカル休暇は、企業の長期間勤続の従業員に与えられる長期休暇のことをいいます。
サバティカル休暇の期間は企業によってまちまちで、数カ月から1年程度の期間を設けていることがほとんどです。


休暇期間を活用して、海外留学や資格取得に挑戦したり、育児や介護といった家族のための時間にあてたり、ボランティア参加など、普段はなかなかできないことに取り組むことができます。


なお、サバティカル休暇は毎年取得できる年次有給休暇とは異なり、無給となることがほとんどです。


サバティカル休暇が注目されている背景

サバティカル休暇は、もともと欧米の大学教員が職務を離れて取得できる長期休暇が元になっています。


日本でも、大学機関でサバティカル休暇の制度が導入されています。
その目的としては、普段の職場を離れて、海外の研究機関へ赴任して、新しい知識を身につけたり、気持ちをリフレッシュさせたりするためです。


近年、ワークライフバランスの観点から、海外を中心にサバティカル休暇を導入する一般企業が増えています。
日本ではいまだに数は少ないものの、サバティカル休暇の導入事例が生まれたり、導入を検討する企業がみられるようになりました。


経済産業省も推奨するサバティカル休暇

経済産業省は、労働者の長期的なキャリア形成のために、サバティカル休暇の導入を勧めています。
休暇の取得が、労働者の学び直しやキャリア形成のきっかけになると考えているためです。


現代社会は、インターネットの普及により、産業や労働の形態が劇的に変化している時代です。
ネットワークを通じて働き方が多様化する中で、企業の在り方や雇用についても従来のようにはいかず、継続的な経営をするために企業には新たな変化が求められると考えられます。


このような状況の中、企業の求める付加価値は資本から人材へと移り変わっています。
企業の人材不足が問題となる中、スキルを持った従業員の獲得が必要とされています。その一役を担う制度として、サバティカル休暇が有効活用されていくのではないでしょうか。


サバティカル休暇のメリットとデメリット(企業編)


国内において比較的新しい制度であるサバティカル休暇ですが、メリットとデメリットがあります。
企業サイドについて解説していきます。


企業のメリット

サバティカル休暇は企業にとっても、大きなメリットがあります。具体的な内容は、以下のものが挙げられます。


企業イメージがアップする

サバティカル休暇は、従業員に新たな学びの機会だけでなく、十分な休息、育児や介護といった生活活動の時間を与える役割があります。従業員がサバティカル休暇を取得することで、働き方に柔軟性を持たせることができます。


特に、近年は「ブラック企業」「社畜」という言葉からも分かるように、従業員を軽視した企業の姿勢が批評の対象になる時代です。サバティカル休暇を導入することで、企業のイメージアップはもちろん、他社との差別化を図ることができるでしょう。


育児・介護・病気の療養などの理由による離職を防げる

核家族化や夫婦共働きが増えている中で、育児や介護でやむを得ず離職する人も少なくありません。


ライフイベントによって仕事と家庭の両立が難しくなることはままあります。
サバティカル休暇によって、まとまった休みが取れることは、従業員のライフイベントによる離職を防ぐことが期待できます。


従業員のモチベーションが維持されやすい

サバティカル休暇は、スキルアップだけでなく、従業員が必要な時に休暇を取って心身を休めることで、気持ちがリフレッシュにも役立ちます。


近年は、過労により自殺を選択する労働者もみられ、社会問題になっています。
サバティカル休暇を取ることにより、労働を続ける意欲が増して、モチベ―ションの維持が期待できます。


企業のデメリット

一方で、サバティカル休暇を導入することで、企業にとってデメリットが生じることもあります。


マンパワーの不足を招くことがある

従業員がサバティカル休暇を取る場合、休暇中にその人の分の対応をする人材確保が必要です。
特に、近年の日本では企業内の人材不足が問題になっています。


企業によっては、従業員のサバティカル休暇の取得によって、通常業務を遂行するためのマンパワーが不足する可能性があるでしょう。


サバティカル休暇の取得によって、ほかの従業員の業務量が増えるのであれば本末転倒ですので、導入を検討する場合はその点も意識して対策を立てましょう。


休暇前・復帰後の社内整備が必要

職場で重要な役割を担っている従業員がサバティカル休暇を取得すれば、業務全体に支障が出ることが懸念されます。


サバティカル休暇中の引継ぎはもちろん、その従業員の代替となる人材の確保や、従業員が復帰した後の代替となった人材の扱いについての検討が必要です。


なお、海外の一部の国では、サバティカル休暇の代替の人材として、失業中の人を充てている国もあるそうです。


従業員によっては、職場復帰が難しくなる可能性がある

サバティカル休暇により長い間職場から離れると、個人差がありますが、業務の遂行能力が著しく下がる可能性があります。


休暇を取った従業員が仕事の感覚を取り戻すためには、ある程度の時間が必要です。
また、サバティカル休暇中の過ごし方によって価値観や人生観が変わり、これまでとは違う仕事に挑戦したい、自ら起業をしたいと考える従業員が出てくるかもしれません。


復帰する従業員のために、サポートやアフターフォローできる体制を検討する必要があるでしょう。


サバティカル休暇のメリットとデメリット(従業員編)

青い海


ワークライフバランスの向上や自身のスキルアップなど、サバティカル休暇は従業員にとってさまざまなメリットがあります。
一方で、長期休暇の取得によって生じるデメリットもあります。


従業員のメリット

職場を離れて休暇を取ることは、従業員にとって大きなメリットとなります。
その理由について解説していきます。


十分な休養を取ることで、リフレッシュできる

日本では、過労死にみられるように働き過ぎによる健康被害が問題となっています。



サバティカル休暇では、夏季・冬季休暇に比べて、少し長めに休息を取ることが可能になります。長期的な休暇で気分をリフレッシュさせるだけでなく、心身の健康の維持も期待できるでしょう。


専門知識の向上、スキルアップが図れる

社会の変化に合わせて長く働き続けるためには、単調に労働を続けるだけではなく、学ぶことも重要になります。
サバティカル休暇を利用して、就学したり、資格を取得したりして専門知識を向上させることは、業務上のスキルアップにもつながります。


従業員のデメリット

従業員のメリットが注目されがちなサバティカル休暇ですが、以下のようなデメリットもあります。


休暇中の収入がなくなる

多くの場合、サバティカル休暇中は無給扱いとなります。サバティカル休暇によって一定期間収入が断たれると、人によっては生活ができない可能性が出てくるでしょう。


従業員に生活資金がない場合、サバティカル休暇を有効活用できない可能性が高くなります。
サバティカル休暇を有益なものにするためには、企業による何らかのサポートも必要といえます。


復帰後の環境変化に対応するまで、時間がかかる

サバティカル休暇により一定期間業務から離れていると、復帰後に業務を遂行する能力が低下することがあります。
一般的に、休暇期間が長くなるほど、元の感覚に戻るまで時間がかかる傾向があります。


サバティカル休暇の制度の導入では、復帰した従業員のアフターフォローや研修の実施なども考慮する必要があるでしょう。


サバティカル休暇の導入事例

パスポート


日本ではまだまだ少ないものの、サバティカル休暇を導入している企業もあります。
ここでは、企業のサバティカル休暇の具体例について挙げていきます。


ヤフー株式会社

ポータルサイトなどインターネットサービスを提供するヤフー株式会社(以下、ヤフー)。
ヤフーでは、キャリアアップや働き方を見つめ直し考えるために「サバティカル休暇」を導入しています。
休暇を取得できるのは、勤続10年以上の正社員で、期間は2~3ヵ月です。


サバティカル休暇中、一定期間は会社から支援金を受給することも可能です。
ちなみに、2018年度の国内の有給取得率の平均が52.4%に対し、ヤフーの有給取得率は80.7%と高くなります。
ほかの企業と比べて休暇が取りやすい環境が整っているといえます。


ソニー株式会社

世界的企業として知られるソニー株式会社では、持続的な収益を実現するために、従業員のワークライフバランスをサポートしています。2015年には、従業員の専門性を高めるために「フレキシブルキャリア休職」という制度が導入されました。


この制度は、私費留学なら2年間、配偶者の海外赴任や留学への同行なら5年間の休職が可能です。


このほかにも、不妊治療、妊娠や出産、育児や介護などに限定した「積立休暇」などの制度を導入しています。
キャリアアップや仕事と家庭の両立がしやすい環境を提供しているといえるでしょう。


株式会社ぐるなび

飲食店の情報を提供するウェブサイトを運営する企業です。
株式会社ぐるなび(以下、ぐるなび)では、新たな学びやキャリアの振り返りを行うために、「プチ・サバティカル休暇」を導入しています。


勤続5年以上の従業員を対象に、3日間の連続休暇が与えられる制度です。
休暇を取得する際には、活動支援金2万円を受給することができます。
ぐるなびのプチ・サバティカル休暇は、企業にとって導入しやすい例といえるでしょう。


株式会社オリエントコーポレーション

オリコカードで知られる信販会社です。2019年より「サバティカル休職制度」を導入しており、従業員のワークライフバランスの実現や長期間働いている従業員の意欲向上を目的としています。


サバティカル休職制度を活用できるのは勤続5年以上の社員で、その期間は1ヵ月以上6か月以内になります。
在職期間中はサバティカル休職制度の取得に制限を設けておらず、目的にも制限がありません。
休職中でも福利厚生に関連する制度を利用することが可能です。


東京大学

企業だけではなく、大学機関でもサバティカル休暇が取り入れられています。
東京大学では、2004年より勤続年数3年以上の大学教員に対して「サバティカル研修」の制度を設けています。
研修期間は勤続年数によって異なり、1ヵ月から6か月以内、2ヵ月から1年以内となります。


東京大学のサバティカル研修は、そのほかの大学機関と同じように、あくまで研修のために導入されています。
研修期間中に日本や海外の教育研究機関で研鑽を積むことで、専門分野における能力の向上を目的としています。



サバティカル休暇を導入する際の注意点

自転車と青い空


従業員だけでなく企業にとってもメリットのあるサバティカル休暇ですが、導入する際には、職場の環境やシステムの整備が必要になります。ここでは、サバティカル休暇の制度を導入するときに検討したいポイントについて挙げます。


自社におけるサバティカル休暇の定義を決める

サバティカル休暇の導入目的は、ワークライフバランスを重視しているものから、キャリアアップに限定しているものまで、企業によってさまざまです。企業のサバティカル休暇は、社風やコンセプトを反映したものがよいでしょう。従業員の労働環境を見ながら、自社ならではの定義を作ることが大切です。


支度金の有無について検討する

国内の多くの企業では、サバティカル休暇中は無給としています。
一方で、企業によっては、休暇中の活動を応援するために、支援金を支給しているところもあります。
サバティカル休暇を実りあるものにするために、企業で行える支援やサポートの提供を検討するのもよいでしょう。


休暇前・復職後の仕組みを検討する

サバティカル休暇の導入は、職場に混乱を招くきっかけになることがあります。
サバティカル休暇を取得する従業員がいる場合、休暇中の引継ぎや代わりとなる人材が必要です。
休暇を取得していない従業員の業務が増えたりしないように、対策することが大切です。


また、休暇から復帰した従業員が、再び職場に馴染めるような配慮も必要となるでしょう。



まとめ

サバティカル休暇の導入目的は企業によってさまざまですが、既に導入している企業では、従業員のライフワークバランスやキャリアアップ、仕事と家庭の両立などを目的とするところが多い傾向にあります。


サバティカル休暇で受けられる従業員のメリットは、企業へのメリットにもなります。


労働環境の改善や長期的な人材育成のために、自社ならではのサバティカル休暇の制度を導入してみるのもよいでしょう



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

在宅勤務のストレス対策方法は?企業がテレワークの従業員をケアするために必要なこと

ウェルビーイング

新型コロナウイルス感染症の影響をうけて、テレワークで在宅勤務をするようになった人も多くいるのではないでしょうか。 テレワークの経験がある人なら、在宅勤務への切り替えもスムーズにしやすいかと思いますが、そうでない人にとっては、不慣れなことも多く、ストレスを感じてしまうケースもあります。 今回は、テレワークによる在宅勤務の注意点、ストレスの予防・ケアについて解説していきます。

職場のメンタルヘルスケアとは? 企業が知っておくべき対策を徹底解説

メンタルヘルス

ストレスチェックの義務化など、職場でのメンタルヘルス対策の必要性が注目されています。なぜやらなければいけないのか? 対策に取り組むと、どのようなメリットがあるの? などの疑問について解説します。

従業員が産業医の面談を拒否した場合はどうする?

産業医

労働者が職場で健康かつ快適に働けるよう、専門知識や立場を生かしてアドバイスなどを行う「産業医」。心身の健康に不安を抱える従業員に対しては、面談を実施して指導することもあります。ところが、従業員の中には産業医の面談を拒否してしまう人もおり、企業として対処に困るケースも少なくありません。 そこで、今回は産業医の面談が行われる代表的なケースをふまえ、従業員が産業医の面談を拒否した場合の対処法について解説します。

産業医による面接指導はどんな場合に行われる?

産業医

労働安全衛生法は1972年に成立した法律で、労働環境を守るために制定されましたが、時代の変化とともに労働環境も変わってきています。そこで、2014年6月には働き方改革の一環として労働安全衛生法の一部が改正されて、第66条にストレスチェックに関する事項が追加されました。この記事では、長時間労働者や高ストレスと判定された従業員に対して行うべき事業者の事後措置について解説していきます。

従業員のパフォーマンスを高めるためのセルフケアについて徹底解説

ウェルビーイング

企業の生産性・健全性を保つために、重要になるのが「従業員のメンタルヘルス」です。この記事ではメンタルヘルス対策、企業におけるセルフケアの重要性や主な種類、また従業員に浸透させるための方法、「ラインによるケア」の必要性について紹介します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください