catch-img

産業医の仕事や役割とは?働き方改革で企業が取り組むべきこと

働き方改革が進められる中で、産業医の機能強化に積極的に取り組んでいる企業も多いです。
しかし、産業医の仕事内容や、どんなことに取り組めばよいかよくわからない企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士もまた、多いのではないでしょうか。


ここでは、産業医の仕事内容や役割、企業が行う取り組みなどについて紹介していきます。


目次[非表示]

  1. 1.産業医とは?
    1. 1.1.病院・診療所の医師と産業医の違い
    2. 1.2.産業医になるための条件
  2. 2.産業医の選任義務が発生する企業の基準
    1. 2.1.嘱託産業医と専属産業医
  3. 3.産業医の業務内容
    1. 3.1.産業医の業務①:従業員の健康・安全を確保
      1. 3.1.1.衛生委員会への出席
      2. 3.1.2.職場巡視
      3. 3.1.3.衛生講話
    2. 3.2.産業医の業務②:従業員の健康情報をチェック
      1. 3.2.1.健康診断チェックと事後措置
      2. 3.2.2.ストレスチェックの実施
      3. 3.2.3.高ストレス者面接指導
      4. 3.2.4.長時間労働者への面接指導
    3. 3.3.産業医の業務③:メンタルヘルス不調者などへの面談
      1. 3.3.1.休職面談
      2. 3.3.2.復職面談
  4. 4.働き方改革で企業が取り組むべきこと
    1. 4.1.産業医の活動環境の整備
    2. 4.2.健康相談の体制整備
    3. 4.3.長時間労働者への対応
  5. 5.産業医に求められる「質」とは
    1. 5.1.従業員の健康確保のために質の高い産業医を


産業医とは?


産業医とはそもそも、労働者の健康や安全を管理し、主に健康指導をその仕事内容とする医師のことを指します。


産業医にはまず、労働者の健康管理などを行うための、専門的な知識が当然必要です。
さらに、産業医になるには医師であることに加えて、厚生労働省令が定めるいずれかの要件を備えていなければなりません。


たとえば、特定の機関が行う研修を履行する必要があったり、または、労働衛生コンサルタント試験に合格したりすることが条件です。


企業側においては、常時労働者数50人以上の事業場では産業医選任の義務もあります。
その背景には、産業構造や雇用形態の変化が関係しています。


社会のあり方が変化している中で、従業員が抱える健康面の問題は肉体的なものばかりではありません。職場での人間関係のストレスから生じる精神的な問題など、そのケースはまさに多様化しています。


さまざまなケースが増えてきた分、産業医に求められる役割はより多岐にわたるようになってきたといえます。


病院・診療所の医師と産業医の違い

医療機関(病院・診療所)で働く医師も産業医も医師資格を持っています。


産業医になるにはさらに資格が必要で、資格を得た病院の医師がアルバイトで産業医をしたり、病院から産業医に転職したりしています。


また、医療機関の医師とは役割や業務内容が異なります。
病院や診療所で働く医師(主治医)は、痛みや不調を訴える患者に対して、検査や診断、治療を行います。


産業医は、事業場において労働者の健康管理等を担っており、そのために専門的立場から指導・助言を行います。他にも、産業医は従業員と企業との中立的な視点から状況を把握し、休職や復職について意見します。


産業医になるための条件

産業医になるには、医師免許を持っていることに加えて、厚生労働省の定める労働安全衛生規則第14条第2項の要件を備えていなければなりません。日本医師会か、産業医科大学の研修を受けて資格を取得するのが一般的です。


労働安全衛生規則第14条第2項

  1. 労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識についての研修であって厚生労働大臣が指定する者(法人に限る。)が行うものを修了した者
  2. 産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であってその大学が定める実習を履修したもの
  3. 労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの
  4. 学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師の職にあり、又はあった者
  5. その他厚生労働大臣が定める者(現在、定められている者はありません。)


産業医の選任義務が発生する企業の基準

産業医の選任は、労働安全衛生法で義務付けられています。


事業場に常時いる労働者が50名以上になると、産業医を選任しなければいけません。
労働者50~3000人の事業場では産業医(専属)1名以上、労働者3001人以上で産業医(専属)2名以上の選任が必要です。


ただし、労働者50~999名なら嘱託産業医でも可能です。
また、有害業務に従事する労働者が500人以上いると、専属の産業医1名以上が必要です。



【出典】厚生労働省:現行の産業医制度の概要等


嘱託産業医と専属産業医

専属産業医とは、「対象の事業場と直接契約することで所属(専属)している」産業医を指します。


一方、嘱託産業医は普段はそれぞれ医師として勤務している医師が、月に複数回のペースで事業場を訪問し、職場巡視や各種面談等の産業医業務を行う産業医を指します。



産業医の業務内容


産業医の業務①:従業員の健康・安全を確保


衛生委員会への出席

「常時使用する労働者」が50人以上いる事業場には衛生委員会の設置義務があり、委員には産業医が必要です。
そのため、産業医が事業場を訪問するタイミングで衛生委員会を開催している企業が多いようです。


衛生委員会への産業医の出席は義務付けられていませんが、産業医が専門的見地からアドバイスや、職場巡視などの報告を行うことが望ましいとされています。これにより、衛生委員が当事者意識を持ち、健康経営への理解も深まることで、職場の問題解決に繋がることが期待できます。


衛生委員会では必ず担当者が議事録を作成、保存します。
議事内容は、産業医や委員が出席できなかった場合に共有し、内容を確認できるようにしましょう。


職場巡視

職場巡視とは、産業医が作業環境を実際に見て回り、安全衛生上の問題点を見つけて改善していくことです。原則として、月1回以上は行わなければいけません。


なお、「事業者の同意を得ること」と「事業者から産業医に所定の情報を毎月提供すること」の2つの条件を満たす場合は、2ヶ月に1度の職場巡視でも可能です。


職場巡視については、以下の記事で詳しく説明していますので是非参考にしてみてください。


【関連記事】
衛生管理者による職場巡視は義務なのか?労働環境改善に役立つポイントを徹底解説
職場巡視~実施するだけになっていませんか? 改善までつなげるポイントとは


衛生講話

衛生講話とは、産業医や産業保健スタッフが従業員に向けて、従業員の健康や衛生管理のために開催する研修のことです。
ただし衛生講話には法的な実施義務はなく、頻度や開催方法も定められていません。


産業医の業務②:従業員の健康情報をチェック


健康診断チェックと事後措置

従業員の健康診断の結果からさまざまな判断を行うことは、産業医の主な業務の1つと言えます。
診断結果から、異常所見がないかをチェックし、場合によっては受診勧奨をします。


さらには、現時点で異常が出ていなくても、将来的な疾病リスクが想定される従業員に対して具体的な改善方法などを保健指導し、リスク回避することも産業医の役割と言えます。


なお、労働者50人以上の事業場では、定期健康診断の結果を所轄の労働基準監督署長に報告しなければいけません。
報告書には、産業医の氏名・押印が必要になります。


ストレスチェックの実施

労働者が常時50人以上の事業場ではストレスチェックの実施が義務となっています。
産業医はその実施者になることが認められており、計画から実施、職場環境改善まで関わることになります。


ストレスチェックの結果は、実施者から直接本人に返され、企業が結果を得るには本人同意が必要となります。
また、実施者は実施状況を毎年、所轄労働基準監督署長に提出します。


ストレスチェックについては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。


【関連記事】
ストレスチェックの対応できていますか?導入から実施までの流れを徹底解説


高ストレス者面接指導

ストレスチェックの結果、医師の面接指導を受ける必要と判定された社員などが面接指導を申し出た場合、産業医は申し出から1か月以内に面接指導を行わなければいけません。


面接指導後は、企業が医師の意見を踏まえて、労働時間の短縮などの措置を検討・決定をしていきます。


高ストレス者対応については、以下の記事で解説しています。


【関連記事】
ストレスチェックは義務?高ストレス者に行う面接指導について解説!


長時間労働者への面接指導

長時間の労働による健康障害を予防するため、長時間にわたる労働により疲労が蓄積している従業員に対して、事業者は医師による面接指導を行わなければなりません。


月80時間超の時間外・休日労働を行った労働者がいた場合、企業はその氏名と労働時間を産業医に提供する必要があります。
そのうち、疲労の蓄積が認められる者が申し出た場合は、医師による面接指導をしなければなりません。


詳しくは以下の記事で解説しています。


【関連記事】
長時間労働はなぜ問題になるのか?労働環境を見直すべき理由
【長時間労働者への産業医面談とは】どこから「長時間労働」? 「産業医面談」って何をするの? 


産業医の業務③:メンタルヘルス不調者などへの面談


休職面談

メンタルヘルス不調などによる遅刻・早退・欠勤が続いたり、休職希望を希望する社員がいたりした場合に、産業医が休職面談を行うことで、休職が妥当かどうかを医学的・客観的に判断しやすくなります。


復職面談

休職中の従業員が復職を希望した場合、産業医として「復職が可能か」を意見するための面談です。
復職面談については以下の記事をご覧ください。


【関連記事】
従業員の復職面談はどうすればいい?流れや方法を分かりやすく解説!



働き方改革で企業が取り組むべきこと



働き方改革関連法により、産業医の機能強化が進められています。
ここでは、産業医を選任している企業が行うべきことを紹介していきます。


産業医の活動環境の整備

まず、企業は産業医の活動環境を整備し、産業医が従業員の健康管理を適切に行えるようにする必要があります。


働き方改革により、産業医を求める声は日に日に大きくなっています。
もちろん企業側、もしくは従業員側どちらにも傾き過ぎないようバランスが大切ですが、企業は産業医への情報提供や、産業医の発言力を強化しなくてはいけません。


残業時間の上限規制などが法律で定められ、行政からの指導が強化されてきている昨今、企業としては法令遵守に気を配る必要があります。産業医から助言・指摘を受けることもあるでしょうが、その場合には積極的に是正していくべきです。


法令遵守はあくまで最低限のラインであり、その後は健康経営の実践も目指していくことが企業の採用力・生産性の向上にも繋がることでしょう。


健康相談の体制整備

産業医を選任した企業は、従業員が安心して健康相談を受けられるように体制を整える必要があります。
具体的には、産業医の存在・業務内容を社内に周知しなくてはなりません。


そのうえで、従業員の健康情報は個人情報として厳格に管理し、漏えいするようなことがあってはいけません。


そして、従業員が産業医への健康相談を申し出できることや、申し出する場合の手順についても、細かく伝えておかなくてはなりません。周知内容については、社員がよくアクセスする社内イントラネットや、社内の見やすい場所に掲示するなどして、従業員が常に確認できるようにアナウンスする必要があります。


長時間労働者への対応

長時間労働者への対応も、時代とともにより客観的に見ることが求められています。
企業は、従業員の労働時間をタイムカードやコンピューターへのログイン時刻など、さまざまな方法で把握しておかなければなりません。


また、それにより長時間の労働がわかった場合には、その従業員に対して、通知を行うことが義務付けられています。
長時間労働者の体調の変化には、常にアンテナを張っておくことが大切です。



産業医に求められる「質」とは


従業員の健康確保のために質の高い産業医を

働き方改革で産業医の権限は強化され、それに伴って企業はさまざまな取り組みを行うことが求められています。
そして産業医自身も、より高い質が求められています。


例えばオフィス勤務メインの事業場では、メンタルヘルスに強い精神科医を産業医に選任するべきでしょう。もしも適切でない産業医を選任すると、社員の喪失や、企業の信頼問題に発展してしまう可能性もあります。


全国の医師の約9割、28万人以上の医師会員基盤を有するエムスリーキャリアなら、質の高い産業医を紹介することが可能です。「ニーズにマッチした産業医が見つからない…」とお困りの企業担当者様はこの機会にぜひ利用してみてはいかがでしょうか。



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください