catch-img

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。


選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。


さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。


自分の会社にマッチした産業医を探す4つのルート

産業医が担う職務は、従業員の健康相談を受けるだけではありません。職場を巡視し、危険や問題がないかどうかチェックしたうえで改善措置を講じたり、従業員へ安全衛生に関する研修を行ったりします。ほかにも、衛生委員会などへの出席、ストレスチェックの実施および結果にもとづいた従業員への面接指導など、その職務は多岐にわたります。


これらの職務を問題なく遂行できるよう、知識や行動力が優れた産業医を選ぶことが大切です。それと同時に、「自社の目的に合っているか」という点も考えなければなりません。たとえば、メンタルヘルス対策を重視したいなら精神科の医師、女性が多い事業場なら女性医師にするなど、産業医に期待するポイントを事前に明確にしておくと選びやすいでしょう。


選任したい産業医のイメージを固めたら、それとマッチする産業医を探します。産業医の探し方としては、「定期健康診断を依頼している病院・健診団体に相談」「地域の医師会に相談」「自社の人脈を活用する」「医師紹介会社に依頼する」という4つのルートが基本です。それぞれ以下のように特徴が異なるので、自社が重視するポイントに応じてルートを選びましょう。


定期健康診断を依頼している病院・健診団体に相談

  • 定期健康診断の実施を依頼している病院などに、産業医の紹介もお願いできないか相談するのが一般的
  • 断られても特にリスクがない上に、時間や手間をかけずに産業医を見つけられる可能性が高い
  • 定期健康診断を依頼している病院の医師が産業医としての契約に対応していないケースもある
  • 費用を事前に確認する(費用が相場より高いことがあるため)
  • 対応してくれる業務内容をよく確認する(対応業務が必要な産業医業務を満たしていないことがあるため)


地域の医師会に相談

  • 47都道府県にそれぞれ医師会が存在し、地域で活動する多くの医師が登録している
  • 医師会はその地域の医師をほぼすべて把握しているため、産業医を紹介してもらえることもある
  • 産業医の紹介に対応していない医師会もあるので注意が必要
  • 医師会はあくまでも産業医の紹介をするだけで、職務内容や報酬などの交渉は企業自身が行わなければならないことが多い
  • 企業に産業医の採用経験がある担当者がいない場合、交渉がまとまらず採用までに時間がかかるケースも珍しくない


自社の人脈を活用する

  • 経営陣や管理部門の知り合いなどを通じ、すでに産業医を選任している企業に相談する
  • 懇意にしている企業が産業医に関するノウハウを教えてくれたり、産業医を紹介してくれたりする可能性もある
  • 紹介された産業医が、自社の求める条件にマッチしていない可能性もあるので注意が必要
  • マッチしない産業医でも、紹介してくれた相手との関係上、簡単には断りにくい
  • 人脈は、強みであるのと同時にしがらみにもなるため注意する


医師紹介会社に依頼する

  • 一般的な従業員採用と同様に、医師を扱っている人材紹介会社も存在する
  • 多くの医師が登録する紹介会社であれば、企業のニーズにマッチする産業医を見つけられる可能性が高い
  • すべての人材紹介会社が産業医に対応しているわけではないので注意が必要
  • 産業医紹介に豊富な経験を持つ紹介会社なら、雇用形態や報酬など詳細についても相談できる
  • 産業医と契約に至った場合は紹介手数料を支払うケースが多い
  • コストはかかるが、ニーズに合う産業医が見つかる可能性が高く、交渉などを代行してもらえるなどメリットが多い


【関連記事】


産業医を紹介してもらう方法

産業医は、企業の健康経営を進めるにあたり重要な役割を担っています。。しかし、開業医など本業のかたわらで産業医をしている医師も多く、本業が多忙などの理由で産業医を断られてしまうケースも珍しくありません。


平成27年に日本医師会が行った調査によると、産業医資格保有医師のうち産業医として活動している医師は全体の62%に留まりました。

(参考:厚生労働省「産業医活動に対するアンケート調査の結果について」)


すべての医師が産業医資格を保有しているわけではなく、限られた人材の中から自社のニーズにマッチする産業医を見つけなければならないのです。医師について、詳しい情報を持たない企業が自力で探すのは非常に難しいでしょう。


このため、実際には地域の医師会に相談する、産業医の紹介サービスを利用するなど、紹介に頼るケースが一般的です。


医師会に相談する

  • 事業場のある市区町村など地域の医師会に相談する
  • 紹介してもらえるのは、その地域で産業医として活動している開業医が中心
  • 医師会によっては、質の高い産業医の育成や能力向上に取り組んでいるケースもある
  • 地域に特化した産業医が見つかる可能性が高い


産業医の紹介サービスを利用する

  • 人材紹介サービスの中には、産業医の紹介を扱うところもある
  • サービスに登録する多くの医師の中から、自社に合った産業医を紹介してもらえる
  • 嘱託産業医は紹介サービスにより報酬ががはっきりと提示されることも多く、コストを把握した上で計画的な健康管理が実施できる
  • 専属産業医は紹介会社が仲介するケースも多く、雇用条件など時間がかかる交渉を任せることも可能
  • 業務委託形式で産業医を紹介するサービスの場合、契約後のフォローや企業の産業保健活動のサポートを行うところも多い

【関連記事】

はじめての産業医選任! 産業医との契約について詳しく解説!

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど


産業医を選任する意味を理解し、法令を遵守して正しい方法で産業医を選任しよう

ストレス社会とも呼ばれる現代では、仕事上のストレスで休職や退職に至ってしまう従業員も少なくありません。厚生労働省が2018年に行った労働安全衛生調査では、メンタルヘルスの不調で1カ月以上休業した労働者がいた企業は6.7%、退職者がいた企業は5.8%にも上りました。

(参考:厚生労働省「平成30年 労働安全衛生調査(実態調査) 事業所調査」)


この数字を見ても、いかにメンタルヘルスの問題が深刻になっているかがわかるでしょう。このような背景をふまえ、従業員の心身の健康を守るために選任されるようになったのが産業医なのです。


産業医の活躍によって、従業員の休職や退職を防ぐことができれば、さまざまなメリットが期待できるでしょう。


従業員本人が毎日を快適に過ごせるのはもちろん、企業も生産性の低下を防ぐとともに、新たな人材を採用・育成する時間やコストを削減できます。従業員を守ることが、ひいては企業の利益にもつながるのです。産業医の選任が、いかに大きな意味を持つかがわかるでしょう。


従業員の健康を守ることで生産性向上につなげる健康経営や、それをもとにモチベーションやエンゲージメントの向上を目指すウェルビーイング経営には自社に適した産業医の選任が必要不可欠です。では「自社に適した産業医」はどのような観点で選べば良いのでしょうか。


企業が産業医に求める役割は、それぞれの企業ごとに異なります。このため、良い産業医の基準は一概には言えず、企業の経営方針や健康経営、ウェルビーイング経営における目的に沿って活動してくれる産業医を見極めることが大切です。また、従業員の健康面の問題を早期に発見・解決するためにも、コミュニケーションスキルや、企業側との調整力にも優れていることが求められるでしょう。


このような産業医を効率良く見つけたいのであれば、多くの登録者リストから希望する条件を比べることのできる、産業医紹介サービスを利用することがお勧めです。


「エムスリーキャリア産業医紹介サービス」では登録者数28万人以上の医師会員基盤より、多種多様な専門性や年齢の産業医を紹介することができます。


全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応可能なことに加え、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も魅力です。


さらに、選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや、窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。


本記事で記載したように、様々な紹介ルートを使って産業医を探すことができます。自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を専任したいのか相談をしてみましょう。


健康経営を進め従業員の満足度を向上し、企業価値を高めるためにも、自社に適した産業医を見つけましょう。



産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

関連記事

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

「うちの会社も必要!?」産業医の選任が必要になる条件とは

法律・制度

企業に産業医が必要になるタイミングをご存じでしょうか? 「うちはまだ大丈夫」という企業でも、気が付いたら選任基準を満たしていて慌てて産業医を探すといったケースは意外とあるものです。 本記事では「産業医の選任基準」についてお伝えしていきます。

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

産業医との契約形態にはどのようなものがある?種類と特徴について詳しく解説!

産業医

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください