catch-img

産業医面談の目的は?―場面ごとの解説

産業医面談と一言でいっても、実施される場面はさまざまです。企業の担当者は、それぞれの場面における産業医面談の目的や、そのうえでどのような対応をするべきか知っておくことが大切といえます。この記事では、場面ごとの産業医面談について解説するので、企業の担当者の方はしっかりと理解しておきましょう。また、産業医面談について、担当者として最低限押さえておくべき特徴についても紹介します。

担当者が産業医面談について押さえておきたいポイント

企業の担当者は、産業医面談の主旨を誤らないためにも、基本的な知識をもっておくことが重要です。ここでは、担当者が最低限理解しておくべき産業医の役割や、面談の場を提供する必要性について説明します。


産業医の役割について

職場に産業医がいる場合でも、実際にどのような役割をする存在であるのか理解されていないケースも多いです。「病院などの医師とは何が違うのか」と疑問を感じている人もいるかもしれません。産業医とは、従業員が健康的に仕事をできるように指導や助言をする医師のことです。診断や治療行為を行わないのが、病院やクリニックの医師とは異なる点です。産業医が従業員の不調などの治療を施すわけではないので、間違えないようにしましょう。もし、専門的なケアが必要な場合には、治療ではなく医療機関の紹介などを行います。また、産業医は常に中立の立場をとっています。企業と従業員、どちらにも偏らない存在であるということは、しっかり理解しておきましょう。産業医には勧告権があるため、産業医という立場から職場環境の改善について勧告を行うこともあります。

参考:現行の産業医制度の概要等


企業は従業員に「産業医面談が受けられる環境」を提供することが重要

どのような目的であれ、産業医面談を従業員に強制することはできません。しかし、だからといって「何もしなくて良い」と考えるのは早計です。企業は、従業員に産業医面談の場を提供することが重要だといえます。たとえば、メンタルヘルスの不調や長時間労働をしている従業員に対し産業医面談の機会提供を実施しないまま何らかの問題が発生した場合、企業は民事訴訟を受け「安全配慮義務を怠った」とみなされてしまうことがあります。その場合、多額の損害賠償を負う可能性があるので注意が必要です。また、高ストレス者であるなどの判断がなされた従業員本人の希望がある場合には、産業医面談を受けさせる義務が生じることにも気を付けましょう。特に希望がないときでも、企業は産業医面談を受けるよう勧奨し、面談の場をセッティングすることが大切です。

参考:厚生労働省資料


産業医面談の場面ごとの目的と企業の対応

産業医面談を実施する場面にはいくつかの種類があります。企業は、目的に応じて面談を受けさせることが重要です。ここでは、5つの場面それぞれについて、産業医面談を行う目的と、担当者がとるべき対応について説明します。


健康診断

産業医は、健康診断の結果について就業判定を行い、その結果「面談が必要である」と判断された従業員に対して産業医面談を行います。面談が必要だと判断されるケースとしては、軽度な場合だと、日常業務に支障はないが食生活や運動などについて指導を行うケースがあります。他には、病院に通院中であり、治療状況について産業医が確認しておいたほうが良いと判断されたときに面談が行われる場合です。最も緊急性の高いものは、就業制限を検討する必要があるときです。医療機関での受診を勧め、主治医などから情報を得たうえで、業務について何らかの措置をとったほうが良い場合に面談を行います。健康診断における産業医面談は、従業員に保健指導を行ったり、就業可能な健康状態であるのか、何かしらの措置が必要であるのかを判断したりするのが目的だといえるでしょう。


企業は、従業員について産業医から「通常勤務」「就業制限」「要休業」の3つの区分を示されます。通常勤務は、その名の通りこれまで通りの業務で良いという意味です。そのため、企業としてすぐに措置を講じることはありません。就業制限は、勤務に制限をかける必要があるということです。従業員に対し、労働時間を短縮したり時間外労働を制限したりすることが求められます。場合によっては、業務内容の変更や配置換えについても検討することになるでしょう。要休業は、療養のために従業員を休ませる措置が必要になっていることを示します。

参考:厚生労働省資料 


ストレスチェック

ストレスチェックの結果「高ストレスである」と判定され、かつ本人が産業医面談を希望する場合、企業は産業医面談を実施しなければなりません。 もし、希望がなかった場合でも、産業医面談を受けるかどうか確認することが重要です。ストレスチェックにおける産業医面談は、メンタルヘルスの不調を防ぐことが目的といえます。そのため、高ストレスだと判断された従業員には、可能なかぎり面談を受けさせるようにしましょう。そして、産業医からの意見を参考にして職場環境の改善を行うことが重要です。このとき、高ストレスと判断された従業員はもちろん、職場の関係者などにも聞き取りを行って措置をとるようにしましょう。たとえば、労働時間の短縮という措置を考えていたとしても、本人が「業務時間の制限をされるのは不利益である」と感じることがあります。このような場合は担当者が独りよがりな判断をするのではなく、しっかりとコミュニケーションをとったうえで対応することが大切です。

参考:厚生労働省資料


長時間労働

長時間労働をしている従業員には、脳や心臓疾患の発症を予防するために産業医面談を行います。これには、労働安全衛生法によってはっきりと事業者に義務付けられているものと、従業員からの申出要件があるものがあります。時間労働で疲労が蓄積すると病気になるリスクが高まるため、産業医面談で健康状態をしっかり把握し、従業員本人へ指導を行います。また、面談の結果をふまえて、企業は必要な措置を講ずることが重要です。労働時間を減らしたり、深夜残業をしている場合には回数や時間を短縮したりするようにしましょう。それと同時に、企業は従業員のメンタルケアを行うことが大切といえます。長時間労働は、労災認定された自殺案件が多いことも特徴です。長時間労働をしている従業員がいる場合は、積極的に面談を勧めることが望ましいでしょう。このように長時間労働における産業医面談は、精神疾患等の発症を予防することにも大きな役割を果たしているといえます。

参考:厚生労働省資料


休職

従業員の中で休職を希望している人がいたり、体調不良を理由に遅刻や早退などが多い状況があったりする場合、産業医は休職のための面談をします。休職は、本人からの申し出が基本となります。そのため、休職の申し出があってから産業医面談をするのが一般的な流れです。厳密には、まず、従業員本人に精神科などを受診してもらい休職のための診断書をとってもらいましょう。その後、産業医と面談を行って休職をする手続きをとります。企業は、休職手続きの流れや必要書類、休職中の給与や休職期間などについて従業員にしっかりと説明を行うようにしましょう。


面談の中で、職場環境に何らかの問題がある可能性が見つかった場合、職場環境の改善に取り組むことも重要です。その際は、産業医の意見を参考にすると良いでしょう。また、産業医面談によって、本人の特性が業務内容に合致していないことが分かるケースもありま

す。そのようなときは、本人にあった部署への配置換えを検討することも考えられます。

参考:厚生労働省資料

復職したサラリーマン


復職

休職中の従業員が復職を希望した場合、産業医は復職のための面談を行います。病状がどのくらい回復したかを確認し、復職できるかどうかの判断をします。復職を希望する従業員は、主治医から「復職可能」とされた診断書をもらってくるケースがほとんどです。しかし、この診断書を信用してすぐに復職させるのは避けるようにしましょう。主治医の判断は、あくまで「病状が安定してきて日常生活に問題がない」というものです。主治医は実際の業務内容や職場環境などについて知っているわけではないので、そうした事情に詳しい産業医が判断をする必要があります。産業医はいわゆるゲートキーパーであり、産業医面談を行うことによって確実な復職が可能となるでしょう。スムーズな復職のためにも、産業医による面談は欠かせません。


 産業医からも復職可能との判断がなされた場合、担当者は復職のための具体的なプランを考える必要があります。産業医に意見をもらいながら、フルタイムでの復職をするのか、あるいは、それが難しいのであれば短時間の勤務からはじめて、段階的に慣らしていくのかなどを決めます。その際、従業員本人ともしっかりと話しあうようにしましょう。従業員が復職にあたって感じている不安などがあれば、それを解消できるように努めます。

参考:厚生労働省資料


企業は産業医面談の場を設け適切な対応をとることが大切

産業医面談は、実施される場面によって目的が少々異なります。しかし、共通していえるのは、企業は必要に応じて産業医面談の場を従業員に提供することが重要だということです。また企業には、面談の結果をふまえて職場環境の改善を行ったり、配置換えや業務内容の変更をしたりするなど、適切な措置をとることが求められています。「面談を設けて終わり」ではなく、そこで得られた結果をしっかりと生かしていきましょう。



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

産業医の仕事や役割とは?働き方改革で企業が取り組むべきこと

産業医

働き方改革が進められる中で、産業医の機能強化に積極的に取り組んでいる企業も多いです。しかし、産業医の仕事内容や、どんなことに取り組めばよいかよくわからない企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士もまた、多いのではないでしょうか。ここでは、産業医の仕事内容や役割、企業が行う取り組みなどについて紹介していきます。

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください