産業医を選任する意味とは?ウェルビーイング経営を支える産業医の選び方

働き方改革によって産業医に対する注目はより一層高まっています。しかし、産業医を選任することにどんな意味があるのか、しっかりと細部まで理解している企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士は少ないのではないでしょうか。この記事では、企業にとって産業医を選任することの意味や、よい産業医の選び方を紹介していきます。

産業医の選任とは?

産業医とは、企業において従業員が健康で安全な作業環境のもとで仕事が行えるように、専門性を持って指導や助言を行う役割の医師のことです。いわゆる病院に勤めているような医師のように、従業員に対して診断や薬を処方するなどの処置は行いません。企業に常勤、または非常勤で従業員に対して面談による健康指導を行ったり、必要であれば外部の医療機関を紹介したりするのが主な役割です。また、厚生労働省が定めているいくつかの要件を一つ以上クリアしている医師でなければ、産業医になることはできません。

労働安全衛生法により、50人以上従業員がいる事業場では、かならず産業医の選任をしなければなりません。ここでいう事業場とは、企業全体を指すものではないことがポイントです。支社や営業所、または店舗や工場のように、同じ場所において相互的に関連する、組織的な作業をできる場所ごとの単位です。さらに、業種によって条件は異なりますが、従業員の人数が500人または1000人以上になった場合は、専属の産業医を選任しなければなりません。

これほどまでに産業医の重要性が説かれるようになったのは、働き方改革が背景にあります。従業員の勤務形態やワークライフバランスの見直しがされる中で、企業に従事する人のストレスや負担もさらに細分化され、それぞれにおいて解消する必要がでています。もはや肉体的な負担のみならず、精神的な負担も増えており、企業はそれに柔軟に対応しなくてはなりません。そのような社会環境の中で、その重要性が再度説かれることになったのが、産業医の役割です。いまや健康的な指導のみならず、課題解決力に優れたマネジメント能力の高い、より優秀な産業医が求められています。

産業医を選任する意味とは?

産業医の選任は、単に法令で義務付けられているからということに限りません。企業の経営にとっても重要な意味があります。それらの意味を詳細に紹介していきます。

「人材」こそが企業価値の源泉

ヒト・モノ・カネと従来呼ばれてきたように、どのような企業においても、経営資源や企業価値は、従業員の働きによって生み出されるものです。経営者にとって、企業価値の源泉である従業員の健康維持について考えることは、重要課題の一つといっても過言ではありません。産業医の仕組みは、従業員が健康を保ちながら安心して働ける職場環境をつくる、産業保健の一環としてあるものです。ゆえに、産業保健は、企業を発展させる重大な基盤といえるでしょう。

従業員の健康を支えるウェルビーイング

高い企業価値を生み出すには、従業員の生産性向上が重要です。しかし、その環境を作り出すには、従業員の肉体的な健康を目指すだけでは足らず、精神的にも健康であることが大切です。日本WHO協会が定めるには、健康とは「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」とされています。このような健康に対する概念や考え方を、ウェルビーイング(well-being)といいます。経営面や人事面でこの概念が使われる場合、社会的にも健康であるという状態とは、高いモチベーションであることや、良好な人間関係が構築できている状態のことになります。

労働環境の変化や、ひとりひとりの働き方に対する考え方の変化にともなって、ウェルビーイング経営、つまり健康経営が注目を集めています。ウェルビーイング経営のためには、経営者が高水準のコミュニケーションで産業医と連携することが必要です。

働き方改革と産業医

労働環境の改善を目指す働き方改革では、産業医の機能を強化することが求められています。企業は、従業員が安心して健康相談を受けられる環境づくりを、産業医とともに行っていかなければなりません。産業医が従業員の健康管理を適切に行うためには、必要な情報を企業が提供することはもちろん、従業員と産業医との間の風通しをよくしておく必要があります。従業員の労働時間や日数を日頃から把握し、長時間労働者などにはしっかりと対応しましょう。場合によっては、産業医と相談して従業員を休職させるなどの対処も必要です。

しっかりとした健康管理は、当然人材という企業の資源を守ることができるほか、企業イメージや信頼を守ることにもつながります。ずさんな健康管理をしていると、悪評が広がってしまうことも十分考えられます。特に社会において働くということに対する考え方が変わっている中では、産業医選任による企業の保護は非常に重要です。



産業医の選び方

高い企業価値を創出するための基盤の一つとして、より質の高い産業医を選ぶ方法を紹介していきます。

よい産業医とは何か

産業医に期待するものは、当然企業の規模や考え方によって異なるので、一概にはいえません。結果として、どのような産業医がよい産業医なのかも、これだと定めることは難しいでしょう。そのうえで、もっとも大切なことは、企業の経営理念や方針に沿って活動してくれる産業医を選ぶことです。特にどんなところに力を入れて欲しいのか、どういった方向に向かいたいのかなどを自社の特色などから考えて、それに見合った人材を選ぶことが大切です。

たとえば、肉体的な病気やケガだけでなく精神面のケアを重視して欲しい、などのような方針が考えられるでしょう。もはや、産業医に求められる役割は一つの方面とは限りません。企業の従業員数が増えれば増えるほど、産業医一人当たりの負担も増えていきます。企業と上手くコミュニケーションを取りながら、広い視野で従業員を包括的に健康指導できる能力なども求められるでしょう。

自社にとってよい産業医と出会うには

産業医は専門的な職業であるため、企業側にも当然ある程度の専門知識が求められます。産業医を探す方法としては、事業場のある市町村などの地域の医師会に相談して、産業医を紹介してもらえるケースもあります。しかし、自社により適した産業医を選任するには、専門知識のあるコンサルタントなどに相談するのも一つの手です。医師や産業医に特化して扱っている人材紹介サービスを利用すれば、なお自社に見合った産業医と出会う確率は高くなるでしょう。さらに、どのような産業医を求めているか、要望をヒアリングしてくれるサービスも中にはあります。

産業医選任のコストを抑えるには

産業医は単なるコストとして考えるべきではありませんが、継続的なコストがかかるのも事実です。コストを下げる方法としては、産業医と直接契約するのではなく、顧問契約にする方法も考えられます。顧問契約であれば、直接契約に比べてコストがかからないというメリットが生まれます。ただし、顧問契約では、間に企業を挟むので、自社の方針に沿った産業医の運用ができにくくなってしまうという点には注意が必要です。

産業医を選ぶなら産業医紹介サービスの「エムスリーキャリア」

より質の高い産業医を選ぶなら、産業医紹介サービスの「エムスリーキャリア」を選ぶのも一つの手です。エムスリーキャリアは、2019年現在において、登録者数が実に28万人以上にものぼる医師基盤をもつ産業医紹介サービスです。多種多様な専門性や年齢の医師が登録しているため、よりさまざまなケースに対応することができます。幅広い地域で産業医を紹介することができ、また、企業からのニーズが高い精神科の領域に強い産業医も多数登録しているのも一つの特徴です。

契約方式にも特徴があり、産業医との直接契約を行う方法以外にも、顧問契約や、必要なタイミングだけで業務を依頼できるスポットサービスも利用することができます。さらに、顧問形式での契約であれば、産業医の選任が決定するまでは費用はかかりません。もし自社に見合った契約プランが分からない場合には、無料で相談することもできます。見積もりなどの初期費用もかかることはないので、特に初めて産業医を選任する場合には有効なサービスです。

産業医は選任して終わりではありません。産業医自身へのフォローも非常に大切な要素です。エムスリーキャリアであれば、産業保健周りの継続的なサポートを受けることができたり、産業医の窓口として業務を調整してくれたりすることで、安定した健康指導を受けることができます。

よい産業医を選任して企業価値の向上につなげよう

産業医の選任には、ウェルビーイング経営を支え企業価値の向上につながる重要な意味合いがあります。そのため、企業にとってはいかに自社に見合った産業医と出会えるかが重要です。より質の高い産業医と出会うためには、企業が産業医に求める要望をヒアリングしてくれるエムスリーキャリアに相談してみてはいかがでしょうか。


人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

関連記事

【産業医寄稿】ラインケアはどのように行えばいいの?

産業医コラム

厚生労働省が発表している平成30年度の労働安全衛生調査(実態調査)の調べによると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合が、58.0%でした。さらに、精神障害による労災認定件数も、右肩上がりに増え続けている状況です。  「自分の周りは、メンタルヘルス不調と関係のない話だ」と思っていても、いつ、だれがメンタルヘルス不調になるかは、分からない状況であることは分かって下さい。そのために、常に予防する意識は持っておく必要があります。  平成18年3月に厚生労働省は、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、4つのケアを上手く機能することが大切であると示しました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は、管理監督者が行うラインケアについてみていきましょう。

院長の産業医兼任が禁止に いま医療機関が検討すべき選任方法とは

産業医選びのための知識

近年、産業医にはメンタルヘルス対策などへの貢献がますます求められています。 これまで法人代表者などが自らの事業場で産業医を兼務することがありましたが2017年より禁止されました。 今後、産業医とどのような関係性を築いていくのがよいか?産業医顧問サービス担当の菅野隼人氏にお話を伺いました。

ウェルビーイングの意味とは?ウェルビーイング経営の意義と実践法

健康経営とは

ウェルビーイングの意味とは「自身も周囲の環境も『良好な状態』にある」という概念のことです。近年、健康経営が意識される中でウェルビーイングをキーワードにした企業が増えてきたように感じます。ここでは、ウェルビーイング経営について紹介していきます。

自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート

産業医選びのための知識

いざ産業医が必要になった時にどうしていいのか分からず慌てることのないよう、事前に方法を知っておくと安心です。 この記事では、自社に合った産業医をスムーズに探すための4つの方法をご紹介します。

どこから手をつけたらいい?健康経営導入の流れと成功のポイント

健康経営とは

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、企業の戦略として取り組むことを指します。また、政府が行う「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。労働力不足や長時間労働などが社会問題となっている中で、健康経営は問題改善が期待できる経営手法として注目されています。ここでは、健康経営導入の流れと、成功させるために押さえておきたいポイントを説明していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください