従業員の五月病対策。ぜひゴールデンウイーク前に確認を!

5月の連休が明けたころになると、それまで頑張っていた糸が切れたかのように体調を崩す従業員が出てきます。何だか気持ちが暗い、眠れない、やる気が出ない、仕事に集中できない…。それは、「五月病」になっているのかもしれません。
この記事では、五月病とは何かや、人事・労務部でできる従業員の五月病対策について説明します。

五月病とは何か

五月病とは、ゴールデンウイーク明けぐらいから「何かやる気が出ない…」、「眠れない…」などの心身の不調が生じた状態です。従業員の中でも特に新入社員が五月病になりやすいと言われています。これからの季節は、以下のような症状の従業員がいないかに注意を向け、早めの対策をオススメします。

五月病の自覚症状

  • 何だか気持ちが落ち込んでいる
  • なかなか寝付けない/布団から出られない
  • 食欲がない
  • 集中力が低下している

五月病の他覚症状(他人の目から分かる症状)

  • 顔色が悪い
  • 遅刻がちになった
  • 仕事に集中できていない

どうして五月病になるのか

引っ越しや初めての仕事ということもあって、4月の間は多少無理してでも頑張ります。その緊張の糸が5月のゴールデンウイークで切れてしまい、それまで無理していた分の疲労が一気にのしかかってきて、五月病になってしまうのです。

特に真面目な人や、入社を目標に頑張っていたけど入社後に目標を見失った人が五月病に陥りやすいです。ただし、五月病になるのは新入社員だけではありません。4月に初めて後輩を抱えた先輩社員も、「自分がしたかった仕事はこれでよかったのかな…」と改めて自分の状況を振り返って五月病に陥るということがあります。

五月病になる原因(一例)

(1)こだわりすぎてしまう

俗にいう「完璧主義」の方に多い原因です。完璧な状態を求めるあまり、少しでも自分の考え方に合わなかったり、いい加減に仕事を進める人がいると、それを許容することできず、結果的に大きなストレスを抱えてしまい五月病になってしまいます。

(2)目標を達成した途端、次の目標を見失ってしまう

受験や入社など大きな目標を達成したことで燃え尽きてしまい、次の目標を見つけられず無気力になってしまう状態です。新社会人に限らず、大きな仕事を成し遂げた中堅層であっても五月病になってしまうことがあります。

(3)新しい環境になじめない

入社や転職、異動した先での環境がストレスになるパターンです。業務量が多い、仕事の内容が合わない、思うように自分のキャリアが活かせずギャップを感じる…など様々な要因がストレスにつながります。転勤に伴う引っ越しや単身赴任などによって生じるストレスもこれにあたります。
特に社会人の場合は、学生に比べて環境が変わる頻度も影響度合いも大きいので、五月病にかかりやすい傾向にあります。

(4)新しい人間関係にうまく溶け込めない

3と同じく、新しい配属先や転職先での人間関係をうまく築けないことでストレスを感じ、それが原因となって五月病につながるケースです。すでに出来上がっている人間関係にうまく溶け込めない、新しい環境の雰囲気に馴染めない、上司や同僚に相談しづらい、などの要因が挙げられます。

こんな人は五月病に要注意!

五月病は誰でもなりうる可能性があります。先述したとおり、五月病に陥りやすい人の特徴には真面目な人や、目標を達成したことで燃え尽きてしまった人などが挙げられますが、一貫して「心身の疲れやストレスを溜め込んでしまう」傾向があります。
一般に、このような傾向の人は五月病のような適応障害だけでなく、うつ病にもなりやすいとされているので注意が必要です。

上記に挙げた特徴の他に、五月病に陥りやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか?代表的なものを一覧にまとめてみました。

  • 真面目で責任感が強い
  • 他者に協力を求めず、一人で抱え込んでしまう
  • 周囲を意識するあまり、空気を読みすぎてしまう
  • 自分の気持ちを上手く伝えられず、溜め込んでしまう
  • 仕事が忙しく休みが取れない
  • 休みの日にしっかり休息をとらずに出かけてばかりいる
  • 環境が大きく変わったが周囲にうまくなじめない
  • SNSやスマートフォンで他者とコミュニケーションばかりしている

SNSなどですぐに他者と繋がれてしまう現代においては、便利な半面、それが窮屈に思えてストレスに繋がってしまうこともあるようです。ストレスにさらされやすい時代だからこそ、より意識して心身の疲れやストレスを発散できるよう心掛けましょう。

あなたは大丈夫?五月病セルフチェックをしてみよう!

ここまで読んでいただいて「もしかしたら自分も五月病かも...」と思った方も「多分自分は大丈夫そうだな」と思った方も、一度セルフチェックをしてみましょう。自分は大丈夫と思っている方が意外とあてはまる項目が多いかもしれません。

五月病チェックリスト

最近1週間の症状であてはまるものを選んでください。

1
いつもなんとなくイライラしている
2
人と話したり関わったりするのが面倒くさく感じる
3
朝起きたときぐったりとした疲れを感じる
4
集中力がなくなり、仕事や勉強が手に付かない
5
通勤電車に乗るのが苦痛に感じられる
6
歯磨きや整髪、身だしなみを気にしなくなった
7
自分の不注意によるケアレスミスが多くなった
8
以前に比べて疲れやすくなった
9
他人が自分のことを軽視しているように思える
10
自分の好きなことや趣味をやる気になれない


6個以上当てはまった方は五月病の可能性があります。
次の「五月病への効果的な対策」を読んでセルフケアしたり、専門の医療機関や医師に診てもらうようにしましょう。
※このチェックリストは医学的に確定診断するものではないので、あくまでも、自分の今の状態を確認するためにご利用ください。

五月病への効果的な対策

五月病に効果があると考えられる対策は以下の通りです。

①自分で実践できる五月病対策を従業員に知らせる

五月病対策では規則正しい生活を送ることが非常に有効と言われています。

(1)運動を生活に取り入れる

地下鉄やバス停1駅分歩く、日頃からエレベーターを使わないといった意識的な行動が大切です。

(2)適切な就眠・起床時間を守る

特に午後10時から午前2時は成長ホルモンが分泌されます。大人なので成長ホルモンは関係ないと考えがちですが、成長ホルモンは疲労回復にも関わっています。

(3)起床したら朝の日光を浴びる

日光を浴びることで、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌がストップして頭がしゃっきりします。また同時に、幸せホルモン「セロトニン」が分泌され、「今日も一日やるぞ!」という気分になれます。

(4)セロトニンを増やす食生活を心がける

以下のような食生活をすると、セロトニンが分泌されやすいと言われています。

  • バナナと牛乳を組み合わせた食事(バナナと牛乳を一緒に食べるだけでも十分です)
  • よく噛んで食べる
  • みんなで楽しく会話しながら食べる

②上司・先輩などの縦のつながりによるフォローを充実させる

4月は仕事に慣れるだけで手いっぱいなので、新入社員の中には上司や先輩に自分の悩みを話せるほど打ち解けていない人もいると思います。そのため、上司・先輩の方からサポートの手を伸ばすことも、特に新入社員の五月病対策には有効であると考えられます。

上司・先輩社員に求められるフォローとしては、具体的には以下のようなものがあげられます。

(1)「一緒に帰ろうよ」

特に残業が多い職場でオススメしたいのは、「一緒に帰ろうよ」と声をかけることです。他の人が働いていると、新入社員はつい無理して働いてしまいます。その結果、さらに疲労感が高まってしまうという悪循環に陥りがちです。その悪循環を断つため、上司から率先して一緒に帰ることで早期帰宅・さらには早期就眠が狙えます。また、「最近どう?」と悩みを聴くチャンスもできます。

(2)真面目な新入社員には特に注意

特に真面目な人に多いのですが、本当は疲れているのに無理して頑張り続けているということがあります。真面目な新入社員には「大丈夫?家でちゃんと休めている?」など、意識して声をかけてあげるとよいでしょう。そうすることで、「実はまだ引っ越しの荷物が片付いていなくて…」など日頃の悩みを聴け、新入社員にとって良いガス抜きになります。

(3)入社2年目の先輩社員も頑張りすぎている危険性

入社2年目の先輩社員にも、仕事プラス新入社員のお世話でオーバーワークしている人もいるかもしれません。そんな人には、「いつも後輩へのフォローをありがとう、大変じゃない?」と話しかけ、悩みを吐き出せるようにしてあげましょう。

③悩み相談部署の周知徹底

新入社員の中には慣れるのに時間がかかる人もいるでしょう。また上司や先輩に対して悩みを抱えていることもあります。そんな場合に備えて、人事部や産業医という悩み相談専門部署があることを周知徹底することも十分なサポートとなるでしょう。

五月病へのNGな対策

ストレス発散のために行われている行動の中には、実は誤っているものもあります。
「不適切なストレス発散は体調を崩す元です」と従業員に知らせることも、五月病対策の1つです。NGなストレス対策には以下のものがあります。

①遊びすぎる

遊ぶこと自体はいいことです。でも、就寝・起床時間を守るようにしないと、かえって疲れが体にたまってしまいます。

②甘い物を食べすぎる

甘い物の食べ過ぎは一時的に血糖値を上げるだけであり、その場しのぎのリラックスにしかなりません。もし、甘い物を食べて自分を甘やかしたいことがある場合、いっそデパチカや有名ケーキ店の美味しいケーキ1点に絞って贅沢をする方が幸福感を期待できます。

③暴飲暴食

ストレスを発散させるため、やけ食いまたはやけ酒をしてしまうという人もいると思います。でも、たくさん食べたり、大量のお酒を飲んだりすることは胃腸に負担をかけ、内蔵疲労を引き起こしてしまいます。

④寝すぎる

実は寝すぎもNGです。寝すぎてしまうと体のリズムが崩れてしまったり、睡眠の質自体が落ちてしまうためです。

まとめ

4月に頑張ってきた緊張がゆるんでしまったときになる五月病。従業員の五月病対策には、①規則正しい生活習慣、②上司・先輩からの縦のフォロー、③悩み相談部署の周知徹底の3つが非常に大切です。

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

関連記事

低気圧で体調不良になりがちな梅雨 職場環境を改善して労働効率アップ

従業員の病気

暑かったり寒かったり、あるいはジメジメした天候が続く梅雨時は体調を崩しやすいものです。 イライラしたりやる気が出なかったりして仕事の能率も下がりがち。 こうした症状を指す「気象病」という言葉も定着してきました。 その原因の多くは自律神経の乱れにあります。 規則正しい生活やバランスのとれた食事、適度な運動を心がけることが大切ですが、職場環境を見直すだけで症状を和らげることも可能です。 ポイントは温度と湿度のコントロール。 職場の温度と湿度に目配りして、生産性アップにつなげましょう。

睡眠障害に悩む社員がいるときはどうすればいい?企業ができる対策とは?

従業員の病気

「ストレス社会」とも呼ばれる世の中で、不眠症などの睡眠障害を抱える人が増えてきています。会社で睡眠障害を抱える社員がいることでパフォーマンスも悪くなるため、あまり好ましくない状況です。本人がつらいのはもちろんのこと、会社にとってもデメリットが多いのが睡眠障害だといえるでしょう。そこで、今回は、睡眠障害に悩む社員のために企業ができることを紹介していきます。

【産業医寄稿】職場と精神科医の連携は休職開始時点から始まっている~実際の症例から~

産業医コラム

メンタルヘルス不調で休職した労働者の職場復帰がスムーズに進まないといった現状が指摘されている。また職場復帰後の再休職や退職率が高いことが知られており、臨床現場と職場の連携が重要視されている。連携には様々な職種が関与し、産業医、主治医、人事労務担当者、関係職場などが絡む。今回は、それらの職種のスタッフが、どのタイミングからの連携が必要かを実際の失敗経験談から述べる。

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従業員の病気

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”【連載vol.1】

生産性向上

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください