catch-img

withコロナ時代のリモートワーク 人事労務が対応したいこと──先進企業に聞くリモートワーク対応vol.1(後編)

2013年の創業時から従業員のリモートワークを実施している株式会社Kaizen Platformでは、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策として、2020年3月から全社的に在宅勤務としています。後編では、人事・労務担当者がリモートワークしている従業員に行いたいサポートやケアについて、株式会社Kaizen Platform 経営企画部副部長の古田奈緒氏にお話を伺いました。(取材日:2020年4月23日)

※前編はこちら

  在宅勤務を7年前から推進の企業、コロナ禍での対応は?──先進企業に聞くリモートワーク対応vol.1(前編) | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス 2013年の創業時から従業員のリモートワークを推進し、約4割の従業員がリモートワークを実施している株式会社Kaizen Platform。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策として、2月中旬には全社的にリモートワークを強く推奨し、3月には全社員が在宅勤務できる環境を整えました。このことについて、経営企画部副部長の古田奈緒氏に具体的なお話を伺いました。(取材日:2020年4月23日) エムスリーキャリア 産業医紹介サービス


先手先手の社内周知で不安解消を

──全社員がリモートワークに切り替えてから約2ヶ月。産業保健面において、何か変化はありましたか。

特に大きな変化はないと感じています。リモートワークになる前から、各組織でレポートラインを設けて、週1回ミーティングを実施するなどコミュニケーションをとるようにしていたので、従業員について把握しやすかったんです。ただ、みなさんリモートワークになってからは、毎日のチーム毎の朝礼をZoom(Web会議サービス)で実施したり、Zoomを常時接続して声をかければ誰かが答えてくれたりするような環境作りをしているようです。
私のチームでも、朝礼の中で「元気?」「今日は子どもがぐずって大変」というような雑談の時間を15分くらい設けるようにしています。リモートワークだとオフィスにいるように「ちょっといいですか」「作業を手伝ってもらえませんか」と声掛けしにくいので──。こういったコミュニケーションで、相談や依頼がしやすくなる気がしますね。

ただ、周りにうまく言えず苦労している人がいるのではないかと思っています。たとえば、小学生2人を単身で育てている従業員からは、子どもの休校によって稼働時間を思うように取れなくなったといった相談がありました。業務に由来しなくとも、新型コロナに対する不安、育児疲れ、得も言われぬ不安でバランスを崩してしまった人たちは、産業医との面談を勧めるようにしています。

――リモートワークであっても、家庭と仕事のバランスをとりにくくなる従業員の方は出てきてしまいますね。

リモートワークにおいても難しい課題だと感じています。共働きでリモートワークをしている従業員が夫婦同時にミーティングになってしまった場合、子どもの面倒を見る人がいないので、そこに悩んでいるという話が3月以降に出てきました。Slack(ビジネスチャットアプリ)でも「育児のワンオペつらい」といったコメントも流れてきたりしていましたね。

こうした不安には、できるだけ早く対応方針を決めて、社内周知することが大事だと考えています。
たとえば、子どもの面倒を見ないといけない従業員のための助成金制度が、政府の休校要請があった後すぐに厚生労働省から発表されました(「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」)。社内から「世間ではこういう制度があるけど、うちの会社ではやらないの?」と言われる前に、できるだけ早く対応・周知し、「大丈夫、会社も国もサポートできるよ」と伝えることで、従業員の働きやすさや心理的不安の解消につながると考えています。

人事・労務の方は厚生労働省のホームページを見ているかと思いますが、私は新型コロナを警戒するようになってから、内閣府や厚生労働省など新型コロナに関係がありそうな行政官庁のTwitterをフォローしました。ホームページよりも、情報をタイムリーにキャッチアップしやすいので助かっています。

オンラインでも活発なコミュニケーションは生まれる

──Kaizen Platformは従来の方針もあり、人事・労務担当者がリモートワーク対応に慣れているかと思います。そうした環境に慣れていない企業の人事・労務の方に、何かアドバイスはありますか。

まずは、従業員に対して「何かあったら相談してね」という雰囲気を作ることに尽きると思います。言わずもがな、人事・労務は従業員の健康が第一であり、彼らの健康が会社にとって大切だと考えています。それをきちんと言葉にして伝えることで、従業員も相談しやすくなるとも思っています。全社朝礼の場で時間をもらって、「長時間労働になっていませんか」「ご飯をしっかり食べられていますか」と従業員に問いかけるようにもしていますね。また、内閣府や厚生労働省からの発表で得た情報をわかりやすくアレンジして、人事・労務から正しい情報を発信することで、従業員は安心できるかと思います。

――ZoomやSlackは、具体的にどのように活用されていますか。

人事での活用法というより、従業員の中から生まれたもので良いと思う活用の仕方がたくさんあります。Slackには、初期設定でメンバー全員が入っているrandomというチャンネルがあります。そこだと「たわいないことをつぶやきにくい」と考えた従業員が、雑談専用のチャンネルを立ち上げました。ほとんどの従業員がリモートワークになった3月上旬だったかと思います。「毎朝ラジオ体操するといい」「最近このTVが面白い」といった、その名の通り雑談が行われています。そこから派生して、育児とリモートワークをいかに両立させるかという「Parentsチャンネル」もできました。先輩パパ・ママにこんな時どうしたらいいとか、学校でこんな通達が出たとか、子どもの写真を共有して親ばかを発揮するとか──。親ならではの悩みを共有・相談していますね。

他にも、ある検討事項に対して意見がほしいときにオンラインブレストが開催されたり、アウトプットが少ない人に対してそれを呼びかけたりもされているようです。弊社の社風として、業務の裁量も個人に任せているのが特長の1つです。そのため、従業員には自ずと自主性が求められます。フラットな立場で従業員同士が意見交換をするので、このように現場発のアイデアが生まれやすいんです。

Slackのようなコミュニケーションツールは、想像以上に機能していると感じています。チャットはリアルタイムで会話ができるので、そこがいいですよね。逆に、こういうツールがないとリモートワークを孤独に感じる従業員もいたかもしれません。もしも取り入れている企業であれば、気軽にコミュニケーションが取れる雑談チャンネルを作ったり、リモートワークの相談ができたりするチャンネルを作ることをおすすめしたいですね。

私個人の活用法としてはSlackを長年使っているためか、「この人元気ないかも」というのがSlack越しに何となくわかるので、そういう人に対しては上長経由でフォローしてもらったり、ダイレクトメッセージを送ったりしています。Slackで多くのチャンネルに招待されているので、取りこぼしがないように終業時には未読がないようにしています。Slackに対応せず集中する時間を作らないと作業が捗らないので、そこは悩ましいですね(笑)。

古田様のお写真01

産業医にも、オンライン対応を依頼

──リモートワークの長期化を想定して、産業医に相談・依頼した方がいいことはありますか。

面談希望の従業員が出た場合に、オンラインで対応していただけるかどうかを相談・依頼するとよいと思います。弊社も外出自粛要請が出る前は対面で面談を実施していましたが、このような状況になってからは、オンラインに切り替えました。幸いにも、産業医をお願いしている先生がITツールに明るい方だったので、スムーズにご対応いただけました。もし、ITツールにあまり明るくない産業医の先生でしたら、こちら側からその環境を整えるお手伝いだったり、サポートをしたりすることも対応すべきかと思います。

産業医の先生を含め、上司と部下、同僚同士というように、いつでも、どこでもコミュニケーションを取れる環境を作るのが大切だと思っています。若い年代の方の中には、電話よりもチャットツールの方がいいという声もあります。リモートワークで心身ともに不調を感じたときに、自宅からでも相談しやすい環境をつくることが、今後ますます求められていくと考えています。

※前編はこちら

  在宅勤務を7年前から推進の企業、コロナ禍での対応は?──先進企業に聞くリモートワーク対応vol.1(前編) | エムスリーキャリア 産業医紹介サービス 2013年の創業時から従業員のリモートワークを推進し、約4割の従業員がリモートワークを実施している株式会社Kaizen Platform。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策として、2月中旬には全社的にリモートワークを強く推奨し、3月には全社員が在宅勤務できる環境を整えました。このことについて、経営企画部副部長の古田奈緒氏に具体的なお話を伺いました。(取材日:2020年4月23日) エムスリーキャリア 産業医紹介サービス



古田 奈緒(ふるた・なお)


大学卒業後、新卒でリクルート入社。最初の配属先で事業撤退を経験した後、主に人事系を中心とした部門で19年に渡り、様々なフェーズでの人と組織に関わる仕事やしくみづくりに関わる。その後1社を経て、2017年5月に株式会社Kaizen Platform入社。現在は経営企画部副部長を務める。

古田様プロフィール写真



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

3

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

4

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

5

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

関連記事

在宅勤務を7年前から推進の企業、コロナ禍での対応は?──先進企業に聞くリモートワーク対応vol.1(前編)

専門家コラム・インタビュー

2013年の創業時から従業員のリモートワークを推進し、約4割の従業員がリモートワークを実施している株式会社Kaizen Platform。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策として、2月中旬には全社的にリモートワークを強く推奨し、3月には全社員が在宅勤務できる環境を整えました。このことについて、経営企画部副部長の古田奈緒氏に具体的なお話を伺いました。(取材日:2020年4月23日)

社員の4割がリモートワークの会社で、産業医は何をする? ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.3

専門家コラム・インタビュー

オフィスに出社せずとも、自宅やカフェ、サテライトオフィスなどで仕事をする「リモートワーク」。政府は働き方改革の一環として推奨しており、実際に導入する企業が増えてきています。株式会社Kaizen Platformは2013年の創業時から従業員のリモートワークを実施。日々従業員の4割はオフィスに出社していません。そうした環境下で人事・労務スタッフはどのようにアプローチするのでしょうか? HR部部長の古田奈緒氏と、同社の産業医を務める尾林誉史先生に実情を伺いました。

全ては、つくる人を増やすため。 面白法人の働き方を支える舞台裏とは ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

専門家コラム・インタビュー

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

成長期の上場企業を支える、産業保健のハナシ ―産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.2

専門家コラム・インタビュー

事業の成長・拡大に伴い、企業においてもさまざまな変化が生じます。そのような現場を支える人事・労務担当者や産業医は、産業保健にどのように向き合っているのでしょうか。今回は株式会社じげんの労務担当・岩﨑裕子氏、同社の産業医を務める尾林誉史先生にお話を伺いました。

16社の産業医を務める人気産業医のキャリア・仕事の流儀

専門家コラム・インタビュー

近年、産業医求人が医師から人気を集めていますが、どうしたら企業から選ばれる産業医になれるのでしょうか。今回、臨床医として精神科専門医や漢方専門医として活躍し、現在は16社の産業医を務められている穂積 桜先生に伺いました。 これまで契約先からの紹介を引き受けてきた結果、数多くの企業で産業医活動をしてきた穂積先生のキャリアと仕事観とは――。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください