catch-img

【産業医寄稿】マインドフルネスとは


現役精神科医であり、主にマインドフルネスを研究されている藤井英雄先生に「マインドフルネスを研究されている理由や背景」「マインドフルネスとは」の2本立てで記事をご執筆いただきました!

今回は「マインドフルネスとは」です。ぜひご覧ください。


マインドフルネスとは

私は精神科の臨床医であり、複数の企業にて産業医を務めております。また、マインドフルネスの普及のため情報発信をしております。

マインドフルネスとは「今、ここ」に生きることでネガティブ思考を客観視して手放し、ネガティブ感情を癒す効果がある、とても素晴らしいスキルです。仏教の枠組みの中で座禅や瞑想を通じて伝えられてきたマインドフルネスは、近年、メンタルヘルスへの効果が証明されてFacebookやGoogleなど欧米の大企業の社員研修に採用されており、日本にも入ってまいりました。今では日本でも多くの企業でメンタルヘルスのあたらしい手法としてマインドフルネスは導入されています。


私自身がマインドフルネスに出会ったのは20年以上も前のことです。当時は患者さんのメンタルヘルスに役立てるというよりも、むしろ自分自身が悩んでいるネガティブ思考を改善したかったというのが正直な理由です。


認知(行動)療法では、思考(認知)が原因であり感情はその結果であると考えます。つまり、ある現実をネガティブにとらえれば(認知)、ネガティブ感情となり、ポジティブに考えることができればポジティブな感情となるのです。うつや不安を改善することを目的として行き過ぎたネガティブ思考を修正していきます。


しかしやみくもにポジティブ思考をしてみても「そうはいってもなあ…」という疑いの心が出てきますし、人によっては逆にポジティブ思考すること自体が負担になってむしろ苦しくなることもあります。


そんな時に役に立つのがマインドフルネスです。自分が悲しみや恐れ、イライラなどのネガティブ感情に悩まされている時に、そのネガティブな想いを抱えている自分自身をマインドフルネスで客観視できれば、冷静な視点に立ってほっと一息つくことができます。


治療するほどではないが気分が晴れないというケースや、うつや不安の症状はあるが軽症で緊急性がない場合には、抗うつ剤や抗不安剤の投与の前にマインドフルネスを用いたアプローチをすることで症状が改善することもあり重宝しています。


本格的にマインドフルネスを習得するためには瞑想の修行が必要ですが、簡単なものであれば短時間で実施可能であり、指導も可能です。ただし、指導者がマインドフルネスを体験し、その効果を実感していることが望ましいでしょう。これを機会に産業医のみなさんもマインドフルネスを試してみていただきたいと思います。


「今、ここ」の気づき

マインドフルネスの要点は「今、ここ」の気づきと客観視です。逆に、「今、ここ」で自分が何を考え、感じているかに気付いて客観視できればマインドフルネスです。皆さんの「今、ここ」の気づきは何でしょう?


それはもちろん、「マインドフルネスに関する文章を読んでいること」ですね。そんなことは当然わかっているように思うでしょうが、おそらく皆さんの「今、ここ」の気づきは?と問われるまでは気付いていなかったのではないでしょうか?


同様に、悲しみ、恐れ、怒りなどにとらわれている時にも「今、ここ」の気づきはありません。ハッと我に返ったとき、「ああ、自分は悲しみ(恐れ、怒り)にとらわれていた」と気付けるのです。そしてハッと我に返って気付いた時、ほんの一瞬ですがマインドフルネスの扉が開きます。しかしその気づきはすぐに失われてまたクヨクヨと悩み始めるのです。


その開いた扉を開いたままにしておき、再びネガティブ感情に巻き込まれないためにマインドフルネスの練習が必要なのです。

藤井英雄
藤井英雄

鹿児島大学医学部卒業後、同大学院博士課程を卒業。現在は精神科医として病院で臨床に従事するかたわら、複数の施設で産業医としても勤務している。20年以上にわたりマインドフルネスを研究し、平成20年には「心のトリセツ研究所」をたちあげ執筆活動を中心としてマインドフルネスに関する情報発信をしている。 【主な著書】 怒りにとらわれないマインドフルネス 大和書房 2019 1日1行マインドフルネス日記 自由国民社 2019 マインドフルネスと7つの言葉だけで自己肯定感が高い人になる本 廣済堂出版 2018 1日10秒マインドフルネス  大和書房 2018 ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方 同文館出版2012

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

関連記事

【産業医寄稿】精神科としてマインドフルネスを研究している理由・背景

専門家コラム・インタビュー

現役精神科医であり、主にマインドフルネスを研究されている藤井英雄先生に「マインドフルネスを研究されている理由や背景」「マインドフルネスとは」の2本立てで記事をご執筆いただきました! 今回は「マインドフルネスを研究されている理由や背景」です。 ぜひご覧ください。

【産業医寄稿】職場と精神科医の連携は休職開始時点から始まっている~実際の症例から~

専門家コラム・インタビュー

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されている。また職場復帰後の再休職や退職率が高いことが知られており、臨床現場と職場の連携が重要視されている。連携には様々な職種が関与し、産業医、主治医、人事労務担当者、関係職場などが絡む。今回は、それらの職種のスタッフが、どのタイミングからの連携が必要かを実際の失敗経験談から述べる。

【産業医寄稿】ラインケアはどのように行えばいいの?

専門家コラム・インタビュー

厚生労働省が発表している平成30年度の労働安全衛生調査(実態調査)の調べによると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合が、58.0%でした。さらに、精神障害による労災認定件数も、右肩上がりに増え続けている状況です。  「自分の周りは、メンタルヘルス不調と関係のない話だ」と思っていても、いつ、だれがメンタルヘルス不調になるかは、分からない状況であることは分かって下さい。そのために、常に予防する意識は持っておく必要があります。  平成18年3月に厚生労働省は、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、4つのケアを上手く機能することが大切であると示しました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は、管理監督者が行うラインケアについてみていきましょう。

【産業医寄稿】産業医と主治医の連携、メンタルヘルス不調者の復職で何が必要か

専門家コラム・インタビュー

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されているほか、復帰後にも再休職や退職が多いことが知られています。このため、主治医(主に精神科医や心療内科医)と産業医の連携が重要視されていますが、現実には障害も少なくありません。今回は、産業医と主治医の連携に必要とされていることを考えます。

【産業医寄稿】高ストレス者の面談を行う意義とは?

専門家コラム・インタビュー

平成27年12月1日から、ストレスチェック制度が施行されました。これにより、労働者数が50人以上の事業場は、1年に1回の実施が義務になります。そのため、専任や嘱託に限らず産業医の選任義務がある事業場であれば必須になります。 しかし、義務なので、仕方なく制度にのっとって何となくやっているだけの企業があるのも事実です。 今回は、ストレスチェック制度の結果において、高ストレス者と判断された人たちと面談することは、どのような意義があるのか考えていきましょう。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください