catch-img

【産業医寄稿】事業場内産業保健スタッフ等によるケアは何を行うのか。

平成18年3月に厚生労働省は、働く人の精神的な健康の保持増進のために、4つのケアを上手く機能することが大切であると方針をだしました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも今回は、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」について、お伝えしたいと思います。4つのケアの中でもこのケアに関しては、実際に何を行えばよいかピンと来ずに、実際には何も出来ていない事業場もたくさんあります。具体例を交えて、実際に何を行っていくべきかを説明していきますので、明日からの産業保健活動にぜひ生かしてください。


①事業場内産業保健スタッフ等とはだれか?

そもそも事業場内産業保健スタッフとは、誰のことを指すのでしょうか。イメージしやすい順番に説明したいと思います。

まず産業医です。事業場の規模によって、産業医の数や産業医の雇用形態(常勤、非常勤)も全く異なってきます。つまり、産業医はその事業場の従業員でない場合であっても、メンバーの一員にカウントされます。さらに保健師が社内にいる時は、保健師もメンバーになります。大雑把ですが、産業医や保健師は、医療的な立場から、メンタルヘルス不調を少しでも改善するために意見を述べる役割と考えておいてください。

しかし実際には、小規模の事業場では、産業医も保健師も全くいないことが多々あります。その場合、事業場内にいる従業員が、産業保健スタッフを担当する必要があります。具体的には、事業場内にいる衛生管理者や人事労務スタッフが、事業場内産業保健スタッフの一員となります。

また、事業場内の従業員の中から、「事業場内メンタルヘルス推進担当者」を選任することも有効でしょう。実際は、衛生管理者や人事労務スタッフが兼務していることも多いですが、役割としては、職場のメンタルヘルス対策の企画・実行をしたり、相談窓口になったり、産業医などとの面談の調整を行ったりします。

②事業場内産業保健スタッフ等が行うこと

実際に行うべきことは多岐に渡るのですが、重要であるにも関わらず手薄になりやすいことがあります。それが『職場のメンタルヘルス対策の企画・実行』です。具体的にどのようなことに取り組めばよいか分からないとの声もよくあがるので、具体的に説明していきたいと思います。

・職場の安全衛生・健康面の話し合いの場(衛生委員会)を設ける

・メンタルヘルス不調者について把握すること

・セルフケアやラインケアの研修・教育を行う

・休職者の職場復帰プログラムをつくる

③メンタルヘルス対策をするということ

先ほど、実際に行うべきことを列挙しましたが、1つずつ見ていきましょう。

まず衛生委員会などの、安全衛生や健康面などについて話し合う場を作ることで、現状の問題点を浮き彫りにする必要があります。

さらに、職場としては、メンタルヘルス不調者の人数や休職期限などの把握が必要になります。しかし、個人情報を守る必要があるので、担当窓口を決めて事業場の最新の現状を把握できるようにしておきましょう。

4つのケアを意識した時に、従業員の各個人がセルフケアやラインケアに関して全く知らないことも多く、事業場内産業保健スタッフによって、研修や教育体系を整えるところから始めることもあるでしょう。

さらに、メンタルヘルス不調で休職している従業員が、職場に復職する時のプログラムも必要になります。例えば、主治医の『職場復帰 可』の診断書が出てから、産業医面談を挟み、そこでも『職場復帰 可』であれば、数週間のリハビリ勤務を挟んで復職するなどを決めていきましょう。

④さいごに

メンタルヘルス対策と一言でいっても、多岐にわたり決して片手間ではできません。時間もかかりますし、その都度変更を余儀なくされることもあります。しかし、従業員が財産であることは、どの企業も同じではないでしょうか。その貴重な財産をメンタルヘルス不調で失わないように全力で守って欲しいです。そのためには、事業場内産業保健スタッフの力がとても大きいのです。出来るところからで大丈夫ですので、まずは実際に取り組んでみてください。



井上 智介
井上 智介

島根大学医学部を卒業後、様々な病院で内科・外科・救急・皮膚科など、多岐の分野にわたるプライマリケアを学び2年間の臨床研修を修了する。その後は、精神科医、産業医の役割を中心に活動し、産業医経験は5年以上になる。 産業医としては、毎月複数の企業を訪問し、精神科医や健診医の経験も活かしながら企業の安全衛生の保守や社員の健康障害の防止の活動している。 さらに、全ての国民に医療情報の正しい理解を目標にして、個人ブログやSNSを活用するだけでなく、コラムを担当したり、全国で講演したり、精力的に医療情報の発信を続けている。 保有資格:精神保健指定医、認知症サポート医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医、温泉療法医 ブログURL https://ameblo.jp/tatakau-sangyoi/

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

4

派遣社員は「労働者数50名以上」に含める?産業医の選任のほか、企業の義務とは

社員が健康に働けるようにする健康経営の考え方が進む中で、その実現のために、産業医の配置もまた重要とされています。配置の際の「労働者数50人以上」という条件に対して、派遣社員は含めるのでしょうか。この記事では、労働者数が規定数を超えた場合に発生する企業の義務、また派遣元が派遣社員に実施すべき義務に関して解説していきます。この記事を読めば、自社に見合った健康経営と、産業医の見つけ方に役立てられます。

5

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

関連記事

【産業医寄稿】事業場外資源によるケアの種類と役割を知っておこう

産業医コラム

平成18年3月に厚生労働省は、働く人の精神的な健康の保持増進のために、4つのケアを上手く機能することが大切であると指針をだしました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」・「ラインケア」・「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」・「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は「事業場外資源によるケア」について、お伝えしたいと思います。

【産業医寄稿】ラインケアはどのように行えばいいの?

専門家コラム・インタビュー

厚生労働省が発表している平成30年度の労働安全衛生調査(実態調査)の調べによると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合が、58.0%でした。さらに、精神障害による労災認定件数も、右肩上がりに増え続けている状況です。  「自分の周りは、メンタルヘルス不調と関係のない話だ」と思っていても、いつ、だれがメンタルヘルス不調になるかは、分からない状況であることは分かって下さい。そのために、常に予防する意識は持っておく必要があります。  平成18年3月に厚生労働省は、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、4つのケアを上手く機能することが大切であると示しました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は、管理監督者が行うラインケアについてみていきましょう。

【産業医寄稿】高ストレス者の面談を行う意義とは?

専門家コラム・インタビュー

平成27年12月1日から、ストレスチェック制度が施行されました。これにより、労働者数が50人以上の事業場は、1年に1回の実施が義務になります。そのため、専任や嘱託に限らず産業医の選任義務がある事業場であれば必須になります。 しかし、義務なので、仕方なく制度にのっとって何となくやっているだけの企業があるのも事実です。 今回は、ストレスチェック制度の結果において、高ストレス者と判断された人たちと面談することは、どのような意義があるのか考えていきましょう。

【産業医寄稿】健康診断の後は、産業医から意見を聞いてますか?!

専門家コラム・インタビュー

労働安全衛生法にて、事業所(会社)は従業員に対して健康診断を受けさせる決まりがあります。大半の事業所がそのことを理解しており、定期健康診断であれば従業員は毎年1回必ず健康診断を受ける必要があります。事業所としては、受診率100%を達成するように努力しています。 健康診断が終了した後は、その結果について、医師から勤務の制限が必要かどうかの判断をしてもらう必要があります。さらに、その医師の判断に基づいて事業所が、就業場所の変更や作業内容の変更などの措置を行う必要があります。これを健康診断における事後措置といい、労働安全衛生法に記載されています。しかし、残念なことに、この事後措置まできっちりと守られていないのも事実です。 では、健康診断の事後措置を怠ることでどのような弊害が起こりうるのでしょうか。

【産業医寄稿】あなたはセルフケア出来ていますか?!

専門家コラム・インタビュー

平成18年3月に厚生労働省が、「労働者の心の健康 の保持増進のための指針」(以下、メンタルヘルス指針)を定めました。この中には、働く人の精神的な健康の保持増進のために、4つのケアを上手く機能することが大切であることが述べられています。 4つケアとは、具体的には、「セルフケア」・「ラインケア」・「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」・「事業場外資源によるケア」になります。これだけストレスが過多になった時代なので、誰もがメンタルヘルス不調になる可能性があります。だからこそ、誰もがその予防方法を知って、実践する必要があります。 そこで、自分自身でできるメンタルのケアとして、セルフケアが該当します。ただ、このセルフケアについて、聞いたことがある人がいても、自信を持って「セルフケア出来ています!」と言える人は少ないのではないでしょうか。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください