catch-img

【産業医寄稿】メンタルヘルス不調のサインかも!部下の様子がおかしい時の適切な対応について解説

メンタルヘルス不調の従業員を早期に発見し、正しく対応することは、会社にとって非常に大切なこと。なぜなら、従業員が早い段階から治療を受けることで、早い回復が期待でき、本人の社内でのパフォーマンスを出来るだけ早く活かすことができます。また、メンタルヘルス不調の従業員へ正しい対応を行うことは、企業の安全配慮義務でもあります。

特に管理監督者は、「部下からの自発的な相談に対応するよう努めること」や、「個別の配慮が必要と思われる部下には適切な対応を行う必要がある」と、厚生労働省が発表する「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に明確に記載されています。つまり、メンタルヘルス不調の従業員への正しい対応は、上司である管理監督者の業務の一部にあたるのです。

管理監督者だけではなく、人事労務担当者も、メンタルヘルス不調の従業員に関わるケースは多いでしょう。さらには、管理監督者へ正しい対応方法についての教育などを行うこともあります。人事労務担当者こそ、メンタルヘルス不調の従業員への対応について詳しく知っておく必要があります。しかし、現状では、メンタルヘルス不調者に、自信をもって対応できると言える人はまだまだ少数です。今回は、部下がメンタルヘルス不調になってしまった場合に、上司が取るべき正しい対応について説明します。


①「最近、眠れている?」など、まずは健康状態をたずねてみよう


管理監督者は部下のメンタルヘルス不調を疑うサインにいち早く気づくことが大切です。そのサインとは、以前に比べて服装が乱れている、遅刻・早退や欠席が多い、仕事の能率が落ちていて明らかにミスが増えている、などが当てはまります。

上司は、これらのサインに気づいたらできるだけ早く部下に声をかけることが望ましいですが、「悩みを聞く以上、上司として悩みを解決しなければいけない」と、重荷に感じてしまう人もいます。しかし、必要なのは本人から情報収集を行うことであり、まずは「聴くこと」に専念すれば十分です。例えば、仕事の進み具合やパフォーマンスだけではなく、「よく眠れている?」や「食欲はあるの?」など、一般的な健康状態を確認してください。

確認し、それでも本人の状態が心配であれば、素直にその気持ちを伝えましょう。自分に対応できないと感じた場合には、正直に自分だけではどのような対応が最適か分からないことも伝え、人事労務担当者や産業医に相談することの了承を得ましょう。一人で悩む必要はまったくなく、みんなで一緒に解決したい姿勢を伝えることが大切です。



②「頑張ろう」「なんとかなる」は、絶対に言ってはダメ!


メンタルヘルス不調が疑われる部下から話を聞く時に、言ってはいけないことが2つあります。

1つ目に、「頑張ろう」と励ます言葉を使わないこと。この時点で部下がうつ状態である場合、本人は、これ以上は無理というところまで精一杯、努力しているが、どうすればいいか分からない状態です。ギリギリまで頑張って、切羽詰まっているところに、さらに上司から「頑張ろう」と言われてしまうと、もうこれ以上、自分にはどうすることも出来ないという絶望的な気持ちになり、さらに追い詰められてしまう可能性があるからです。

2つ目に、「まあ、なんとかなるよ」などの根拠のないその場しのぎの言葉を部下に伝えてはいけません。このような言葉をかけられると、部下としては、上司に見放されたと感じ、強い孤独感によって追い詰められた気持ちになっていくのです。本人以外からすれば些細なことに感じることもあるかもしれませんが、本人にとっては深刻な問題だということを今一度、十分に理解して対応しましょう。



③休職中の部下への対応はメールで


メンタルヘルス不調により休職になった部下とのやり取りは、社内で担当者を決め窓口を一本化して行いましょう。休職中の様子は、月1回ほどの頻度で確認するのが望ましいです。メンタルヘルス不調者にとっては、電話でのやり取りが重荷になってしまうことは十分にあります。できるだけ、メールや書面での連絡を行うようにしてください。

また、窓口となる担当者が直属の上司だと、どうしても仕事のことが頭をよぎってしまい、療養の妨げとなる可能性があるため、できるだけ人事労務担当者が窓口になるのがベストです。


メンタルヘルス不調は、決して右肩上がりには回復していかず、一時的に回復の兆しが見えても、再び不調になるなど、復職に至るまで時間がかかります。この特徴を知らなければ、回復にじれったさを感じることもあるかもしません。しかし、「先週と比べて、また体調悪くなっている?」や「いつ復職できるの?」など、本人が焦るような内容は絶対に言わないようにして下さい。会社は、主治医から復職可能の診断が出るまで、じっと待つことが必要です。それまで、担当者は本人の休職中の不安を少しでも解消できるように、傷病手当金の制度や就業規則(復職の手順や、休職の最長期限など)を伝えておきましょう。



④復職してからのケアも大切に


就業可能な状態までに病状が回復すると、主治医から職場復帰可能の診断書が作成され、本人の職場復帰に向けた取り組みを開始できるようになります。しかし実際には、定められた休職の期間満了が迫っていることや経済的な理由で、本当は状態が不安定であるにも関わらず、本人が、主治医に強くお願いする形で診断書が作られていることもあります。そのため復職が可能な状態かどうかの判断には、産業医の意見も取り入れた方がベストです。


主治医・産業医から職場復帰が可能と診断されたら、まず、管理監督者は、本人の病状をどこまで周囲に知らせるかを決めましょう。復職後しばらくは、以前と同じように働くことは難しい状態であることがほとんどのため、同僚など周囲の人から業務上の配慮が必要になるケースが多くあります。周囲が協力しやすい環境を作るためには、状況や理由を上司から説明すること不可欠です。そのため、復職が決まった際には、自分の病状を誰に、どこまで伝えるか、なぜ伝えるのか、などを本人と事前に話し合い、了解を得ておく必要があります。


復職したての時期は週1回程度、管理監督者は本人と面談を行い、病状や健康状態などを確認してください。この時のコミュニケーションとして、意識してほしい3つのポイントがあります。


1.まずは目の前のことから始めよう

「いま、何が出来たら十分なのか」を具体的に本人に伝えましょう。今は、目の前のことにひとつずつ取り組むことで、成功体験を実感してもらうことが目的です。たとえば、「とりあえず今は、決まった時間に会社に来られることだけを目標にしてみよう」などを伝えてください。

これはスモールステップ法と呼ばれる理論に基づいており、長期の目標ではなく、目先の目標を少しずつクリアしていくことで本人に自信をつける方法です。あせらず、本人にできることをひとつずつ増やし、確認していくお手伝いをしていきましょう。


2.「一緒に」やっていこう

職場復帰したての社員にとって、社内は必ずしも居心地がいい場所であるとは限りません。長期間、職場から離れていたことで、本人は孤独を感じていることもあります。中には、腫れ物に触るような扱いをする従業員もいるでしょう。

このような時、管理監督者が「一緒に、少しずつやっていこう」と何度も声をかけることが、本人の孤独感を解消させる手助けになります。自分がついているよ、という安心感を与えることが大切です。


3.否定はNG。共感し、安心感につなげる

復職した人の多くは、「うまく仕事を続けられるかな……」「周りに迷惑をかけて申し訳ない……」など、多くの不安や心配を抱えています。管理監督者は、本人がこのようなネガティブな気持ちを吐き出しやすい環境を作る必要があります。本人から不安な気持ちを伝えられたときは、その不安を決して否定することなく、「その気持ちわかるよ」と共感してあげることで、「何もできなくても、あなたは職場にいてもいい」という安心感につなげてください。



⑤さいごに


管理監督者は、メンタルヘルス不調者の対応の他にも様々な業務があり、毎日を忙しく過ごしていることでしょう。そのため、効率よく本人の勤務情報を収集する必要があります。病状や仕事の進捗状況を共有するテンプレートを作成して本人に記入してもらい、確認するというやり方もおすすめです。

メンタルヘルス不調は病状に波があり、数時間から一日単位でも状況が変動することがあるのが普通です。これは、他の疾患とやや違うところかもしれません。

メンタルヘルス不調には特別な対応を、とむやみに身構える必要はありません。体調が優れない同僚や部下、家族に対して、いつもあなたがどのように接しているのかを思い出してください。自然ににじみ出る姿勢を大切にしてくださいね。



井上 智介
井上 智介

島根大学医学部を卒業後、様々な病院で内科・外科・救急・皮膚科など、多岐の分野にわたるプライマリケアを学び2年間の臨床研修を修了する。その後は、精神科医、産業医の役割を中心に活動し、産業医経験は5年以上になる。 産業医としては、毎月複数の企業を訪問し、精神科医や健診医の経験も活かしながら企業の安全衛生の保守や社員の健康障害の防止の活動している。 さらに、全ての国民に医療情報の正しい理解を目標にして、個人ブログやSNSを活用するだけでなく、コラムを担当したり、全国で講演したり、精力的に医療情報の発信を続けている。 保有資格:精神保健指定医、認知症サポート医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医、温泉療法医 ブログURL https://ameblo.jp/tatakau-sangyoi/

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

3

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

4

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

5

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

関連記事

【産業医寄稿】職場と精神科医の連携は休職開始時点から始まっている~実際の症例から~

専門家コラム・インタビュー

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されている。また職場復帰後の再休職や退職率が高いことが知られており、臨床現場と職場の連携が重要視されている。連携には様々な職種が関与し、産業医、主治医、人事労務担当者、関係職場などが絡む。今回は、それらの職種のスタッフが、どのタイミングからの連携が必要かを実際の失敗経験談から述べる。

【人事担当者必見】休職に必要な手続きと対策とは?うつ病時の手当から復職対応まで

健康管理

長時間労働にパワハラ、サービス残業…。ブラック企業という言葉をよく耳にする日本では、精神疾患の患者数も増加傾向にあります。うつ病を患い、休職制度を利用する会社員も少なくありません。本記事では、従業員がうつ病で休職する際に人事労務が知っておくべきこと、必要な手続き、復職までの流れなどを解説します。

【社労士監修】労災とは?人事労務担当者が知っておくべき基礎知識と対応方法

従業員の病気

労働災害(労災)は労働者にも会社にも深刻な影響を及ぼします。 人事労務担当者として、絶対に間違ってはいけないことがいくつもあります。 ところが、間違った知識が蔓延っているようにも見受けられます。 人事労務担当者として確実にその業務を果たせるよう、本記事で正確な知識を身につけてお役立ていただければと思います。

【産業医監修】職場における熱中症対策どうする?マスク着用で高まるリスクとは

専門家コラム・インタビュー

梅雨が明け7月になると、気温・湿度ともに夏本番となって行きます。暑い中の労働は疲労がたまるだけでなく、熱中症リスクも高めてしまいます。 ここでは、熱中症リスクを下げ、安全に働くための対策について説明します。 また、コロナウイルス対策で、マスク着用も必須な環境では、いつも以上に注意が必要です。 コロナ禍での熱中症対策についても本記事で詳しく解説していきます。

従業員のメンタルヘルスを改善しよう!産業医の役割や面談のメリットを解説

メンタルヘルス

従業員のメンタルヘルス管理は、企業が今後も生き残るうえで無視することのできない、重要な課題といえます。企業の健康経営を目指すうえで、ポイントとなるのが「産業医との面談」の導入です。ここでは、産業医の主な役割や定期的な面談を実施するメリット、さらに従業員に面談を受けてもらうための対策方法について解説します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください