catch-img

従業員のメンタルヘルスを改善しよう!産業医の役割や面談のメリットを解説

従業員のメンタルヘルス管理は、企業が今後も生き残るうえで無視することのできない、重要な課題といえます。企業の健康経営を目指すうえで、ポイントとなるのが「産業医との面談」の導入です。ここでは、産業医の主な役割や定期的な面談を実施するメリット、さらに従業員に面談を受けてもらうための対策方法について解説します。


1.そもそも産業医とは


そもそも、産業医とはどのようなものなのでしょうか。産業医は、簡単にいうと企業との契約を交わしたうえで、「従業員の健康管理を行う医師」のことです。従業員が健康かつ快適に仕事を行えるよう、専門的な立場からアドバイス・指導などを行います。なお、従業員数が50人以上の事業所は、産業医を選任することが労働安全衛生法で義務付けられています。事業所の規模によって契約する産業医の人数が変わってくるため、注意が必要です。


従業員数が50人以上3000人以下の事業所であれば「1人」の選任が必要となります。そのうち常時50人以上999人以下の従業員がいる事業所は、非常勤の「嘱託産業医」の選任も可能です。従業員数が1000人以上、もしくは深夜・坑内といった有害な場所で作業している従業員が500人以上いる事業所は、常駐の「専属産業医」を選任するルールが定められています。

従業員数が3001人以上の事業所であれば、「2人以上」の「専属産業医」を選任する必要があります。


事業所の従業員人数

産業医人数
50~3000人


常時50人以上999人以下
1名以上(嘱託産業医も可
常時1000人以上

1名以上(専属産業医)
次に掲げる業務(※)に常時 500 人以上
3001人以上

2名以上(専属産業医)

※労働安全衛生規則第13条第1項第2号 に記載の深夜・坑内といった有害な場所での業務等


2.産業医の3つの主な役割


ここでは産業医の主な役割のうち、「面談」「職場巡視」「衛生委員会への参加」の内容について、詳しく見ていきましょう。


2-1.従業員との面談


産業医の仕事として、まず挙げられるのが「従業員との面談」です。会社で働いていると、心身の疲労やストレスが積み重なる従業員も多くみられ、メンタルからくる体調不良などが大きな問題になっています。少しくらいの体調不良があっても、「問題ない」と自分に言い聞かせて、働き続ける人も少なくありませんが、そのまま無理に働き続けた場合、ある日大きく体調を崩して休職や入院などの事態を招くおそれがあります。


そのため、体調が芳しくないときは、産業医との面談を行うことも大切です。産業医と面談をすることで、病院に足を向けるきっかけを作れたり、話を聞いてもらい精神的な負担が軽くなったりする可能性があります。なお、産業医との面談は「ストレスチェック後」「健康診断後」「長時間労働者がいたとき」などのタイミングで多く行われます。従業員が快適な環境で働けるように、産業医との面談は定期的に実施すると良いでしょう。


産業医面談風景


2-2.職場巡視


毎月1回、あるいは2カ月に1回の「職場巡視」も、産業医の仕事の一つです。職場巡視は、主に「健康な労働者が企業で働くことによって健康状態を損ねないようにする」「病気を持つ労働者が企業で働くことによってその病気を悪化させない」などを目的として行われます。職場環境は常に変化しています。今までは何の問題もなかったのに、わずかな期間で環境が大きく変化してしまうことも少なくありません。このような変化を察知するためにも、職場巡視は非常に重要な仕事となるのです。



2-3.衛生委員会への参加


産業医は「衛生委員会に参加する」のも重要な仕事です。衛生員会では、主に健康管理体制・職場環境の改善・働き方などについての審議が行われます。その衛生委員会において、医学的な見地からアドバイスを行うのが産業医の役割なのです。また、産業医が衛生委員会に参加することによって、職場の実情をより詳しく把握してもらい、従業員に対する適切なケアをしてもらえるというメリットも得られます。


3.産業医との面談を実施するメリット


産業医との面談を実施するメリットには、大きく分けて「従業員の病気リスク低減」「作業効率アップ」の2つが挙げられます。それぞれのメリットについて、チェックしていきましょう。


3-1.従業員の病気になるリスクが軽減する


産業医との面談を定期的に実施すると、「従業員の病気を早期に発見できる可能性が上がる」のがメリットです。病気はいつなるのか、予想できないものです。違和感があるのに放置してしまうと、後々何らかの病気を招いてしまうこともあります。なかでも、うつ病などのメンタルヘルスに関わる病気は、目に見えにくく、本人にも気付かれにくいものです。そのため、気付かないうちにストレスが蓄積し、突然ダウンしてしまうケースもみられます。


産業医との定期的な面談を実施することで、そうした症状を大きな病気につながる前に発見しやすくなるのです。企業にとっても、従業員の病気リスク低減は重要なものとなります。病気などによって突然欠員が生じると、その穴を埋めるために周囲の従業員の負担が増え、新たな問題が起こる可能性もあります。リスクを見逃すと従業員の健康だけではなく、会社の経営に大きな影響をおよぼすおそれがあるため、注意が必要です。こうした負の連鎖を防ぐ意味でも、産業医との定期的な面談が必要といえるでしょう。


3-2.会社全体の作業効率が上がる


定期的な面談によって従業員の不安を取り除くことで、「会社全体の作業効率の向上につなげられる」のも大きなメリットといえます。仕事に対して不安やストレスなどを抱えていると、モチベーションを維持することが難しくなります。すると、仕事でミスが増えたり、作業効率の低下を招いたりする原因につながるのです。


一例として、従業員のなかには、ストレスを抱えていることで周りにつらく当たり、職場の雰囲気を悪くしてしまう人もいます。このようなときに、役立つのが産業医との面談です。不安やストレスの相談先として産業医との面談を設ければ、気持ちが楽になり、仕事に身が入るようになる可能性があります。また、本人の同意を得たうえで面談の情報を企業に提供すれば、職場環境の改善にも生かせます。


やる気のある女性社員


4.従業員に面談を受けてもらうための対策


産業医との面談は、さまざまなメリットがあります。ただ、会社側に情報がもれ、自分の不利益になることをおそれて、産業医との面談を避けてしまう従業員も少なくありません。このような社員には、どのような対処を行えば良いのでしょうか。社員に面談を受けてもらうために、企業ができる工夫について見ていきましょう。


4-1.まずは人事担当者がアプローチする


産業医との面談に先立って、まずは「人事担当者がアプローチ」を行うのが肝心です。従業員に対して「あなたの体調が心配だ」と伝え、面談の必要性を理解してもらう必要があります。しっかりと言葉で相手に訴えかけることで、従業員の心を開きやすくなるでしょう。また、従業員がなぜ産業医との面談を避けているのか、不安に思っている理由を具体的に聞き出すのが大切です。理由としては、会社側に面談結果が伝わることをおそれているケースが多くみられます。


そのため、産業医との面談結果は「人事評価に直接関与しない」ことや、面談結果や健康に関する情報は業務に関わる部分のみを「担当者だけで共有」することを伝え、不安を取り除くと良いでしょう。人事担当者が従業員に対して積極的に働きかけ、産業医との面談につなげる工夫を行うのがポイントとなります。


4-2.安心して面談が受けられる体制をつくる


対策として、「従業員が安心して産業医との面談に臨める体制をつくる」のも重要です。不安要素があると、どうしても面談に尻込みしてしまう人も少なくありません。そのため、「メンタルの不調と付き合いながらでも業務に従事できる」「原則的に個人情報は業務にかかわる部分のみを担当者間だけで取り扱う」という2つの認識を、社内にしっかりと根付かせることが肝要です。


実際に病気になってしまった従業員が復帰した事例などを積み重ねながら、プライバシーの保護に努める体制を、会社を挙げてしっかりと構築していく必要があります。


まとめ


産業医の役割を理解し、定期的な面談を実施することで、従業員の病気リスクの軽減や作業効率アップなど、さまざまなメリットを得られます。産業医の選任をおこない、従業員へのフォロー体制を整えてみてはいかがでしょうか。

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

5

派遣社員は「労働者数50名以上」に含める?産業医の選任のほか、企業の義務とは

社員が健康に働けるようにする健康経営の考え方が進む中で、その実現のために、産業医の配置もまた重要とされています。配置の際の「労働者数50人以上」という条件に対して、派遣社員は含めるのでしょうか。この記事では、労働者数が規定数を超えた場合に発生する企業の義務、また派遣元が派遣社員に実施すべき義務に関して解説していきます。この記事を読めば、自社に見合った健康経営と、産業医の見つけ方に役立てられます。

関連記事

従業員の再休職を防ぐために!適切な復職支援について詳しく解説

従業員の病気

企業にとって、人材はまさに宝。労働者のメンタルヘルスを気にかけることは、経営面でも重要なポイントになりつつあります。ストレス社会と呼ばれる現代ではうつ病などで休職する労働者の数も増えており、再休職を防ぐためにも適切な復職支援の実施が欠かせません。そこで、今回は労働者が休職した場合、どのような流れで復職をサポートすれば良いのかについて詳しく解説していきます。

従業員がメンタルヘルス不調や身体疾患で休職したら―産業医による面談を活用しよう!

従業員の病気

従業員がメンタルヘルス不調や何らかの身体疾患で体調を崩し、休職にいたった場合、企業には適切な対応が求められます。その1つが、産業医による面談です。しかし、どのように面談を実施し、従業員のケアを行っていけばいいのか悩んでいる担当者もいるのではないでしょうか。ここでは、従業員が休職したときの産業医面談の流れと、企業が行っていくべき支援について紹介します。

「うつ病」が疑われる従業員に産業医の面談を行うにはどうすればよいか?

メンタルヘルス

もし、職場内で「うつ病」が疑われる従業員が出た場合、企業の対応は非常に重要となります。産業医がいる場合はしっかりと連携を行い、事業者としてできる限りのフォローをしていくことが大切です。従業員が復職し、再び元気に働いてもらうためにも担当者は対応をしっかりと理解しておきましょう。ここでは、企業の担当者として知っておきたい対応のポイントについて紹介します。

【産業医寄稿】職場と精神科医の連携は休職開始時点から始まっている~実際の症例から~

専門家コラム・インタビュー

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されている。また職場復帰後の再休職や退職率が高いことが知られており、臨床現場と職場の連携が重要視されている。連携には様々な職種が関与し、産業医、主治医、人事労務担当者、関係職場などが絡む。今回は、それらの職種のスタッフが、どのタイミングからの連携が必要かを実際の失敗経験談から述べる。

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

法律・制度

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください