catch-img

【産業医寄稿】産業医と主治医の連携、メンタルヘルス不調者の復職で何が必要か

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されているほか、復帰後にも再休職や退職が多いことが知られています。このため、主治医(主に精神科医や心療内科医)と産業医の連携が重要視されていますが、現実には障害も少なくありません。今回は、産業医と主治医の連携に必要とされていることを考えます。

◆産業医と主治医の連携が重要な理由

メンタルヘルス不調者が増加しており、それに伴い休職に至る社員も少なくありません。そうした方は、精神科や心療内科を受診し、治療を経たうえで復職しますが、その後の再休職率や退職率が高いことが知られています。そういった観点からも、産業医と主治医は十分に連携し再休職予防を念頭に復職を考えないといけません。しかし実際は、多くの産業医が主治医との連携に苦慮しているといった報告や、診断書に実際の病名を反映させていないといった報告が出ている状況です。

そもそも、なぜ連携が必要なのでしょうか。まず、連携が全くないことによるリスクについて考えてみます。その場合、主治医も産業医も情報量が限られ、社員の主観的な訴えに過度な影響を受けます。メンタルヘルス不調の背景要因や職場要因を正確に認識できず、判断の歪みや、誤診にさえ繋がりえます。こういったリスクを回避するためにも、有効な連携が必要なのです。


◆連携に必要なのは役割分担

連携を複雑にしているものの一つとして、他の内科系や外科系の疾患と違い、客観的な指標が欠如していることや病態が多様化していること、一部の社員は頻回に休職を繰り返すためではないかと思われます。

こうした現実を乗り越えて連携するには、主治医が疾病性を重視し、産業医は事例性を重視するといった役割分担が重要です。以下に、産業医と主治医が連携するために必要と思われることを両者の立場から挙げます。



<産業医に求められること>

● 社員の上司、人事労務担当者などと共同して支援する
● 復職支援に向けた主治医との連携能力
● 事例性・疾病性の観点から、医療関係者として病態を理解する
● 社員の主観的判断に留意しつつ、社員の職場へのスムーズな適応を支援する
● 職場環境改善に寄与するような支援を目指す
● 精神科医療への関心を高め、関連動向に注目したうえで理解を深める



<主治医に求められること>

● 職場との連絡や連携の意義を理解したうえで積極的に取り組む
● 外部との連携に必要な人員の確保
● 事例性・疾病性の観点から、安定した復職を目指して支援する
● 患者の主観的判断に留意しつつ背景にある職場内要因、職場外要因について十分な理解をする
● 産業保健関連に今まで以上に注目して研鑽を積む

◆連携への現実的な第一歩とは

とはいえ、上記はかなり理想に近いために、現実の産業保健現場や臨床現場ですんなりと導入するわけにもいかないでしょう。実際に産業医の多くは専属よりは嘱託で、巡回は月に1度、しかも精神科以外の医師が担っていることが多く、前述のような取り組みは難しいことが多いです。また主治医の側も、忙しい臨床の合間に産業医から突然の電話が来たり書面が来ても困惑するようなケースも少なくないと想像できます。

そこで、現実的な第一歩としては、顔の見える関係を作ることやなじみの精神科医、産業医を探すところから始めてみてはいかがでしょうか。
そうすると今までの電話や文書上でのやりとりに膨らみが増し、行間を埋めるような連携が取れるように思えます。手間に感じる向きもあるでしょうが、それが社員の早期復職・安定就労につながれば、医師を含め全員がHappyになれるのではないかと考えています。

堀輝
堀輝

産業医科大学を卒業後、精神科医として臨床、研究、教育に業務。その間、複数の専属産業医、嘱託産業医を経験。現在は産業精神医学関連の臨床、研究に従事する傍ら、ストレスチェックや嘱託産業医業務を行っている。

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

4

派遣社員は「労働者数50名以上」に含める?産業医の選任のほか、企業の義務とは

社員が健康に働けるようにする健康経営の考え方が進む中で、その実現のために、産業医の配置もまた重要とされています。配置の際の「労働者数50人以上」という条件に対して、派遣社員は含めるのでしょうか。この記事では、労働者数が規定数を超えた場合に発生する企業の義務、また派遣元が派遣社員に実施すべき義務に関して解説していきます。この記事を読めば、自社に見合った健康経営と、産業医の見つけ方に役立てられます。

5

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

関連記事

【産業医寄稿】職場と精神科医の連携は休職開始時点から始まっている~実際の症例から~

専門家コラム・インタビュー

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されている。また職場復帰後の再休職や退職率が高いことが知られており、臨床現場と職場の連携が重要視されている。連携には様々な職種が関与し、産業医、主治医、人事労務担当者、関係職場などが絡む。今回は、それらの職種のスタッフが、どのタイミングからの連携が必要かを実際の失敗経験談から述べる。

【産業医寄稿】ラインケアはどのように行えばいいの?

専門家コラム・インタビュー

厚生労働省が発表している平成30年度の労働安全衛生調査(実態調査)の調べによると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合が、58.0%でした。さらに、精神障害による労災認定件数も、右肩上がりに増え続けている状況です。  「自分の周りは、メンタルヘルス不調と関係のない話だ」と思っていても、いつ、だれがメンタルヘルス不調になるかは、分からない状況であることは分かって下さい。そのために、常に予防する意識は持っておく必要があります。  平成18年3月に厚生労働省は、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、4つのケアを上手く機能することが大切であると示しました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は、管理監督者が行うラインケアについてみていきましょう。

【産業医寄稿】メンタルヘルス不調者の復職で人事がすべきこと

専門家コラム・インタビュー

メンタルヘルス不調で休職した従業員の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されています。また復帰しても、再休職や退職が多いとされ、主治医側と業場側の連携の重要性が繰り返し言われています。関係者が十分に連携するためには、主治医側、事業場側がそれぞれの立場と役割を理解することが必要です。今回は、人事労務管理スタッフが認識すべき役割や効果的な取り組みについて見ていきましょう。

ストレスから立ち直る強さ!レジリエンスとは?

メンタルヘルス

従業員50人以上の職場でストレスチェックが義務化されていることから分かるように、仕事にはストレスが付きまといます。人間であるため、ストレスがかかると傷ついてしまうこともあるでしょう。大切なのは、いかにストレスから立ち直るかです。 この記事ではストレスから立ち直る強さであるレジリエンスとは何かや、どうやったらレジリエンスを高めることができるかをお話します。

【産業医寄稿】マインドフルネスとは

専門家コラム・インタビュー

現役精神科医であり、主にマインドフルネスを研究されている藤井英雄先生に「マインドフルネスを研究されている理由や背景」「マインドフルネスとは」の2本立てで記事をご執筆いただきました! 今回は「マインドフルネスとは」です。ぜひご覧ください。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください