catch-img

男性の育児休暇取得における企業メリット・デメリット

一般企業や行政をはじめ、政治家や芸能人など分野問わず広がりつつある男性の育児休暇取得。働き方改革や人事戦略としても、期待が寄せられている制度の一つです。

女性の活躍支援が働き方改革の一環として推奨されていることも、同制度が注目を集めるきっかけとなりました。労働現場に女性の力が必要とされるからこそ、男性には家庭を支える行動や積極的な子育て参入が求められるからです。

本記事では男性育児休暇制度の概要をはじめ、企業としての導入メリット・デメリットや他社事例についてご紹介します。ライフサポートに関する制度の充実は採用にも影響してくるため、ぜひ自社の制度導入の参考にしてください。


■育児休業とは

育児休暇というのは、育児に関する休暇全般を示す言葉として使用されています。法律で定められた制度ではなく、企業ごとに条件を決めているケースが多いです。

よく似ている言葉が、法律によって定められた制度の育児休業です。「1歳未満の子供がいる」「雇用保険に加入している」「育休前の2年間に12ヶ月以上働いている(月11日以上)」など一定の条件を満たした方が育児休業給付金を受給できます。

なお正社員だけではなく、パートやアルバイト契約の方でも条件を満たせば申請可能です。


■男性育児休暇の現状

厚生労働省の調査によると、平成30年度の男性育児休業取得率は7.54%でした。同年における女性の取得率が、69.6%だったことを考えると、男性の育児休業取得は、まだまだ低いのが現状です。

日本再興戦略2016には、男性の育児休業取得促進事業(イクメンプロジェクト)として「2020年までに13%の男性育児休業取得率を目指す」という目標が掲げられています。政府としても力を入れている事業の一つということが、お分りいただけるのではないでしょうか。

男性育休に取り組む企業を推進するため、「両立支援助成金」として助成金の支給も進めています。その中でも出生時両立支援コースは男性育児休業制度を推進する企業に対して、育児休業等支援コースは育休復帰プランを作成・実施する中小企業事業主を対象とした制度です。

国も啓蒙や助成金などの行動に取り組むことで、男性の育児休業取得率は年々上昇傾向にはあります。しかし、日本再興戦略2016に掲げた目標を達成するには、まだ時間が必要だと予想されます。


■男性社員の育休制度メリット・デメリットとは?

これから育児休暇取得を検討する男性が増える可能性のある中、企業が同制度を実施する「メリット」「デメリット」は何なのでしょうか。ここでは、導入検討にあたり把握しておいてほしい要素をいくつかご紹介します。


■メリット

まず男性の育児休暇を導入するメリットとして挙げられるのは、「ワーク・ライフ・バランスの両立」「組織生産性向上」「企業イメージの向上」などです。

子育ての時間を会社として確保することで、仕事もプライベートもメリハリをつけることが可能となります。ワーク・ライフ・バランスに重きを置いている方はもちろん、子育てにしっかりと携わりたい方にも喜ばれるはずです。

組織生産性向上については、育児に向き合う時間を確保するために、仕事を効率的に実施する意欲が高まります。一人ひとりの労働生産性が高まることが、結果として組織生産性の向上に繋がるのです。

男性の育児休暇を率先して取り入れている企業がまだまだ少ないため、制度を取り入れているというだけで、「従業員の家族のこともしっかりと考えている企業」というイメージを社内外に抱いてもらえる可能性があります。


■デメリット

デメリットとしては、「風土形成までの負担」「男性育休による社内不満」などが挙げられます

風土形成までの負担とは、本制度に限らず、新しい制度を確立しようとする度に生じます。また男性育休による社内不満については、育休取得者の影響によって「仕事が増える」と言った業務的な面から、「自分が取得出来なかったのに不公平だ」という個人的な内容まで様々です。

育休取得者へのサポートはもちろん、業務を分担する従業員やその管理職に十分な説明を行うなど、チームを包括的にケアしていくことが人事労務担当者には求められます。


■男性育休制度の定着に向けて企業に取り組んでほしい3つのこと

制度を本格導入する場合、人事労務担当者が定着に向けて最初に実践していきたい行動は次の3つです。

1つ目は、「育休制度の周知」です。社内制度として、育休制度があることをイントラネットやポスターなどを通してアピールする必要があります。社員が集まる説明会などで、宣伝するのも一つの方法です。
人によっては、育休制度の対象者は女性のみと認識している場合があります。「男性も取得できる」という点も忘れずに伝えてください。

2つ目は、「補助金等の制度紹介」についてです。企業が独自に実施する育休制度以外にも、男性育休を取得する社員とその企業を応援する制度が国の方で準備されています。
以下は、政府が実施する「給付金」「休暇支援」の一例です。

・給付金
育児休業給付金:育児休業期間に一定の条件を満たすことで給付可能

・休暇支援
パパ・ママ育休プラス:父親と母親の両方が育児休業を取得する際、通常1歳までの育児休業期間が1歳2ヶ月まで延長される

パパ休暇:通常一度しか取得出来ない育児休業を、産後8週間以内に父親が取得していた場合に限り、合計期間が1年間を超えない範囲で再度取得可能

​​​​​​​上記制度を知らない方も少なくはないため、積極的に人事労務担当者から情報を発信していきましょう。

3つ目は、「職場環境の改善」です。仕事への影響を考慮して、育休を取得することに引け目を感じてしまう男性社員が少なくありません。社内で育休取得に向けた啓蒙活動を進めるのと同時に、テレワークや時短に役立つITツールの導入など、業務の効率化を検討していく必要があります。

また仕事が属人化し過ぎているような場合、各部署に対して業務や情報管理を定期的に周知することを意識してみてください。


■男性育休に取り組む企業事例

ここでは、イクメン企業アワード2018に選出された「日本ユニシス」「田辺三菱製薬」を参考に2社が取り組む育児休業対策をご紹介します。

・日本ユニシス株式会社
システムインテグレーターとして日本のICT発展を支えてきた日本ユニシスは、男性育休に対しても精力的に取り組んでいます。同社の男性育児休業取得率は17.6%です。管理職に対して、男性社員が育休を取得する意義やその評価に対する研修を実践し、社内全体で取得を盛り上げる環境を構築しています。

・田辺三菱製薬株式会社
国内大手製薬企業の一つである田辺三菱製薬では、男性社員に対し、配偶者出産時に「プレパパ休暇」、育児休業のうち最初の5日間「イクパパ休暇」を設定しました。育休中にはキャリアアップ支援の一環として、語学やミニMBAなどの学習機会を提供しています。


■まとめ

本記事では、男性社員の育児休暇制度を検討する企業に向けて、制度が注目される背景や各社の取り組み事例などをお話ししました。自社の状況や社員たちからの要望などを加味しながら、男性育休制度採用に向けた検討を進めていきましょう。

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

3

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

4

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

5

安全配慮義務とは?違反しないために企業が取り組むべき必須ポイント徹底解説

「安全配慮義務」という言葉はご存知でしょうか。会社として労働者の命や安全に配慮しなければいけない義務です。 人事総務の担当の方や管理職ならば必須の知識ではありますが、詳しく知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。 知らぬ間に安全配慮義務違反で損害賠償を求められてしまうことにならないために、 ポイントをわかりやすく解説していきます。

関連記事

時季変更権とは?これだけは知っておきたい行使の条件と注意点

健康経営とは

年次有給休暇の取得にまつわる企業の権利と義務に「時季変更権」と「時季指定義務」があります。 時季変更権とは、企業が労働者の有給取時季を変更する権利のことであり、時季指定義務とは、有給取得日を企業が指定する義務のことです。 どちらも、労働者の持つ有給休暇取得の権利が前提にあることに注意が必要です。 この記事では、時季変更権と時季指定義務の概要と、どのような状況において行使できるのか、また行使にあたっての注意点まで解説していきます。

従業員50名以上の事業場に求められる健康労務上の4つの義務について解説

健康経営とは

従業員数が50名を超えた企業には、労働法令によって4つの義務が課せられています。 「そろそろ従業員が50名を超えそうだけど何から手をつければいいんだろう」「労基署から勧告を受けてしまった」。従業員規模の拡大に伴い、企業の人事労務担当者はそんな悩みを抱えている人も少なくありません。 本記事ではそのようなケースにおいて人事労務担当者が知っておくべき健康労務上の義務と手続きについて詳しく解説していきます。

従業員から産休・育休の申し出があったらどうする?

法律・制度

子育てと仕事の両立を目指す女性も多くみられます。ただ、いざ従業員から産休・育休制度の利用について申し出があった場合、どのように対応すればいいのか悩んでしまうケースも少なくありません。申し出があった際にきちんと対処できるよう、企業が行うべき手続きについて、きちんと理解しておくのが肝心です。

心理的安全性を高めてチームの生産性を向上――人事労務ができる4つの行動

ウェルビーイング

「心理的安全性」が高い  状態を企業内に作り出すことは、個人はもちろん、チーム全体がより良い成果を出すために大切なことです。人事労務担当者がこのキーワードを理解し、行動に移すことは、自社の労働環境を高める上で重要となってきます。 本記事では「心理的安全性」という言葉の意味をはじめ、その状態を確保するために意識したい内容をご紹介します。また、心理的安全性が企業や社員に与える 影響についても説明しますので、もし自社の 労働環境に悩んでいる方がいましたら、より良い環境を作るための第一歩として、ぜひご覧ください。

人事として知っておきたい!生産性アップに繋がる従業員エンゲージメント

ウェルビーイング

「従業員エンゲージメント」の向上を通して、生産性アップを目指す動きが活発化しています。しかし、従業員エンゲージメントを向上させるための行動や方法が分からず、手をこまねいている人事労務担当者は少なくありません。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください