catch-img

産業医の仕事や役割とは?働き方改革で企業が取り組むべきこと

働き方改革が進められる中で、産業医の機能強化に積極的に取り組んでいる企業も多いです。しかし、産業医の仕事内容や、どんなことに取り組めばよいかよくわからない企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士もまた、多いのではないでしょうか。ここでは、産業医の仕事内容や役割、企業が行う取り組みなどについて紹介していきます。

産業医とは?

産業医とはそもそも、労働者の健康や安全を管理し、主に健康指導をその仕事内容とする医師のことを指します。産業医にはまず、労働者の健康管理などを行うための、専門的な知識が当然必要です。さらに、産業医になるには医師であることに加えて、厚生労働省令が定めるいずれかの要件を備えていなければなりません。たとえば、特定の機関が行う研修を履行する必要があったり、または、労働衛生コンサルタント試験に合格したりすることが条件です。

企業側においては、常時労働者数50人以上の事業場では産業医選任の義務もあります。その背景には、産業構造や雇用形態の変化が関係しています。社会のあり方が変化している中で、従業員が抱える健康面の問題は肉体的なものばかりではありません。職場での人間関係のストレスから生じる精神的な問題など、そのケースはまさに多様化しています。さまざまなケースが増えてきた分、産業医に求められる役割はより多岐にわたるようになってきたといえます。

産業医の仕事内容

産業医の仕事内容もまさに多種多様になっています。産業医がどのようにして従業員の健康管理を行うのかを、その業務内容を通して説明していきます。

産業医の仕事1.従業員の健康と安全の確保

産業医は、企業が設置する衛生委員会のメンバーとなることで、従業員の健康と安全を確保することに努めます。その活動内容としては、事業場の衛生環境や労働者の健康保持に関するあらゆる問題について調査審議を行い、その報告や事業者に対する意見を述べることです。また、衛生講話と呼ばれるセミナーを開くことで、従業員および企業全体の健康と安全に対する意識を高めていきます。また、原則として月に一度は職場を巡回して健康や安全に関わる問題がないかの確認も怠りません。問題とされる部分が見つかった場合には、衛生委員会に報告して解決を図ります。

産業医の仕事2.従業員の健康情報のチェック

主な仕事内容の二つ目は、従業員の健康診断の結果からさまざまな判断を行うことが挙げられます。診断結果をみて、異常所見がないかをチェックし、場合によっては休職をとらせたり、就業制限をかけたりするための意見書の作成までをして、就業判定を行います。また、健康診断の結果やそのほかの理由から、健康上の相談を希望する従業員については、随時相談を受け付けることも産業医の役割です。

そのほか、従業員のストレスチェックを計画し、実施することも大切な仕事内容の一つです。高ストレス者と判定された従業員からの申し出があった際に、面接指導などを行うことで対策をとります。産業医がチェックした健康診断の結果については、企業は定期健康診断結果報告書として、労働基準監督署へ提出する義務があります。

産業医の仕事3.従業員との各種面談

前述の高ストレス者面接指導のほかにも、長時間勤務している従業員に対して面談を行う場合もあります。長時間勤務の従業員への面談実施に関してはいくつかの条件を踏まえて行われます。まず、従業員の時間外や休日における労働時間が、1カ月につき80時間を超えていることが条件です。かつ、線引きは企業によってさまざまですが、対外的にも疲労がたまっていると認定される従業員から申し出があった場合に、産業医が面接指導を行います。セルフケアの指導も行いつつ、必要に応じて面談した後、精神面のリスクなどについて評価するとともに、場合によっては専門医に紹介することもあります。

また、従業員が休職する際や復職する際にも、面談を行うのが産業医の仕事です。 復職面談では、従業員の病気やケガの回復状況から、職場に復帰して問題ないかどうかの判断が求められます。産業医の多くは、これらの面談を月の限られた時間内で行います。もはや産業医の仕事は健康指導という位置付けだけではなく、積極的な問題解決ができるマネジメント力が求められるといって過言ではないでしょう。従業員が健康的な理由で働けなくなってしまわないように、組織内の健康課題をいち早く見つけだし、一定の水準で健康と安全を保ち続けることが、真っ先に求められる産業医の仕事です。


働き方改革で企業が取り組むべきこと

働き方改革関連法の課題として、産業医の機能強化があります。変革が進む社会において、産業医を選任している企業が行うべきことを紹介していきます。

企業の取り組み1.産業医の活動環境の整備

まず、企業は産業医の活動環境の整備に取り組み、産業医が従業員の健康管理を適切に行えるようにする必要があります。働き方改革により、産業医を求める声は日に日に大きくなっています。もちろん企業側、もしくは従業員側どちらにも傾き過ぎないようバランスが大切ですが、企業は産業医に与える権限を強化しなくてはいけません。

ワークライフバランスが求められる中で、従業員の仕事に対する考え方も多種多様になっています。そういった中で、企業が考える従業員の健康とは何かを明確にしていかなければなりません。場合によっては、産業医からの勧告を受けることもあるでしょう。その場合には、企業は衛生委員会に報告を行い、審議内容などについて記録を残す必要があります。つまりそれは、従業員に対して何らかの対応を行わなければならないことを意味します。

企業の取り組み2.健康相談の体制整備

産業医を選任した企業は、従業員が安心して健康相談を受けられるように、可視化された体制を整える必要があります。具体的にいえば、産業医の業務内容については社内に周知しなくてはなりません。そのうえで、従業員の健康情報は個人情報として厳格に管理され、漏えいするようなことがあってはいけません。

そして、従業員が産業医への健康相談を申し出できることや、申し出する場合の手順についても、細かく伝えておかなくてはなりません。周知内容については、見やすい場所に掲示するなどして、従業員が常に確認できるようにアナウンスする必要があります。

企業の取り組み3.長時間労働者への対応

長時間労働者への対応も、時代とともにより客観的に見ることが求められています。企業は、従業員の労働時間をタイムカードやコンピューターへのログイン時刻など、さまざまな方法で把握しておかなければなりません。また、それにより長時間の労働が分かった場合には、その従業員に対して、通知を行うことが義務付けられています。長時間労働者の体調の変化には、常にアンテナを張っておくことが大切です。

疲労の蓄積などから、従業員は健康相談を申し出ることが可能です。一定の水準を超える長時間労働を行っている従業員に対しては、前述の通り、産業医が面接指導を行わなければなりません。場合によっては、就労制限を促すこともあるでしょう。また、面接指導の費用は、企業側が負担する必要もあります。

産業医に求められる「質」とは

産業医は、企業においてさまざまな業務に関わっており、その役割は細分化の一途を辿っています。これからの産業医に求められているのは、従業員の心身の健康を保つための高い質です。たとえば、リモートワークやテレワークなど、短時間勤務をしたり在宅勤務をしたりして、多様な働き方をする人は増えています。その一方で、労働環境におけるストレスも、より多種多様になっているといえます。

それを踏まえたうえで、それぞれの従業員に適したコミュニケーションを取れる産業医が求められています。健康診断結果の判断もやはり主な仕事内容ではありますが、社会の変化に伴って、長時間労働に関する面談や、メンタルヘルスに関する相談は増加し続けるでしょう。そのため、働き方改革により産業医の権限が強化されたのにも当然意味があります。これからの産業医は、相談を受け付けるだけではありません。社内における健康面や衛生面の課題をすぐに発見して、主体的に行動することが求められているため、その権限が強化されています。ゆえに、企業は法令に従って環境を整えるばかりでなく、質の高い産業医と積極的に協力することが求められています。そうすることにより結果的に企業としての信頼にもつながっていきます。

従業員の健康確保のために質の高い産業医を

働き方改革で産業医の権限は強化され、それに伴って企業はさまざまな取り組みを行うことが求められています。また、産業医自身も、より高い質が求められています。適切でない産業医を選任することは、企業の信頼問題に発展してしまう場合もあるでしょう。業界最大級の産業医紹介サービス「エムスリーキャリア」では、質の高い産業医が多数登録しているため、従業員の健康確保のために利用してみてはいかがでしょうか。

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください