catch-img

成長期の上場企業を支える、産業保健のハナシ ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.2

成長フェーズの企業では、事業の成長・拡大に伴い、さまざまな変化が生じます。そのような現場を支える人事・労務担当者や産業医は、産業保健にどのように向き合っているのでしょうか。2006年に創業し、2013年に東京証券取引所マザーズへ上場、昨年2018年には東京証券取引所市場第一部(以下、東証一部)へ市場変更を果たした株式会社じげんの労務担当・岩﨑裕子氏、同社の産業医を務める尾林誉史先生にお話を伺いました。(取材日:2018年11月17日)


【尾林誉史先生プロフィール】

東京大学理学部化学科卒業後、株式会社リクルートに入社。

2006年、産業医を志し退職。
2007年、弘前大学医学部3年次学士編入。
2011~13年、産業医の土台として精神科の技術を身に付けるため、東京都立松沢病院にて初期臨床研修修了。
2013年、東京大学医学部附属病院精神神経科に入局。長崎市にある医療法人厚生会道ノ尾病院に赴任。可能な限り衛生委員会に出席する、メンタル問題の兆しが現れるのを待たずに積極的に面談を実施する、4~5時間かけて企業の内情を掘り下げるなど、自他ともに認める『攻めの産業医スタイル』が持ち味。リクルートグループの嘱託産業医を経て、主に東京に本社のある企業6社の産業医も務めている。



【企業プロフィール】
・株式会社じげん(東京都港区)
・従業員数:147名(連結459名、2018年12月時点)
・事業内容:ライフメディアプラットフォーム事業
・尾林先生の就任時期:2014年9月
・尾林先生に依頼した決め手: 熱意、前職の知己



◆社屋移転、東証一部上場……4年間の変化

―尾林先生がじげんの産業医に就任してから丸4年が経過しました。就任当時と今を振り返ってみていかがですか。


尾林 じげんの産業医に就任した当時、私がSuper Medical/Mental Officer (SMO)に就いたとプレスリリースを出してくださったことを今でも覚えています。私を会社のパートナーとしてアピールし、陰に隠れてしまいがちな産業医のイメージを向上する発信をしてくださったのはうれしかったですね。今はさまざまな企業が健康経営に力を入れていて、その取り組みを目にする機会が増えましたが、当時はそのようなことを表立って発表する企業は少なかったように思います。

個人的な話になりますが、私の産業医としてのキャリアはじげんからスタートしています。現在の面談はフリートークで話を進めて、その後に労務にフィードバックして対応策をすり合わせるスタイルです。以前は、面談者の情報をじっくり伝えてもらうこともあれば、情報なしで面談に臨むこともありました。トライアル&エラーを繰り返して、今の自分なりのスタイルを築きました。社員との距離感、休職した方がいい・復職できるラインなど、産業医として持つべき基準のようなものは、じげんでの勤務を通じて確立できたと思っています。


―社員数にも大きな変化があったのではないでしょうか。

尾林 就任当時は社員数が50人前後でしたが、今やグループ全体で300人以上と約6倍に増えました。その間、社員の入れ替わりも、会社の変化も見てきました。その時々で会社として良い状態なのか、そうでないのかを労務、そして、設立当初から在籍している常勤監査役の尾上正二さんとディスカッションしています。社員が働きやすい環境か、現場の社員と上層部の気持ちが離れていないか、“じげんらしい”状態か――などを意見交換することで、課題や今後取り組むべきことなどが明確になります。尾上さんは日常的に現場のみなさんとランチに行くなど、社員と積極的にコミュニケーションをとってくださっています。その際に気付いたことやリスクを抱えていそうな社員について教えてくださるので、ある意味でフィルター役を担ってくださっているとも感じています。



―良いリレーションシップですね。

岩﨑 そうですね。尾上はもちろんですが、尾林先生も弊社に在籍する社員の傾向をよく理解してくださっています。部署名を伝えると、課題のアタリをつけていただけるほど。しかも、それが的確なんです。その点は、弊社の産業医を長く担当していただけているからだと感じていますね。社員のほとんどが尾林先生を知っているので、心身に不調がなくとも「先生と話したい」というニーズも多くあります。同僚には話しにくいことは少なからずあると思うので、先生と話せる場をもっとつくれるようにしたいですね。


尾林 訪問は月1回ですが、コミュニケーションツールが整っていて、リモートでも意思疎通しやすいのがじげんの良さですね。たとえば、じげんには設立当初から社内専用のFacebookページがあり、そこに雑談や社内のイベント情報を社員が積極的に投稿していて、私も見たり投稿したりしています。

また、間接的な方法でも社員の状況を見ています。じげんは勤怠連絡をメールで行う会社なのですが、私もそれを見られるので、その内容や頻度から「この人は最近あまり調子よくなさそうだな」と察することができるわけです。


◆「一部上場」をみんなで目指す

―近年、社屋移転、東証一部への市場変更など、会社として変化の多い時期を迎えています。なかでも、オフィス移転は労働環境を見直す絶好の機会ですが、移転にあたり、意識したポイントはありますか。

尾林 社員数が増員見込みとのことで、執務エリアのスペースをゆったり取るように提案させていただきました。気軽に雑談できるスペースが設けてあるのも良いですね。以前はワンフロアだったので目が行き届いていました。現社屋では4フロアにわかれたので、社員同士の交流が薄くなってしまうのではと懸念がありましたが、現時点では問題ないと感じています。


岩﨑 4階の空きスペースをランチ休憩やミーティング、時に社内イベント会場として開放しているので、そこで社員が交流できている印象があります。個人的には、声のトーンでその人の状態を読み取れるとも考えているので、社員と会うためになるべく別のフロアに行くことを心掛けていますね。弊社では業務効率化のためにチャットツールを導入しているのですが、便利な反面、やはり文章と対面でのやりとりはニュアンスが違うと実感しています。


―東証一部へ市場変更する際も、会社、そして社員を取り巻く変化があったと推測できますが、その時々でどのようなフォローを心掛けていたのでしょうか。

岩﨑 会計監査を受ける兼ね合いもあり、一部の部署では業務負荷が強い時期がありました。ただ、社内的にも「東証一部上場を目指すぞ!」という空気が流れていたので、特に不満などは出ませんでしたね。残業する日はきちんと申請をあげる、早く帰れる日は早く帰るなど、いつも通り勤怠関係のフォローをしていました。


尾林 私がじげんの産業医を始めたときから、平尾社長の「東証一部を目指す」というマイルストーンが従業員間に浸透していた印象があります。もともと、社風として上昇志向が定着しているので、そこを目指すことで社員のモチベーションも上がっていたのではないかと思います。だからこそ、一時的な負荷があっても現場から大きな不満があがらなかったのではないでしょうか。


―産業保健面の現状はいかがですか。

岩﨑 尾林先生にお力添えいただいていることもあり、メンタル不調者が復職して、その後も継続的に就業できていたりと良い状況かと思います。一方で、現場の人手が足りないのも事実。繁忙期に入ると急激に負荷が上がってしまう可能性もあるので、現場管理者を中心にワークライフバランスを整えるように働きかけています。たとえば、繁忙期ではない時期に残業が発生していないかなどをチェックして、全社的な残業時間を削減するように努めています。


尾林 企業によっては長時間労働者に対して一律面談を実施するところもありますが、じげんに関しては岩﨑さんにお任せしています。社員をよく見ていますし、何より信頼も厚い。タイムレコーダーの時間だけでは測れない部分も含めてアラートを上げてくださるので、私も絶大な信頼を置いています。私の性分として、意識しているものの面談時間が長くなってしまいがちなんです。そこを「尾林先生、時間ですよ」とビシッと区切ってくださるのも大変助かっています(笑)。


◆組織の規模感を、より意識していく

―現在、会社としてはどのようなフェーズにあるのでしょうか。

岩﨑 東証一部企業とはいえ、現在も、成長フェーズです。常にスピードを伴って事業拡大しているので、新しい課題が次々と現れると感じていますね。

新卒や中途、外国人の採用など人材の多様化に加え、M&Aの加速による増員が特に目立ちます。社員が増えてくると、社風にフィットしない人、何かしらギャップを感じてメンタル不調に陥る人が出てくることも想定されます。そのギャップを埋めるために、事業部間の連携やコミュニケーション活性化など、労務として働きかけていく必要が出てくると感じています。


尾林 創業期は、今も昔も変わらずカリスマ性のある平尾社長自身や、彼に魅了された社員によって会社のエネルギーが生まれていたように感じます。その頃より事業数も社員数も増加した今、一般的にも上層部と現場間で思いが乖離したり、熱量に差が生まれやすくなったりとさまざまな問題が発生してくる時期だと思います。そのような企業のステージにおいて、上層部と現場の間に立つ人が必要になってくると思いますし、そういう方がいれば組織として盤石な状態になるのではないでしょうか。


―今後、取り組んでいきたいことを教えてください。

岩﨑 ハラスメント研修などを通じて、会社のリスクになりうるトピックについて管理監督者の意識を高めていくことです。「働きやすさ」をキーワードに、昨年とは異なる取り組みを少しずつ進めていきたいですね。働きやすさは千差万別ですが、当社は若い社員が多いので、やる気を阻害せず気持ちよく働いてもらい、力を発揮できるような就業環境を整備していきたいと考えています。


尾林 突飛なアイデアはないのですが、「何かあれば産業医に相談できる」という安心感を持ってもらえるように、引き続きみなさんと積極的にコミュニケーションをとっていきたいですね。組織が大きくなってくると、産業保健にかける時間は同じでも、対応できることが限られてくるようになります。だからこそ現場からアラートがあがってきやすいフローを再構築して、組織の規模感に負けない動きをしていきたいですね。





産業医顧問サービス担当
府川 真理子(ふかわ まりこ)

《 産業医顧問サービスについて見てみる 》


「自社で専属の産業医を採用したい」という方はこちら

「単発で必要なタイミングだけ産業医に来てほしい」という方はこちら



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

在宅勤務を7年前から推進の企業、コロナ禍での対応は?──先進企業に聞くリモートワーク対応vol.1(前編)

専門家コラム・インタビュー

2013年の創業時から従業員のリモートワークを推進し、約4割の従業員がリモートワークを実施している株式会社Kaizen Platform。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策として、2月中旬には全社的にリモートワークを強く推奨し、3月には全社員が在宅勤務できる環境を整えました。このことについて、経営企画部副部長の古田奈緒氏に具体的なお話を伺いました。(取材日:2020年4月23日)

withコロナ時代のリモートワーク 人事労務が対応したいこと──先進企業に聞くリモートワーク対応vol.1(後編)

専門家コラム・インタビュー

2013年の創業時から従業員のリモートワークを実施している株式会社Kaizen Platformでは、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策として、2020年3月から全社的に在宅勤務としています。後編では、人事・労務担当者がリモートワークしている従業員に行いたいサポートやケアについて、株式会社Kaizen Platform 経営企画部副部長の古田奈緒氏にお話を伺いました。(取材日:2020年4月23日)

社員の4割がリモートワークの会社で、産業医は何をする? ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.3

専門家コラム・インタビュー

オフィスに出社せずとも、自宅やカフェ、サテライトオフィスなどで仕事をする「リモートワーク」。政府は働き方改革の一環として推奨しており、実際に導入する企業が増えてきています。株式会社Kaizen Platformは2013年の創業時から従業員のリモートワークを実施。日々従業員の4割はオフィスに出社していません。そうした環境下で人事・労務スタッフはどのようにアプローチするのでしょうか? HR部部長の古田奈緒氏と、同社の産業医を務める尾林誉史先生に実情を伺いました。

全ては、つくる人を増やすため。 面白法人の働き方を支える舞台裏とは ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

専門家コラム・インタビュー

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

16社の産業医を務める人気産業医のキャリア・仕事の流儀

専門家コラム・インタビュー

近年、産業医求人が医師から人気を集めていますが、どうしたら企業から選ばれる産業医になれるのでしょうか。今回、臨床医として精神科専門医や漢方専門医として活躍し、現在は16社の産業医を務められている穂積 桜先生に伺いました。 これまで契約先からの紹介を引き受けてきた結果、数多くの企業で産業医活動をしてきた穂積先生のキャリアと仕事観とは――。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください