catch-img

労働安全衛生法とは?産業医を選任する企業が知っておくべきポイント

労働力不足解消やワークライフバランスの実現のため、重要政策として進められている「働き方改革」。2019年4月から、順次働き方改革関連法が施行されるのにともない、労働安全衛生法にも改正がなされました。


その中でも、特に重要な改正点として注目されているのが、「産業医の権限・産業保健機能の強化」「長時間労働者への面接指導の強化」「労働時間の把握」といった項目です。いずれも労働環境を改善するために無視できないポイントばかりであり、働き方改革に向けた規制が厳しくなってきたことがわかります。


これらは産業医の業務に大きく関わる項目であり、産業医を選任する企業としても詳しく知っておかなければなりません。今回は、労働安全衛生法で定められている産業医関連の内容をはじめ、企業がすべき対処などをチェックしていきましょう。


労働安全衛生法で定められている産業医関係法案の具体的内容

労働安全衛生法とは、労働者が安全かつ健康に働けるよう、快適な職場環境を形成するために定められた法律です。法律が制定された当初は、危険な作業をともなう業務において、労働者に健康障害が起きるのを防ぐのが主な目的となっていました。


しかし、過重労働や過労死に対する問題意識の高まりなど、労働者を取り巻く環境は時代に応じて変化します。それに対応するべく、現在では、労働者の心身の健康管理にも配慮した規定へと改正されました。


その中で、労働者の健康管理を実現するために、一定の条件を満たす企業に義務付けられているのが「産業医」の選任です。


労働安全衛生法や、それに付随する労働安全衛生規則では、産業医に関して以下のような規定があります。ここでは主な法令のみ抜粋しているので、詳細を知りたい場合は厚生労働省が公表している「産業医の関係法令」「現行の産業医制度の概要等」などの資料を確認してください。


産業医の関連法令
内容
労働安全衛生法第13条
  • 事業者は事業場の規模ごとに産業医を選任し、産業医に労働者の健康管理を行わせる
  • 産業医は厚生労働省で定める要件を備えた者でなければならない
  • 産業医は労働者の健康確保のために事業者に勧告を行い、事業者はその勧告内容や対応を衛生委員会等に報告する
労働安全衛生規則第13条
  • 産業医は、選任する理由ができた日から14日以内に選任する
  • 常時雇用する労働者数が50人以上の事業場は、1人以上の専属産業医もしくは嘱託産業医を選任する
  • 常時雇用する労働者数が1000人以上(特定の業務を扱う場合は500人以上)の事業場は、専属産業医を選任する
  • 常時雇用する労働者数が3000人を超える事業場は、2人以上の専属産業医を選任する


労働安全衛生規則第14条
  • 産業医の職務内容について
労働安全衛生規則第15条
  • 産業医は月に1回以上事業場を巡視し、有害の恐れのあるときは、必要に応じた措置を講ずる

労働安全衛生法第18条・19条

  • 衛生委員会・安全衛生委員会に構成メンバーとしての活動

このように、産業医に関してさまざまな規定があるため、企業として正しく理解しておくことが大切です。特に、産業医の職務内容については多岐にわたり、企業のニーズに合わせた柔軟な対応も必要になるので、しっかり確認しておきましょう。


具体的には、「健康診断結果の確認・面接指導の実施」「職場巡視」「健康教育・衛生教育」「衛生委員会・安全衛生委員会の構成メンバーとしての活動」「作業環境の維持管理」などが定められています。いずれも労働者の安全や健康を守るために欠かせない職務なので、産業医と連携して適切に行いましょう。


労働安全衛生法に基づき企業が対処しなければならないこと

常時使用する労働者数が50人以上になると、企業は産業医を選任しなければなりません。この場合、上述した関係法令に従い、さまざまな対処が必要になります。主に、「産業医の選任」「衛生委員会・安全衛生委員会の設置」「衛生管理者の選任」「健康診断・ストレスチェックの報告」などをしなければならないので、順番に確認していきましょう。


産業医の選任

1つ目の「産業医の選任」については、事業場の規模に応じた産業医を選ばなければなりません。詳しい選任基準については後述しますが、たとえば50~999人以下の事業場の場合、産業医を1人以上選任することが定められています。

労働者数が50人に達した日から14日以内に選任しなければならないので、スピーディーな対処が必要です。

産業医には専属と嘱託の2種類があり、専属が1週間のうちほとんどを事業場に出勤するのに対し、嘱託は月に1~数回しか出勤しません。出勤日数が異なることで、健康管理の効果などで違いが出ることもあります。

産業医と契約するには、専門の産業医紹介サービスを利用するか、事業場のある地区の医師会に紹介してもらうといった方法、健診期間に依頼する方法などが一般的です。契約形態は個々のケースで異なり、直接契約をすることもあれば、業務委託契約になる場合もあります。


衛生委員会・安全衛生委員会の設置

2つ目の「衛生委員会・安全衛生委員会の設置」は、労使が一体となって健康・安全について話し合い、労働者の意見を事業者側に伝えるために必要とされています。委員会は基本的に毎月1回以上行われ、議事録は3年間保存しなければなりません。議長を除く半数を労働組合、または労働者の過半数の推薦により選ばれた人で構成し、産業医も構成メンバーの1人に含まれます。ただし委員の人数についての定めはありません。


衛生管理者の選任

3つ目の「衛生管理者の選任」は、労働環境の改善や疾病予防など、衛生面全般の管理を任せる担当者を選ぶものです。衛生管理者になれるのは国家資格を有した者で、産業医と同様に、50人以上の労働者がいる事業場で選任が義務付けられています。産業医と連携して職務にあたることも多いので、産業医と同時に選任しましょう。


健康診断・ストレスチェックの報告

4つ目の「健康診断・ストレスチェックの報告」は、50人以上の労働者を雇用する事業場に義務付けられています。健康診断を行った場合、結果を労働基準監督署へ報告しなければなりません。ストレスチェックは、労働者が抱えるメンタルヘルスの問題を早期発見するために行うものであり、1年に1回の実施が義務付けられています。


ストレスチェックの結果、高ストレス状態にあると判定され面談の申し出があった労働者に対しては面接指導を行い、ストレスチェック実施に関連する全ての事項を労働基準監督署へ報告しなければなりません。実施者は産業医となるので、うまく連携して行いましょう。


また、働き方改革関連法の改正で産業医の職務や権限が拡大・強化されているため、すでに産業医を選任している企業も新たな対処が必要です。たとえば、重要な改正ポイントである「労働時間の把握」のために、管理職まで含めた労働時間を正確に記録し、産業医へ報告しなければなりません。


また、産業医が労働者と面談などをした場合、その内容に応じて必要な措置を事業者側に意見することがあります。この意見に対してどのような措置を実施したか、結果を産業医に報告しなければなりません。産業医がさらなる措置を求めて勧告を行えば、勧告内容を衛生委員会等へ報告したり、議事録へ記録したりする必要もあります。


このほか、長時間労働者への面接指導が強化されたことに対応するべく、労働者が産業医に相談しやすい環境を整えることも大切です。相談窓口を労働者へ周知徹底する、過重労働状態にある労働者に相談を促すなど、積極的な対応が求められます。それと同時に、不要な業務の見直しや、限られた時間で生産性を向上させるアイデアの募集など、長時間労働を是正する取り組みも行うと良いでしょう。


産業医の選任が必要になる条件とは

常時雇用する労働者数が50人以上になると産業医の選任が必要ですが、労働者数によって産業医の人数や種類に違いがあるので注意しなければなりません。


詳しい選任基準は以下のとおりなので、どこに該当するか正しく確認しておきましょう。


                                  
常時雇用する労働者数(事業場ごと)


産業医の選任義務

必要な産業医の数
産業医の種類
~49人
なし
50~499人
1人
嘱託産業医でも可
500~999人
1人
嘱託産業医でも可(ただし、有害業務を扱う場合は専属産業医が必須)
1000~3000人
1人
専属産業医
3001人~
2人
専属産業医


有害業務を扱う事業場は選任義務が通常と異なるので注意が必要

なお、500人以上の労働者を雇用する事業場のうち、有害業務を扱う場合は嘱託ではなく専属産業医を設置しなければなりません。以下のような業務は有害業務に該当するので、産業医を探す際は注意しましょう。


  • 多量の高熱物体を取扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務

  • 多量の低温物体を取扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務

  • ラジウム放射線、X線その他の有害放射線にさらされる業務

  • 土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務

  • 異常気圧下における業務

  • さく岩機、鋲打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務

  • 重量物の取扱い等重激な業務

  • ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務

  • 坑内における業務

  • 深夜業を含む業務

  • 水銀、砒素、黄りん、弗化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物を取り扱う業務

  • 鉛、水銀、クロム、砒素、黄りん、弗化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベン ゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務

  • 病原体によって汚染のおそれが著しい業務

  • その他厚生労働大臣が定める業務


労働安全衛生法の規定の中には、違反すると罰則を科されるものもあります。法令を守りながら正しく労働者の健康を守るためにも、責任感が強く、質の良い産業医を見つけることが大切です。


産業医選びに迷った際は、28万人以上の医師が登録する「m3.com」の会員基盤を活用し、有能な産業医を紹介できるエムスリーキャリアまでご相談ください。


●はじめての産業医選任で契約について詳しく知りたい方はこちら

●産業医専任の基準を詳しく知りたい方はこちら

●産業医への報酬が気になる方はこちら


産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

関連記事

ストレスチェックは義務?高ストレス者に行う面接指導について解説!

法律・制度

ストレスチェックは、2015年にスタートした、健康を促進するための制度の一つです。ストレスチェックを用いた結果、高ストレス者と選定された従業員から面接指導の申し出があったときは、医師による面接指導が必要となります。この記事では、高ストレス者の面接指導を行うために、知っておくべきことや注意点について解説していきます。

安全配慮義務とは?違反しないために企業が取り組むべき必須ポイント徹底解説

法律・制度

「安全配慮義務」という言葉はご存知でしょうか。会社として労働者の命や安全に配慮しなければいけない義務です。 人事総務の担当の方や管理職ならば必須の知識ではありますが、詳しく知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。 知らぬ間に安全配慮義務違反で損害賠償を求められてしまうことにならないために、 ポイントをわかりやすく解説していきます。

パワハラ防止法遂に施行!人事労務担当者が今取り組むべき対策と定義を徹底解説

法律・制度

パワハラ防止法が2020年6月から施行されます。(中小企業は2022年4月施行) パワハラを防止するための措置を義務づける法律ですが、違反した場合にはどうなるのか、どういった措置が必要なのかよくわからない方も少なくないようです。 本記事ではパワハラ防止法の概要や必要性、注意点をわかりやすく解説します。 職場を明るく元気なものにするため不可欠なものだということがご理解いただけるかと思います。

労働災害―社労士が解説する「ひとまずこれだけ」

法律・制度

労働災害は、製造業、建設業、運送業など特別の業種の問題ではありません。様々な業種で発生しています。 ケガを労働者の不注意とお考えではないでしょうか。職場の環境や業務遂行のプロセスなど様々な原因が絡み合っています。 心を病んだ労働者を本人の弱さと思っていらっしゃいませんか。職場の過重労働やハラスメントが原因になっていることが多いのです。 労災保険はそのようなときに労働者を守るための充実した給付を整えています。 本稿では、労災保険の仕組みや給付内容、手続きなどをわかりやすく解説し、 その上で、会社としてすべきこと、してはならないことを明確にします。 会社には労働者を守る責任があります。労災発生時に適切な手続きをサポートすること、労災の原因を究明し将来に向けて必要な対策をとることです。そのためのヒントも提供します。

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

法律・制度

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください