catch-img

従業員の復職面談はどうすればいい?流れや方法を分かりやすく解説!

従業員が休職後に職場への復帰を進める場合、問題なく復帰ができるのか悩む人事担当者も多いのではないでしょうか。その問題点の解決策の一つとして、復帰前に対象者と面談をして、復職できるかどうかの見極めをすることが重要です。この記事では、復職面談の事前準備や、面談を行う際のポイントについて分かりやすく解説していきます。


1.復職面談の目的とは?

復職面談とは、簡単にいえば、心身の不調において休職していた従業員が、職場復帰をする前に行う面談のことです。復職面談の目的には、どのようなことがあるのかについて解説していきます。

1-1.休職者が職場で仕事ができるのかを判断する

復職面談を実施する目的の一つとしては、当然まずは休職者が職場で仕事ができるのか、その判断材料にすることが挙げられます。休職の理由は、病気やけが、または育児や出産、親の介護など、さまざまです。それらが解消されている状況にあるかどうかを、面談によって判断していきます。面談は、主に人事労務担当者や産業医、ときには直属の上司が参加して、休職者本人を対象に行っていきます。面談においては、休職者が職場で仕事ができるのかを判断する場合、立場によって役割が異なるということについて、理解を深めておきましょう。

まず、 産業医の場合は、健康管理などの観点から面接を進めていきます。対象者が就業できる健康状態なのか、症状は全快しているかどうかなど、健康面での総合的な判断から、復職可能かどうかを決めていきます。一方、企業の人事労務担当者は、休職者が決められた時間に出社し、待遇に見合った労務提供が可能かどうかを判断することが、その役割です。より実務的な目線で判断していくことが重要だといえるでしょう。

1-2.休職となる原因の再発防止

二つ目の目的が、再休職・休職原因の再発防止です。会社で決めた休職期間が、一般的にみて、2~3カ月間など短い場合は、期間内に復職ができなかったり、復職できてもすぐに再休職してしまったりする可能性が高くなってしまいます。そのため、相応の時間を設定することが大切です。さらには、場合によっては、復職に向けたリハビリテーションを行っている専門家のプログラムが必要でしょう。

休職中や復帰後の面談を通じて、休職者が自分が不調になる仕組みや原因に気付くことが大切です。そのうえで、セルフケアができるようになることを目的として、休職となる原因の再発防止を行っていきます。具体的な再発防止策は、対象者の休職となった原因により、さまざまです。ある程度時間をかけてでも、再度起こってしまわないように、しっかりと面談で解決していくことが大切です。

2.復職面談をするにあたって行っておきたいこと

復職面談においては、スムーズに行うためにいくつかしておきたいことがあります。この段落では、それらについて紹介していきます。

2-1.復職できるのかについて主治医の診断書を提出してもらう

休職者がいざ復職をする場合には、基本的には本人の意思だけで復職させることは少ないです。これは、本人が冷静に自分の状況を判断できる状態ではない場合も考えられるためです。病気やけがを理由に休職して復職をする際には、必ず主治医の診断書を提出してもらうようにしましょう。その際、できるだけ休職者本人に直接、診断書を持参してもらうことが大切です。直接会社へ持参してもらうことで、面談前に現在の状況や本人の体調などについて、詳しく話すことができます。聞き取った内容はメモなどで記録に残しておきましょう。そのメモをもとにすれば、より復職面談をスムーズに行うことも可能です。

2-2.休職者の家族からの意見も聞く

可能であれば、休職者の家族からの意見を聞いておくことも重要です。特に、休職者に同居している家族がいる場合は、事前に休職者の生活リズムや精神状態をヒアリングしておきましょう。家族は、休職者にもっとも近い存在でもあります。休職者の状況をより詳しく把握している場合がほとんどです。家族がまだ無理だろうと判断する場合には、重要な参考意見として判断基準に取り入れておきましょう。

また、家族がまだ早いと判断していても、休職者が復職を望む場合もあります。特に、責任の重い役職に就いている場合などは、それがより顕著だといえます。その場合には、家族から休職者に対し、復職を待って療養期間をしっかり取るよう説得してもらうことも大切でしょう。




3.復職面談で休職者を見極めるポイント

復職面談で、実際に休職者が復職できるのかどうかについて見極めるポイントがいくつかあります。これらを把握しておくことは、再休職を防ぐ意味合いでも非常に重要です。いくつかのポイントについて紹介していきます。

3-1.働く意欲はあるのか

働く意欲があるかどうかを見極めることは、非常に難しいことでもありつつ、当然重要なことです。そもそも、復職面談をするということは、復帰する意欲があるということでもあります。そのため働く意欲が十分にあるとも考えられます。しかし、特にメンタルヘルスを必要とした休職の場合、企業側としても慎重にならざるを得ません。そのタイミングでは完全に回復したつもりであっても、状況次第では再度休職してしまうケースも多いためです。

まずは、面談で休職者の話をよく聞くことが大切です。もちろん必要以上のプレッシャーをかけてしまうのは得策ではありません。しかし、本当に働く意欲があるのか、働く意欲を継続することができるのかはしっかりと見極め、判断していく必要があります。

3-2.体力は回復しているか

メンタル的な回復はもちろんのことですが、体力が通常に勤務をしていたころの状態に戻っているかということも、復職に必要な条件の一つです。体力の著しい衰えは、集中力を欠くことにもつながります。結果的に不利益が生じてしまう可能性が高いと判断できる場合は、復職を延期することも視野に入れておかなければなりません。体力が回復しているかどうかは、まずは主治医の診断書や意見書を参考にしていきましょう。

そのうえで、面談時の本人の様子もしっかりと確認しておくことが大切です。顔色や表情は、十分な判断材料となり得ます。明らかな体調不良がみられる場合には、やはり復帰を延期する必要があるでしょう。また、服装や髪形もチェックすることを心掛けましょう。特にメンタル系の疾患は、身だしなみに気を配らなくなるケースも多くあります。清潔感があるかどうかは、そこまで気を回すことができる体力があるかどうかの判断基準にもなります。お互いのためにも、しっかりと意識して確認しましょう。

3-3.通勤能力はあるか

復職に問題がないと思って、いざ実際に通勤してみたとき、以前のように同じ時刻に電車にのるだけでストレスを感じたり、気分が悪くなったりする人も少なくありません。基本的な通勤能力があるかどうかを確認することは、実は非常に重要です。復職前に面談をする場合、復職をした場合をシミュレーションさせておくことも大切です。ある程度の期間、実際に同じ時間に起床し、同じルートで会社まで通勤するような通勤訓練を行ってみることで、休職者本人も現在の自分の状況をより正確に判断することができるでしょう。

また、その際にはシミュレーションの結果を記録して、提出させることも重要です。会社としては判断材料になり、休職者としてはアピール材料になります。"

3-4.規則正しい生活ができているか

規則正しい生活を送れているか、就業時間に合った生活ができているかをチェックすることも重要です。休職期間中であっても、規則正しい生活を送ることができているのかを把握するためには、生活記録表の提出などを求めるようにしましょう。起床や就寝時間はもちろん、日中の過ごし方などを可能な限り確認していきます。当然休職直後の生活記録を確認してもあまり意味がありません。直近の生活において、仕事に支障がない睡眠時間かどうか、日中は外出ができているかなどを確認することで、復帰した場合に合わせて生活が送れているかどうかの判断がしやすくなります。また、それらを確認することは、働く意欲があるかどうかの確認にもつながるでしょう。

3-5.職場に適応することができるのか

復職しても、また休職してしまうなど、休職と復職を繰り返してしまうケースも、なくはないです。そのため、復帰して職場に適応することができるのかを見極めることは、復職面談の肝といって過言ではないでしょう。職場環境に適応できずに休職したとしても、環境は変わっていない場合も当然あります。休職者本人に、そもそもの休職原因を考えさせ、本当に職場に復帰して適応することができるのかどうかを判断する必要があります。休職に関しては、本人を思いやることはもちろん大切です。しかし、それと同じくらい在籍社員に気を配ることも重要です。無理な環境変化は、在籍社員の反感を買ってしまうケースもあります。十分に注意したうえで、環境を変えずとも復帰できるのかどうかをまずは判断していきましょう。

まとめ

従業員が心身のバランスを崩し長期間仕事を休む場合、どのくらいの期間休みをとれば回復するかの判断は難しいといえます。休職者本人もいざ復帰するとなると不安も大きいです。経営者や人事労務担当者としては、復職面談を行うことは、それらの解消のためにも双方にとってメリットが大きいといえます。従業員の心身の健康のためにも早めに産業医を選任し、復職面談を実施できる体制を整えておくと良いでしょう。


産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

コロナ後もテレワークを!社労士が語る「“柔軟な働き方”をいまこそ推進しよう」

専門家コラム・インタビュー

いまだ収束していない新型コロナウイルス感染症への対策として、各企業で急速に導入が進んだ「テレワーク」。 そもそも、テレワークは「働き方改革実行計画」の中で「柔軟な働き方がしやすい環境整備」の一環として取り組まれてきた課題です。 今回テレワークを導入したことで数多くのメリットに気付かされた企業も多いと思いますが、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続する、またこれからテレワークの導入を進める場合は、改めて問題点と今後の対応を検討する必要があります。 今回は社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、テレワークの意義や導入に際し人事労務担当者が意識すべきこと、将来の展望を伺いました。

パワハラ防止法遂に施行!人事労務担当者が今取り組むべき対策と定義を徹底解説

法律・制度

パワハラ防止法が2020年6月から施行されます。(中小企業は2022年4月施行) パワハラを防止するための措置を義務づける法律ですが、違反した場合にはどうなるのか、どういった措置が必要なのかよくわからない方も少なくないようです。 本記事ではパワハラ防止法の概要や必要性、注意点をわかりやすく解説します。 職場を明るく元気なものにするため不可欠なものだということがご理解いただけるかと思います。

新型コロナウイルスで企業は何を意識すべき?社労士が徹底解説!

専門家コラム・インタビュー

新型コロナウイルスが猛威を振るい、遂に緊急事態宣言が出されました。対象地域は全国に拡大されます。事態は次々と変化・深刻化しています。収束には長期間かかるでしょう。 それぞれの会社で経営者、管理者、従業員等がどのように取り組むべきか、健康経営の真価が問われています。  この未曾有の危機的状況の中で、自社や従業員を守るために人事労務担当者は何を意識し取り組まねばならないのでしょうか? 社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、新型コロナウイルスに対する人事労務担当者の心構えや取り組むべき内容を伺いました。

【産業医寄稿】メンタルヘルス不調のサインかも!部下の様子がおかしい時の適切な対応について解説

産業医コラム

メンタルヘルス不調の従業員を早期に発見し、正しく対応することは、会社にとって非常に大切なこと。なぜなら、従業員が早い段階から治療を受けることで、早い回復が期待でき、本人の社内でのパフォーマンスを出来るだけ早く活かすことができます。また、メンタルヘルス不調の従業員へ正しい対応を行うことは、企業の安全配慮義務でもあります。 特に管理監督者は、「部下からの自発的な相談に対応するよう努めること」や、「個別の配慮が必要と思われる部下には適切な対応を行う必要がある」と、厚生労働省が発表する「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に明確に記載されています。つまり、メンタルヘルス不調の従業員への正しい対応は、上司である管理監督者の業務の一部にあたるのです。 管理監督者だけではなく、人事労務担当者も、メンタルヘルス不調の従業員に関わるケースは多いでしょう。さらには、管理監督者へ正しい対応方法についての教育などを行うこともあります。人事労務担当者こそ、メンタルヘルス不調の従業員への対応について詳しく知っておく必要があります。しかし、現状では、メンタルヘルス不調者に、自信をもって対応できると言える人はまだまだ少数です。今回は、部下がメンタルヘルス不調になってしまった場合に、上司が取るべき正しい対応について説明します。

衛生推進者は必要?―衛生推進者の職務内容

産業医選任以外の義務

事業場で雇用する従業員の数が常時10人以上になると「衛生推進者」を選ぶ必要があります。これは法律によって定められた義務であり、従業員の安全や健康を守るためにも欠かせないものです。ただ、労働基準監督署への報告義務がないため、衛生推進者についてあまり詳しく知らないという経営者も多いのではないでしょうか。 今回は、小規模の事業所で重要である衛生推進者について、その必要性や職務内容、選任基準などについて紹介していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください