catch-img

職場巡視~実施するだけになっていませんか? 改善までつなげるポイントとは

月1回の実施が定められている職場巡視。従業員の健康を維持する上でとても重要な業務です。


今回は、衛生管理者と産業医がどのような点に注意して職場巡視を行えばいいのか、それぞれの役割や巡視のポイントについて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.職場巡視の意義と目的
  2. 2.産業医と衛生管理者の職場巡視の頻度
    1. 2.1.産業医の職場巡視頻度が法改定により2ヶ月に1回でも可能に
    2. 2.2.産業医と衛生管理者の連携が重要
  3. 3.実施して終わりではない。職場巡視の進め方
    1. 3.1.Plan(計画)・・・職場巡視を実施する前に
    2. 3.2.Do(実施)・・・職場巡視の実施
    3. 3.3.Check(評価)・・・職場巡視を終えたら
    4. 3.4.Action(改善)・・・次に繋がるActionを行う
  4. 4.職場巡視は労働衛生の基本活動



職場巡視の意義と目的

職場巡視とは、作業環境を産業医が実際に見て、安全衛生上の問題点を見出し、改善していくことを目的としています。


事業者は、職場巡視を実施する機会と情報を産業医に対して提供することになっています。


産業医が定期的に職場を訪れ、巡視することで、従業員と産業医とがお互いにとって身近な存在となりますし、産業医が職場環境や業務内容、企業自体を深く理解することにも役立ちます。



産業医と衛生管理者の職場巡視の頻度

労働安全衛生規則の第15条により、産業医は少なくとも月に1回の職場巡視を行うことが規定されています。


同様に、衛生管理者は週1回の職場巡視が規定されています。


産業医の職場巡視頻度が法改定により2ヶ月に1回でも可能に

2017年に行われた労働安全衛生規則の改定により、特定の条件を満たした場合のみ、産業医による職場巡視が最低2ヶ月に1回の頻度で実施することが可能になりました。


2か月に1回の職場巡視が可能になるのは、以下の2つの条件が満たされている事業場です。


① 事業者から産業医に所定の情報が毎月提供されている
② 事業者の同意を得られている


この改正の背景としては、従業員の過重労働による健康障害の防止やメンタルヘルス対策等が事業場における重要な課題となっており、より効率的かつ効果的な産業医の職務の実施が求められているところにあります。


つまり、産業医による職場巡視の頻度を減らす代わりに過重労働やメンタルヘルス対策の強化に時間を割きましょう。ということを目指した法改正といえます。



◯産業医に提供する「所定の情報」とは

産業医の職場巡視の頻度を2か月に1回にした場合に必要になる「毎月提供する一定の情報」とは、以下のような情報が挙げられます。


-    衛生管理者が少なくとも週1回行う作業場等の巡視の結果

  •   巡視を行った衛生管理者の氏名、巡視の日時、巡視した場所
  •   巡視を行った衛生管理者が「設備、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるとき」と判断した場合における有害事項と、それに講じた措置の内容
  •   その他、労働衛生対策の推進にとって参考となる事項


-    そのほか、衛生委員会等の調査審議を経て、事業者が産業医に提供することとしたもの

  •   労働安全衛生法第66条の9に規定する健康への配慮が必要な労働者の指名と、その労働時間数
  •   新規に使用される予定の化学物質や設備名と、これらにかかわる作業条件や業務内容
  •   労働者の休業状況など


-    休憩時間を除いて1週間あたり40時間を超えて労働し、その超えた労働時間が1か月あたり100時間を超えた従業員の氏名と、超えた時間に関する情報


◯事業者の同意とは

産業医の意見に基づき、衛生委員会等において調査審議を行った上で、事業者の同意を得ることが必要です。


また、巡視頻度を変更する一定の期間を定め、期間ごとに産業医の意見に基づいて調査審議を行わなければなりません。


たとえば、4月から9月までの間は巡視頻度を2か月に1回にすると決まった場合は、10月の衛生委員会で再度、巡視頻度が2か月に1回で十分だったかを話し合いましょう。


産業医と衛生管理者の連携が重要

現代社会では長時間労働等による健康障害の防止や、メンタルヘルス対策等が事業場にとっても重要な課題となっており、産業医がより効率的で効果的に職務を行えるようにすることが求められています。


そのため、頻繁に現場を回ることができる衛生管理者等と産業医との連携が非常に重要となります。



実施して終わりではない。職場巡視の進め方


職場巡視を実施する際には、PDCA(Plan, Do, Check, Action)を意識して計画、実施、評価、改善を行うことが重要です。


実施して終わりではなく、問題点を安全衛生の改善にしっかりと生かし、今後それに関連した災害が起こらないようにするためにPDCAサイクルを連続的かつ継続的に実施する必要があります。


以下、労働者健康安全機構発行の「産業保健21」で紹介されている職場巡視の流れとPDCAサイクルチェック表がわかりやすくまとめられているので参考にしてみてください。


Plan(計画)・・・職場巡視を実施する前に


1.    職場巡視計画の策定


-     年間職場巡視計画の立案

-     衛生委員会での計画の審議

-     重点巡視テーマの策定

-     臨時の職場巡視の計画(作業環境測定結果、リスク低減対策の確認、新規作業開始時)


2.    職場巡視前の準備

-     作業工程や作業内容の確認

-     有害物等の取り扱いの確認

-     作業環境測定結果、特殊健診結果、特定作業従事者健診結果の確認

-     作業用の各種機械の確認

-     順使用チェックリストの準備(テーマ別巡視など)


3.    巡視する職場との日程や同行者の調整

-     産業医の出務日と職場巡視の日程等調整

-     職場側同行者の日程等調整


Do(実施)・・・職場巡視の実施


-    職場巡視の実施と、実施後の打ち合わせ

  •   作業環境管理、作業管理、健康管理の視点を結びつける
  •   巡視にはテーマ別チェックリストを用いる
  •   機械などは、稼働時にも巡視する


◯オフィス職場における職場巡視


作業リスクが相対的に低いオフィス職場では、以下のポイントを重点的にチェックするとよいでしょう。

  •   VDT作業、PC作業の状況を確認する
  •   残業や出張状況を管理者に確認する
  •   事務所衛生基準規則の測定結果と照らして確認する
  •   喫煙対策を確認する
  •   防災の観点から確認する


-    巡視後に、産業医と職場側対応者とが改善ポイントの優先度等について協議する


-    巡視報告書の作成

  •   改善が必要な事項を指摘する
  •   Good Practice について積極的にいい点として指摘する


Check(評価)・・・職場巡視を終えたら


-    改善事項についての計画や、報告を提出する


-    予算化を要する等、継続検討事項について計画する

   

Action(改善)・・・次に繋がるActionを行う


-    安全衛生委員会での報告・審議

  •   安全衛生委員会での報告・審議事項として記録する
  •   巡視報告と改善対応の検討


-    残存リスク等の管理計画の策定

  •   対策後にも残存リスクがある場合の管理計画を策定する


【出典】労働者健康安全機構:産業保健21第 80 号



職場巡視は労働衛生の基本活動

従業員の安全を守るために、職場巡視はとても大切な業務です。


そしてメンタルヘルス対策などの問題を抱える現代で産業医がより効果的かつ効率的に職務を行うためにも、衛生管理者の役割は重要です。


はじめは従業員も産業医も戸惑う面が出てくるかと思いますが、毎月繰り返すことでお互いに巡視に慣れ、理解が深まっていくでしょう。産業医からのコメントもバランスが取れていくようになり、やり取りもスムーズに進むようになります。


また、職場巡視では改善点の指摘にばかり注力せず、適切に対応や管理ができている部分も「Good Practice」として前向きに評価することを心がけましょう。



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

関連記事

【長時間労働者への産業医面談とは】どこから「長時間労働」? 「産業医面談」って何をするの?

健康管理

長時間におよぶ労働は、脳血管疾患や虚血性心疾患など、脳・心臓疾患の発症と強い関連性があることから、長時間労働者に対して企業は医師による面接指導を行わなければなりません。ここでは、何時間を超えたら「長時間労働」になるのか、面接指導を行うためにどのようなことを企業は準備しておくべきか等を解説します。

長時間労働はなぜ問題になるのか?労働環境を見直すべき理由

健康経営とは

国内では長時間労働が大きな社会問題となっています。ワークライフバランスを見直す動きが活発になる中で、企業は労働力をどのようにして確保していくか、長時間労働をどうやって回避していくかを考えなければなりません。この記事では、長時間労働による問題点や回避方法の観点から、労働環境を改善する必要性について解説していきます。

衛生管理者による職場巡視は義務なのか?労働環境改善に役立つポイントを徹底解説

産業医選任以外の義務

労働安全衛生法により、50名以上の労働者がいる事業場への選任が義務付けられている「衛生管理者」。従業員が健康に働けるよう、職場の労働衛生面を全般的に管理するのが衛生管理者の主な役割です。従業員の健康面に関する処置のほか、作業環境の衛生面における調査や改善、衛生教育など、その職務は多岐にわたります。 その中でも、特に重要な職務として挙げられるのが「職場巡視」です。職場における労働衛生面の問題を早期発見するためにも、定期的な職場巡視は欠かせません。今回は、衛生管理者による職場巡視の基礎知識を踏まえ、職場巡視の流れや必要な事後措置などについて解説していきます。

コロナ後もテレワークを!社労士が語る「“柔軟な働き方”をいまこそ推進しよう」

専門家コラム・インタビュー

いまだ収束していない新型コロナウイルス感染症への対策として、各企業で急速に導入が進んだ「テレワーク」。 そもそも、テレワークは「働き方改革実行計画」の中で「柔軟な働き方がしやすい環境整備」の一環として取り組まれてきた課題です。 今回テレワークを導入したことで数多くのメリットに気付かされた企業も多いと思いますが、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続する、またこれからテレワークの導入を進める場合は、改めて問題点と今後の対応を検討する必要があります。 今回は社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、テレワークの意義や導入に際し人事労務担当者が意識すべきこと、将来の展望を伺いました。

パワハラ防止法遂に施行!人事労務担当者が今取り組むべき対策と定義を徹底解説

法律・制度

パワハラ防止法が2020年6月から施行されます。(中小企業は2022年4月施行) パワハラを防止するための措置を義務づける法律ですが、違反した場合にはどうなるのか、どういった措置が必要なのかよくわからない方も少なくないようです。 本記事ではパワハラ防止法の概要や必要性、注意点をわかりやすく解説します。 職場を明るく元気なものにするため不可欠なものだということがご理解いただけるかと思います。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください