catch-img

健康経営優良法人の意味と取得方法を徹底解説

「健康経営優良法人」という認定制度をご存知でしょうか。これは経済産業省が進めるヘルスケア産業政策のひとつで、本制度を一言で説明するならば「健康経営に取り組む優良企業の見える化」です。

健康経営のマイルストーンとして、認定取得に向けた動きが徐々に広まってきました。

もし認定に向けた行動をすぐに起こせない場合でも、「健康経営優良法人の取得基準」は健康経営に向けた取り組みを議論する際に参考となるはずです。

本記事では健康経営に取り組んでいる人事労務担当者に向けて、健康経営優良法人認定制度の概要や認定方法をはじめ、認定のメリット・デメリットも含めご紹介します。

どの知識も、健康経営優良法人認定をすぐに目指す企業の担当者はもちろん、健康経営の最初の一歩を考えている担当者にとっても、理解してほしい内容です。

知っておきたい!健康経営優良法人認定制度について

この認定制度は、経済産業省によって「健康経営の促進一環」として創設されました。評価部門は「大規模法人部門」「中小規模法人部門」の2つに分けられます。

認定件数は年々増加しており、2019年は大規模法人部門:820法人、中小規模法人部門:2502法人が認定されました(※1)。

大規模法人部門の中でも、健康経営度調査結果の上位500法人は「ホワイト500」として認定されます。なお2019年までは大規模法人部門全体をホワイト500と呼んでいましたが、2020年認定からこのルールが変更になりました。

認定制度の対象目安

「大規模法人部門」「中小規模法人部門」の認定目安となる従業員数は以下です。この従業員は「常時使用する従業員(1年以上雇用予定、週の労働時間が正社員の3/4以上)」を指すことから、パート・アルバイト、派遣社員なども該当する場合があります。

(参考:経済産業省の第17回健康投資WG事務局説明資料② P1.健康経営に係る顕彰制度について(対象法人一覧)

なお「中小規模法人部門」については資本金額または出資総額も認定に関係してきます。詳細は経済産業省の「健康経営優良法人の申請について4.認定対象」をご覧ください。

「健康経営銘柄」との違いについて

健康経営銘柄というのは、東京証券取引所の上場企業33業種から、経済産業省と東京証券取引所が共同で各業種につき原則1社ずつ選定した銘柄を言います(※2)。

2019年は28業種37社が選定されています。詳細については経済産業省のプレスリリースをご覧ください。

参考:経済産業省「健康経営銘柄2019」

健康経営優良法人のメリット・デメリット

ここでは健康経営優良法人を取得することのメリット・デメリットについて、簡単にご説明します。

メリット

健康経営優良法人になることで得られるメリットはいくつかありますが、ここでは「従業員の健康」「生産性」「企業ブランド」の3つについてお話します。

●従業員が健康になる

本来の目的である「従業員の健康改善・サポート」を実践していくことで、働く人々が心身ともに仕事に取り組める環境を形成できます。

●労働生産性の向上

出勤しているにも関わらず本来の能力が発揮できない状況(プレゼンティズム)、欠勤による労働力の損失(アブセンティズム)といった状況の改善が期待できます。それにより、企業としての労働生産性の向上が見込めます。

●企業ブランドが高まる

健康経営優良法人の取得を通して、「従業員の健康に向き合っている企業」というイメージを外部に印象付けることが可能です。企業ブランディングの一環としても有用です。

デメリット

一方で、健康経営優良法人を取得するまでには制度を整える大変さや苦労があります。ここではそれらの点をデメリットとしてご紹介します。

●投資対効果がすぐには見えない

健康という要素を扱うため、すぐには効果が現れません。そのため、短期的な投資効果は分かりにくいです。

●データ収集・管理に対するコスト(労力、投資など)

新たなシステム等を導入する場合、担当者にはデータ収集・管理において労働負担が強いられます。企業としてもシステム投資が求められるため、費用コストの増加は避けられません。

●個人情報を提供することへの抵抗感

健康に関する個人情報を会社に預けることになるため、従業員によっては強い抵抗感を示すことがあります。

健康経営優良法人の認定に向けて

健康経営優良法人認定の認定基準についてご説明します。両部門共に認定基準は、「経営理念(経営者の自覚)」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」「法令遵守・リスクマネジメント」の5項目です。

その年の詳細項目については、毎年7月をめどに公開されます。ここからは「大規模法人部門」「中小規模法人部門」と分けて説明します。

大規模法人部門

(引用元:健康経営優良法人2019(大規模法人部門)認定基準

こちらは2019年の認定基準です。この年から受動喫煙対策、女性の健康保持・増進に対する内容が盛り込まれました。最新版の基準をご覧になりたい方は、次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループをご確認ください。

参考:経済産業省「健康投資ワーキンググループ」

中小規模法人部門

(引用元:健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)認定基準

大企業と類似する項目がある一方で、認定要件が異なることをお分かりいただけるのではないでしょうか。最新版の基準をご覧になりたい方は、次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループをご確認ください。

参考:経済産業省「健康投資ワーキンググループ」

健康経営優良法人認定に向けたステップ

ここでは認定に向けたステップをご説明します。まず、以下の黄色枠内をご覧ください。

(参考元:経済産業省 健康経営優良法人の申請について

後半の認定審査以降の流れは同じですが、前半は大規模・中小規模で異なります。ここからは部門別に解説します。

大規模法人部門

(引用元:経済産業省 健康経営優良法人の申請について 5.健康経営優良法人の申請から認定までの流れ

大規模法人部門は認定までに大きく5つのステップがあります。申請をするためも、まずは期限内に健康経営調査を回答し、認定基準を満たしているかどうか判断してもらいましょう。それ以降は、流れに沿って進めていきます。

この中で注意してほしいのが「①健康経営度調査に回答」です。初めての申請では、自分たちで調査票を取り寄せる必要があります。調査期限も決められているため、早い段階で「健康経営度調査について」をご覧ください。

参考:経済産業省「健康経営度調査について」

中小規模法人部門

(引用元:経済産業省 健康経営優良法人の申請について 5.健康経営優良法人の申請から認定までの流れ

中小規模法人部門の認定も5つのステップからなります。申請にあたり、「①協会けんぽ等保険者が取り組む「健康宣言」事業に参加」が必要です。申請を検討し始めたら、まずは加入している協会けんぽの担当者に相談をしてみましょう。

さらに中小規模事業者の担当者や産業医を対象とした、健康経営優良法人に関する説明会も全国で実施されています。2020年に向けた情報はこれから公開されていきますので、詳細に関してはこちらのページでご確認ください。

参考:経済産業省「健康経営優良法人の申請について」

申請に向けたスケジュール

(引用元:経済産業省 健康経営優良法人の申請について 2.健康経営優良法人2020スケジュール

2020年も例年同様、8月末から申請に向けた動きが始まります。そのため、申請を検討する場合には9月の頭から関係各所に相談をしたり、行動したりすることをおすすめします。

まとめ

健康経営優良法人の認定に関心のある人事労務担当者に向けて、制度概要や大まかな取得までの流れを中心にご紹介しました。

あくまでも認定は、健康経営のマイルストーンのひとつです。もし取得がすぐに難しい場合でも、取得基準を自社の制度に組みこむなどして、大なり小なり健康経営に反映することは可能です。

そのため認定をゴールとせず、企業としてどのような健康経営を進めていきたいかというビジョンを見据えた運営に、本制度を生かしていきましょう。

引用:

※1.経済産業省 健康経営の推進 健康経営優良法人とは

※2.経済産業省 「健康経営銘柄」

参考:

経済産業省 健康経営優良法人の申請について

経済産業省の第17回健康投資WG事務局説明資料②

経済産業省 健康経営優良法人制度​​​​​​​

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

今注目を集める「ホワイト500」とは?認定されるポイントやメリットを徹底解説

従業員の病気

従業員が健康を損なうと、企業は生産性低下や企業イメージの悪化など、さまざまなダメージを受ける恐れがあります。このため、従業員の健康管理を経営課題としてとらえ、積極的に取り組むことで組織全体のパフォーマンスを向上する「健康経営」を目指す企業が増えてきました。 そこで注目を集めているのが、経済産業省が実施する「ホワイト500」という認定制度です。 ホワイト500に認定されると「健康経営に熱心な企業」と周知されるため、企業イメージの大幅な向上が期待できます。ほかにも社内外でさまざまなメリットがあるため、健康経営の実現を目指す場合はぜひとも認定を受けたいところです。 今回は、そんなホワイト500について、制度の概要やメリット、認定を受けるための基準や申請方法などを詳しく紹介していきます。

【長時間労働者への産業医面談とは】どこから「長時間労働」? 「産業医面談」って何をするの?

健康管理

長時間におよぶ労働は、脳血管疾患や虚血性心疾患など、脳・心臓疾患の発症と強い関連性があることから、長時間労働者に対して企業は医師による面接指導を行わなければなりません。ここでは、何時間を超えたら「長時間労働」になるのか、面接指導を行うためにどのようなことを企業は準備しておくべきか等を解説します。

長時間労働はなぜ問題になるのか?労働環境を見直すべき理由

健康経営とは

国内では長時間労働が大きな社会問題となっています。ワークライフバランスを見直す動きが活発になる中で、企業は労働力をどのようにして確保していくか、長時間労働をどうやって回避していくかを考えなければなりません。この記事では、長時間労働による問題点や回避方法の観点から、労働環境を改善する必要性について解説していきます。

職場巡視~実施するだけになっていませんか? 改善までつなげるポイントとは

ウェルビーイング

月1回の実施が定められている職場巡視。 従業員の健康を維持する上でとても重要な業務です。 今回は、衛生管理者と産業医がどのような点に注意して職場巡視を行えばいいのか、それぞれの役割や巡視のポイントについて解説します。

コロナ後もテレワークを!社労士が語る「“柔軟な働き方”をいまこそ推進しよう」

専門家コラム・インタビュー

いまだ収束していない新型コロナウイルス感染症への対策として、各企業で急速に導入が進んだ「テレワーク」。 そもそも、テレワークは「働き方改革実行計画」の中で「柔軟な働き方がしやすい環境整備」の一環として取り組まれてきた課題です。 今回テレワークを導入したことで数多くのメリットに気付かされた企業も多いと思いますが、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続する、またこれからテレワークの導入を進める場合は、改めて問題点と今後の対応を検討する必要があります。 今回は社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、テレワークの意義や導入に際し人事労務担当者が意識すべきこと、将来の展望を伺いました。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください