心理的安全性を高めてチームの生産性を向上――人事労務ができる4つの行動

「心理的安全性」が高い  状態を企業内に作り出すことは、個人はもちろん、チーム全体がより良い成果を出すために大切なことです。人事労務担当者がこのキーワードを理解し、行動に移すことは、自社の労働環境を高める上で重要となってきます。

本記事では「心理的安全性」という言葉の意味をはじめ、その状態を確保するために意識したい内容をご紹介します。また、心理的安全性が企業や社員に与える 影響についても説明しますので、もし自社の 労働環境に悩んでいる方がいましたら、より良い環境を作るための第一歩として、ぜひご覧ください。


心理的安全性とは?

一言で説明すると、「所属組織やチームに対して、それぞれが自身の思いや考えを安心して発言したり、行動したりできるような環境」です。つまり、自身の意見や提案に対してメンバーの反応に怯えたり、空気を読んで発言したりしなくてよい状況を示します。

心理的安全性という言葉は、心理学用語の一種です。ハーバードビジネススクールで組織行動学を研究するエイミー・C・エドモンドソン氏が最初に提唱したと言われています。

この言葉が注目されるようになったきっかけは、世界的IT企業であるGoogleが、「チームにおける生産性を高めるために最も重要な要素は心理的安全性」と発表したことです。

働く環境のあり方に対して世間への関心が高まっていたこともあり、日本でもこの言葉に注目が集まりました。


心理的安全性が組織内で高まるメリット

心理的安全性が組織やチーム内で高まるメリットは、以下です。

・積極的なコミュニケーションの増加

・円滑な業務の実現

・目標達成を妨げる要因の除去

・チームの生産性向上

・メンバーのポテンシャル増加

・上司や部下といった関係性によらない活発な議論

・従業員のQOL向上

・離職従業員の減少

など

心理的安全性が高く保たれているほど、最終的に得られる労働生産性は大きくなります。そのため、様々な企業が自社の心理的安全性を良くするための方法を模索しているのです。


心理的安全性が低い時に従業員が感じる4つの不安

その一方で心理的安全性が低い状態だと、従業員たちは大きく4つの不安を感じます。

【心理的安全性が不足した時に感じる不安】

・無知(例:何も分からない、こんな事すら分からないのかと言われる不安)

・無能(例:何も出来ない、こんな事すら出来ないのかと思われる不安)

・邪魔者(例:押しつけがましい、差し出がましいと感じられる不安)

・ネガティブ(例:物事に否定的な、消極的な印象を持たれる不安)

心理的安全性が不足している職場では、これら4つの不安が現場に存在している状態です。このままでは心理的安全性は高まりませんし、解消されないままではさらに低くなってしまいます。そのため、これら4つの不安を解消する必要があるのです。



心理的安全性を把握する7つの質問

社内で不安解消の対策を講じるためにも、まず従業員の心理的安全性の状態を把握することが大切です。エイミー・C・エドモンドソン氏は、心理的安全性の状態を知るための質問として次の7項目を提案しています。これらの質問を通して、その人を取り囲む心理的安全性の状況を知ることが可能です。


【7つの質問事項】

1.チームの中でミスをすると、たいてい非難される。

2.チームのメンバーは、課題や難しい問題を指摘し合える。

3.チームのメンバーは、自分と異なるということを理由に他者を拒絶することがある。

4.チームに対してリスクのある行動をしても安全である。

5.チームの他のメンバーに助けを求めることは難しい。

6.チームメンバーは誰も、自分の仕事を意図的におとしめるような行動をしない。

7.チームメンバーと仕事をするとき、自分のスキルと才能が尊重され、活かされていると感じる。

(引用元:Google 「効果的なチームとは何か」を知る 心理的安全性を高める)


心理的安全性に関する研究結果

ここでは最初に少し触れた、Googleが行なった心理的安全性に関する研究について、簡単にご説明します。

Googleは、世界で活動する180のチームを対象に「効果的なチームとは何か」という研究をしました。

本研究の過程で、メンバーが能力を発揮するには「チームがどのように協力しているか」が重要であり、この協力場面を作り出すのにキーとなる因子が「心理的安全性」だと発見したのです。

心理的安全性によって業務活動の土台が整っているからこそ、Googleのメンバーたちは安心してクリエイティブな仕事に専念できているのでしょう。

以下は、「効果的なチームを作り出す上で重要な5つの因子」をGoogleが上から重要な順番に並べた図です。なお1番目に書かれている、サイコロジカル・セーフティーというのは、心理的安全性のことです。心理的安全性以外の残り4要素については、下記引用元よりご覧ください。


(引用元 Google 「効果的なチームとは何か」を知る 効果的なチームに固有の力学を突き止める)


心理的安全性を高めるためにできる4つのこと

では、社内の心理的安全性を高めるために人事労務担当者はどのような働きができるのでしょうか。ここでは今日から意識できる4つの内容をご紹介します。


ポジティブな会話や表現の実践

心理的安全性が不足している場面では、ちょっとした発言もネガティブな意味合いに捉えられてしまうケースが多々あります。そのため会話においては、意識的に前向きな表現を使用したり、状況によっては相手をフォローしたりすることも重要です。

また、受け止める側もポジティブに言葉を捉えていくことが求められます。従業員の状況によっては、「気持ちの受け止め方」など自己との向き合い方に関する研修を取り入れるなど、間接的な支援策の検討も必要となっていきます。


メンバー内における相互理解

心理的安全性を高めるには、メンバーの相互信頼が欠かせません。そのためにも、メンバー同士が何に価値観を持つかを理解したり、話をしたりする場面を管理職やチームリーダーと協力しながら設定する必要があります。

チームメンバー全員が相互理解を進めることで、互いに相手をリスペクトした状態で仕事に打ち込めるはずです。


組織の構築と見直し

人事労務として、フラットな組織体系を作るための人材配置の検討も並行していくことが求められます。

状況によっては組織再編成といった可能性も出てくるため、それぞれのチームの成果はもちろん、関係性の滑らかさも含め、従業員と対話してみてください。

話を聞く姿勢を人事労務担当者が取るだけだけでも、現状への思いや不安を語ってくれる人はきっと出てくるはずです。


適切な距離感を保つ

最後にお伝えしたいのが、馴れ合いにならないよう適切な距離感を保つことの重要性です。

相互理解することで仕事への良い影響を期待できる一方、相手を知ることで甘えが出てくるケースも少なくありません。

そのため、関係性に緩みが出ていないかを適宜気にかけることをおすすめします。各チームの変化に対して、きっと敏感になれるはずです。


まとめ

この記事では、心理的安全性という言葉が組織やチームに与える影響やそのメリットなどを中心にお話ししました。

人事労務担当者だけで社内の心理的安全性を高めていくのは、正直難しいことです。だからこそ、チームリーダーや管理職といった周囲のメンバーを巻き込みながら、心理的安全性を高めるための行動を一緒に実践してみましょう。


参考:

※:Harvard Business Review  エイミー・C・エドモンドソン

※:Google 「効果的なチームとは何か」を知る​​​​​​​

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

関連記事

ウェルビーイングの意味とは?ウェルビーイング経営の意義と実践法

健康経営とは

ウェルビーイングの意味とは「自身も周囲の環境も『良好な状態』にある」という概念のことです。近年、健康経営が意識される中でウェルビーイングをキーワードにした企業が増えてきたように感じます。ここでは、ウェルビーイング経営について紹介していきます。

人事として知っておきたい!生産性アップに繋がる従業員エンゲージメント

生産性向上

「従業員エンゲージメント」の向上を通して、生産性アップを目指す動きが活発化しています。しかし、従業員エンゲージメントを向上させるための行動や方法が分からず、手をこまねいている人事労務担当者は少なくありません。

低気圧で体調不良になりがちな梅雨 職場環境を改善して労働効率アップ

従業員の病気

暑かったり寒かったり、あるいはジメジメした天候が続く梅雨時は体調を崩しやすいものです。 イライラしたりやる気が出なかったりして仕事の能率も下がりがち。 こうした症状を指す「気象病」という言葉も定着してきました。 その原因の多くは自律神経の乱れにあります。 規則正しい生活やバランスのとれた食事、適度な運動を心がけることが大切ですが、職場環境を見直すだけで症状を和らげることも可能です。 ポイントは温度と湿度のコントロール。 職場の温度と湿度に目配りして、生産性アップにつなげましょう。

【産業医寄稿】ラインケアはどのように行えばいいの?

産業医コラム

厚生労働省が発表している平成30年度の労働安全衛生調査(実態調査)の調べによると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合が、58.0%でした。さらに、精神障害による労災認定件数も、右肩上がりに増え続けている状況です。  「自分の周りは、メンタルヘルス不調と関係のない話だ」と思っていても、いつ、だれがメンタルヘルス不調になるかは、分からない状況であることは分かって下さい。そのために、常に予防する意識は持っておく必要があります。  平成18年3月に厚生労働省は、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、4つのケアを上手く機能することが大切であると示しました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は、管理監督者が行うラインケアについてみていきましょう。

【産業医寄稿】産業医と主治医の連携、メンタルヘルス不調者の復職で何が必要か

産業医コラム

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されているほか、復帰後にも再休職や退職が多いことが知られています。このため、主治医(主に精神科医や心療内科医)と産業医の連携が重要視されていますが、現実には障害も少なくありません。今回は、産業医と主治医の連携に必要とされていることを考えます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください