catch-img

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。


1.新型うつの特徴とうつ病との違い

新型うつとは、現代型うつや、未熟型うつとも呼ばれる、非定型うつグループの一つです。従来の定型うつと決定的に違うところは、学会では病気として認定されていないという点です。新型うつは、人によって症状がさまざまであるというところに特徴があります。そのため、周囲からは、怠けているように見えたり、ただのさぼりに見えてしまったりすることも多いです。しかし、本人としては、何らかの体調不良を感じているため、出勤が難しくなってしまうこともしばしばあります。結果的に、会社としては対応が難しくなり、持て余した状態になってしまうというケースも多く、社会問題として取り上げられることも少なくありません。

新型うつへの対応は、確実なものはないといえます。企業によって状況や方針を考えながら、個別に対処しておくことが重要だといえるでしょう。

1-1.過食や仮眠

従来のうつ病と新型うつの違いをより詳しく見てみると、まず挙げられるのが、食事や睡眠などの三大欲求に関する違いです。従来のうつ病の症状としては、食欲不振、不眠などの睡眠障害がよく見られます。対して、新型うつは食欲が増加することによる過食や、過多な睡眠欲求による過眠がその特徴としてあらわれるといわれています。

1-2.感情が不安定

次に挙げられる違いは、感情の変化が激しいという点です。従来のうつ病は、意欲の低下や抑うつ気分、自分を責めるといった、ネガティブ要素の強い感情を持つことが多いとされています。自分を犠牲にして働き続け、ストレスや疲労を感じながらも無理をした結果うつ症状が出てしまい、さらに自分を責めるといった悪循環が生まれてしまうケースも少なくありません。

一方で新型うつとされるものは、周囲の言動に敏感になり、多罰的で衝動的な言動や思想から、感情のアップダウンが激しくなるといわれています。これは、従来のうつ病と比較して、社会的役割などに対する愛着心が少ないためとされています。自己愛が強く自分中心に考えているため、自分の思想から外れたものに対して強い反発心を覚えるのが、新型うつの一つの特徴といえるでしょう。

1-3.抗うつ剤などの投薬の効果が少ない

もう一つの特徴の違いが、薬による治療の効果に違いがあるという点です。これまでのうつ病においては、投薬と休養で症状が改善することが多いとされています。前述の通り、従来のうつ病に関しては、仕事をし過ぎたことによる過多なストレスや疲労が原因であることが多いです。そのため、休養を取ることで心と体のバランスを図り、うつの症状を改善していきます。この場合、気を付けておきたいのは、責任感が強いがゆえに、部署などを変えるような環境の改善だけではかえって自分を責めることが多くなってしまうということです。しっかりと休養と投薬で症状を改善できるような体制を作っていくことが大切だといえるでしょう。

対して新型うつは、投薬での改善効果は少ないとされています。これは、社会の規範などに対して強いストレスを感じているためと考えられます。それゆえに新型うつの場合、従来のうつ病に反して、環境や場を変えることで症状が改善されることが多いといえるでしょう。

但し、異動先や転職先でうまくいかないと「自分を異動させた人事の判断ミスだ」と感じ、同じことを繰り返してしまう可能性があるため、対応には注意が必要です。

1-4.好きなことをしているときは症状が出ない

もう一点、新型うつの特徴して挙げられるのが、症状が緩和されるタイミングです。従来のうつ病では、しっかりとした治療を行わないと、興味や喜びが少なくなることから、何をしても疲労感や倦怠感といった症状が続いてしまうことも多いです。一方で新型うつの場合、周囲の正当性を認めず、自己愛から自分を守りたいという精神が働くため、嫌な状況から離れることで症状が緩和されるケースがあります。

そのため、たとえば、会社には行けないけれど、自分が行きたいと思った場所には行けるといったような状況も生まれます。やりたくないことはできないけれど、自分の好きなことは元気にできるといったこともあるでしょう。自己中心的な思想が強いことから、自分に見合ったやりがいを感じているときは、その症状が出ないとされています。


2.新型うつになりやすい人の性格的特徴

新型うつになりやすい人の特徴としては、前述の通り、自己愛が強いことがまず挙げられるでしょう。会社や周囲の事情よりも、自分の都合を重視して行動したり発言したりするタイプが多いといえます。また、依存心や自尊心が強く、傷つきやすいことも特徴として挙げられます。仕事に対する責任感は薄く、いかに自分にとってやりがいがあるかを重要視することが多いです。また、自分が周囲に何をしたかはあまり気にせず、周囲が自分に何をしてくれるかを大事にする傾向があるため、思ったことをはっきり口にするなども、特徴として見られます。

この新型うつになりやすい性格の人を、従来の定型的うつになりやすい人をメランコリー親和型と呼ぶのに対して、ディスチミア親和型と呼びます。これまでに挙げたように、二つのタイプにはさまざまな違いがあるといえるでしょう。企業としては、しっかりとタイプを見極めて対処することを心掛けなければなりません。


3.新型うつと思われる社員への対処法

タイプを見極めて対処するとひと口にいっても、新型うつの場合は投薬や休養ではあまり効果がないとされています。新型うつの場合、自己愛が強いタイプが多いので、しっかりと見合った対処をしないと、早期退職されてしまったり、会社に不利益が生じてしまったりしかねません。新型うつと思われる社員がいる場合、会社ではどのような対応をすべきかを説明していきます。

3-1.産業医に相談する

メンタル不調を訴える社員がいたら、まず産業医に相談することを考えておきましょう。メンタル不調の原因としては、新型うつはもちろん、定型うつ病や適応障害、発達障害など、さまざまなケースが考えられます。産業医の知識を交えつつ、当人にとって何が必要かを見極めることが大切です。ただし、気を付けなければならないのは、あくまで産業医は診察や診断はできないということです。セカンドオピニオン的な立ち位置として意見を求めつつ、医師に相談しながら対処法を考えていくのが最善だといえるでしょう。

3-2.説教は逆効果

基本的には新型うつの場合、嫌だと感じることから逃げたいという思想がベースとなっています。そのため、甘えやわがままと決めつけて説教をしてしまうと、自分を否定されたと感じて悪化する可能性もなくはないです。責任感の強要は逆効果だといえます。当人のありのままを受け入れる姿勢でまずは接し、何に対してどう思っているのかを詳しく知ることが対処の第一歩です。そのうえで、信頼関係を築いていくことが重要だといえるでしょう。

3-3.認めてほめる

その原因として、子どもの頃の人格形成に問題があることも多いのが、新型うつです。幼少期の褒められた経験が少ないがゆえ、また、叱られた経験が少ないがゆえに精神的な成長のタイミングを逃してしまったパターンが多いといえるでしょう。企業がここまで面倒を見るべきではないという意見もありますが、叱咤激励よりも肯定的な言葉が有効だといえます。ただし、甘やかすような表現は企業にとって不利益を生じさせる可能性があります。あくまで人材育成という考え方のもと、スモールステップのように小さい成功体験を重ねていくことが大切です。

3-4.一定の距離をとる

感情の起伏が激しいことも、新型うつの特徴として挙げられます。結果的に周囲の社員が振り回されてしまうことも少なくないでしょう。新型うつと思われる社員ばかりに目をとられ、ほかの在籍社員をないがしろにしてしまうことは、もっとも最悪なケースといって過言ではありません。ほかの社員とのバランスを考慮することが大切です。そのためには、一定の心理的距離を保ち、人事労務管理の枠組みで対応するといったある程度強固な姿勢も意識しておきましょう。

3-5.本人に合った業務や職種を検討する

前述の通り、新型うつの場合、環境を変えることで症状が急激に改善されるケースもあります。自分にとって利益があると感じた環境においては、本来のポテンシャルを発揮してくれるでしょう。ただし、定型うつの場合には逆効果になるため注意が必要です。まずは慎重に症状を確認してから、対処することを心掛けましょう。


まとめ

新型うつは、病気ではないとされています。とはいえ、素人判断で対応を進めてしまうと、企業にとって不利益が生じてしまうことも少なくありません。間違った対応をとることで、ほかの社員に悪影響を及ぼしたり、会社としての信頼を失ってしまったりすることもあるでしょう。的確な対処をすることが大切です。メンタルヘルスに強い産業医を探すなら、m3.comの28万人の医師会員基盤があるエムスリーキャリアの産業医紹介サービスを利用してみるのはいかがでしょうか。

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

【産業医寄稿】メンタルヘルス不調のサインかも!部下の様子がおかしい時の適切な対応について解説

産業医コラム

メンタルヘルス不調の従業員を早期に発見し、正しく対応することは、会社にとって非常に大切なこと。なぜなら、従業員が早い段階から治療を受けることで、早い回復が期待でき、本人の社内でのパフォーマンスを出来るだけ早く活かすことができます。また、メンタルヘルス不調の従業員へ正しい対応を行うことは、企業の安全配慮義務でもあります。 特に管理監督者は、「部下からの自発的な相談に対応するよう努めること」や、「個別の配慮が必要と思われる部下には適切な対応を行う必要がある」と、厚生労働省が発表する「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に明確に記載されています。つまり、メンタルヘルス不調の従業員への正しい対応は、上司である管理監督者の業務の一部にあたるのです。 管理監督者だけではなく、人事労務担当者も、メンタルヘルス不調の従業員に関わるケースは多いでしょう。さらには、管理監督者へ正しい対応方法についての教育などを行うこともあります。人事労務担当者こそ、メンタルヘルス不調の従業員への対応について詳しく知っておく必要があります。しかし、現状では、メンタルヘルス不調者に、自信をもって対応できると言える人はまだまだ少数です。今回は、部下がメンタルヘルス不調になってしまった場合に、上司が取るべき正しい対応について説明します。

従業員のメンタルヘルスを改善しよう!産業医の役割や面談のメリットを解説

メンタルヘルス

従業員のメンタルヘルス管理は、企業が今後も生き残るうえで無視することのできない、重要な課題といえます。企業の健康経営を目指すうえで、ポイントとなるのが「産業医との面談」の導入です。ここでは、産業医の主な役割や定期的な面談を実施するメリット、さらに従業員に面談を受けてもらうための対策方法について解説します。

従業員の再休職を防ぐために!適切な復職支援について詳しく解説

従業員の病気

企業にとって、人材はまさに宝。労働者のメンタルヘルスを気にかけることは、経営面でも重要なポイントになりつつあります。ストレス社会と呼ばれる現代ではうつ病などで休職する労働者の数も増えており、再休職を防ぐためにも適切な復職支援の実施が欠かせません。そこで、今回は労働者が休職した場合、どのような流れで復職をサポートすれば良いのかについて詳しく解説していきます。

従業員がメンタルヘルス不調や身体疾患で休職したら―産業医による面談を活用しよう!

従業員の病気

従業員がメンタルヘルス不調や何らかの身体疾患で体調を崩し、休職にいたった場合、企業には適切な対応が求められます。その1つが、産業医による面談です。しかし、どのように面談を実施し、従業員のケアを行っていけばいいのか悩んでいる担当者もいるのではないでしょうか。ここでは、従業員が休職したときの産業医面談の流れと、企業が行っていくべき支援について紹介します。

「うつ病」が疑われる従業員に産業医の面談を行うにはどうすればよいか?

メンタルヘルス

もし、職場内で「うつ病」が疑われる従業員が出た場合、企業の対応は非常に重要となります。産業医がいる場合はしっかりと連携を行い、事業者としてできる限りのフォローをしていくことが大切です。従業員が復職し、再び元気に働いてもらうためにも担当者は対応をしっかりと理解しておきましょう。ここでは、企業の担当者として知っておきたい対応のポイントについて紹介します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください