ストレスチェックは義務?高ストレス者に行う面接指導について解説!

ストレスチェックは、2015年にスタートした、健康を促進するための制度の一つです。ストレスチェックを用いた結果、高ストレス者と選定された従業員から面接指導の申し出があったときは、医師による面接指導が必要となります。この記事では、高ストレス者の面接指導を行うために、知っておくべきことや注意点について解説していきます。


1.ストレスチェックの概要と目的

まずは、ストレスチェックの概要と、その目的について解説していきます。


1-1.概要

ストレスチェックとは、常時50人以上の従業員を抱える事業場での実施が義務付けられている検査の一つです。労働基準法第66条の10に基づいており、2015年12月より施行されています。また、50人未満の事業場においては、2019年現在、努力義務と位置付けられています。対象となった事業場は、対象者に対し、毎年1回のストレスチェックを行わなければなりません。
ストレスチェックの対象者は厚生労働省により、以下のとおり規定されています。

ストレスチェックの対象者となる「常時使用する労働者」とは、次のいずれの要件をも満たす者をいいます(一般定期健康診断の対象者と同様です)。

  1. 期間の定めのない労働契約により使用される者(期間の定めのある労働契約により使用される者であって、当該契約の契約期間が1年以上である者並びに契約更新により1年以上使用されることが予定されている者及び1年以上引き続き使用されている者を含む。)であること。
  2. その者の1週間の労働時間数が当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上であること。

(引用元:労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル

このように、正社員はもちろん、条件を満たしていればパートやアルバイトも対象となります。ただし、経営者や役員、派遣労働者は対象に含まれません。

ストレスチェックの結果、心身のストレス反応に関する項目の評価点が高いと、高ストレス者と判定されます。また、評価点の合計が一定以上でかつ、仕事のストレス要因や周囲のサポートに関する項目の合計点が著しく高い人も同様です。"


1-2.目的

ストレスチェックを実施する目的は労働者の健康管理を行うことで、企業としてはもちろん、社会全体としての生産性を高めていくことにもつながります。もう少し詳細にいうと、まず考えられるのが、労働者のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐということです。つまり、労働者のストレスの程度を労働者自身も把握することで、うつなどを防ぐことが目的となります。勤務形態が変わる中で、労働者がストレスに感じるものも多種多様になっています。うつとひと言にいっても、従来のうつ病なのか、新型うつとされるものなのか、それは一概にいえるものではありません。それらを包括的に防ぐために、ストレスチェックは行われるといって過言ではないでしょう。

また、ストレスチェックの実施結果を分析することで、高ストレス者となっている社員を見極めることも可能です。ストレスを感じていることを隠している社員も少なくありません。もちろん多少の我慢は必要だとしても、ストレスに的確に対処しないと、かえって会社の不利益になってしまうこともあります。高ストレスかどうかを早期に発見することは、企業にとっても非常にメリットがあることだといえるでしょう。

分析した結果を、職場改善につなげていくことも可能です。つまり、労働者が働きやすい職場環境を目指すことにもストレスチェックを実施する目的があるといえます。ストレスチェックは実施して終わりではありません。トライアンドエラーで職場の改善を図ることで、企業としての信頼を獲得していくことにもつながるといえるでしょう。


2.ストレスチェックで高ストレス者に行う面接指導とは?

続いて、前述した、ストレスチェックで高ストレス者に行う面接指導の対象となる人やその条件、一方の面談を行う側の人はどのような人なのかを解説していきます。

2-1.高ストレス者面談の対象となる人

ストレスチェックで高ストレスと診断され、医師との面接指導を希望する労働者がその対象となります。ここで重要なことが、本人が面接指導を希望しない場合は、実施されないという点です。企業全体で健康経営に取り組む場合などは、高ストレス者に対して早期の解決を図ることも大切です。放っておくと、企業として重大な過失になってしまう可能性も否定できません。できるだけ面接指導を受けるよう促すことも意識しておきましょう。

また、申し出を行った労働者は、ストレスチェックの結果を事業者への提供に同意したとされます。そのため、労働者に事前に周知させておくことが重要です。"

2-2.高ストレス者面談を行う人

高ストレス者面談を行う人については、まず、労働安全衛生法第66条で制定されているということを把握しておきましょう。法律上では、面接指導の実施者は、広く医師となっています。しかし、より詳細に定められている厚生労働省のストレスチェック制度実施マニュアルにおいては、職場環境を十分に理解している人、つまりその企業の産業医が面談指導を行うことが望ましいとされています。いずれにせよ、自社の状況をしっかりと把握していることが大切です。もし医師をアウトソージングで依頼するとしても、面接指導の経験が豊富にある産業医の資格を持っている医師に依頼することが望ましいでしょう。

3.高ストレス者の面接指導の際に会社が準備するもの

高ストレス者の面接指導の際には、会社は何を準備すれば良いか迷う担当者も多いのではないでしょうか。ここでは、面接指導の際に準備するものについて紹介していきます。

3-1.面接指導の際に必要な情報

面接指導の際には、まず、厚生労働省が定めた、医師が参考にする情報を準備する必要があります。たとえば、氏名や年齢はもちろん、部署や役職、所属する事業場名なども含んだ対象となる労働者の個人情報です。事業場によって行われる作業は異なる場合があります。それらを把握することで何がストレスの要因になっているかを、より詳細に把握することができます。加えて、ストレスチェックの結果はもちろんですが、定期健康診断などの結果も準備しなければなりません。

また、ストレスチェックを実施する前1カ月分の労働時間や日数のほか、業務の内容なども情報として準備しておく必要があります。環境の急激な変化が起こったためにストレスを感じているのかなどを確認することができます。さらに、ストレスチェックをした時期の仕事の忙しさに関する情報も必要です。その業務自体の忙しさが原因で高ストレスとなっているのかを把握することが可能です。また、定期的な職場巡視による職場環境についての情報も添えておく必要があります。"

3-2.報告書や意見書を記入する用紙

企業には、医師から提出してもらった面接指導の記録を、5年間保管する義務があります。そのため面談の前には、報告書や意見書用の用紙をあらかじめ準備しておくとスムーズです。報告書・意見書には、労働者の氏名や医師の氏名のほか、実施年月日、労働者の現在の心身の負担状況、医師の意見を含む面談の結果などを、面談を実施した医師が記載する必要があります。厚生労働省がフォーマットを公表しているので、参考にしてみるのも良いでしょう。


4.面接指導後に会社がするべきことと注意点

面接指導は実施して終わりではありません。面接指導をしたあとには、会社がするべきことや注意点などがいくつかあります。どのようなことが挙げられるか、その詳細を解説していきます。

4-1.面接指導後に会社がするべきこと

面接指導後に会社がするべきことはいくつかあります。まず、速やかに医師からの意見を聴取することを心掛けましょう。面接指導の実施後、遅くとも1カ月以内には聴取し、従業員のストレスの程度に応じて対応を始めることが大切です。緊急の措置を取らなければならないケースも十分に考えられます。迅速に対応することは、企業としての信頼を得ることにもつながるでしょう。また、前述の通り、面談時の記録を作成したうえで、5年間保存する必要もあります。

4-2.面接指導後の注意点

面接指導後に注意するべきこととしては、面接指導の申し出を理由に、従業員に対して不利な扱いを行うことは禁止されているという点が挙げられます。これは、労働安全衛生法第66条にて明確に禁止されているため、破ってしまうと法律違反となってしまいます。加えて、面接指導の結果による解雇や退職を勧めること、また、不当な配転なども行うことができません。しかしながら、たとえばうつ病の疑いがあり、緊急的な休養など、従業員の健康確保の必要性が高い場合は、その限りではないといえます。もちろん法的手続きを適正にとったうえで、措置の内容によっては合理的扱いになることもあります。

もっとも重要なことは、ストレスチェックの目的を忘れないということです。労働者の健康管理をしっかりとしたうえで、企業においては面接指導後の迅速な対応が求められます。目的を意識しつつ、なぜストレスチェックを行うのか、誰のために面接指導を実施するのかを常に考慮しておくようにしましょう。

まとめ

ストレスチェックや面接指導など、会社と医師が協力して取り組むことで、職場環境の改善や従業員のメンタルのケアなどを行うことが可能になります。しかし、健康管理体制を整えるには、企業として経験も必要です。従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐために不明点などがあれば、産業医の紹介実績も豊富なエムスリーキャリアに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

関連記事

ストレスチェックを産業医に断られたときの対応法!スポットサービスの活用

産業医選びのための知識

自社の産業医に「ストレスチェックの実施者」への就任を依頼したところ断られてしまった、というケースは意外とあるものです。 本記事では、産業医にストレスチェックを断られてしまった時にどうしたらいいのか?をご紹介しています。

会社のルールを決める就業規則は絶対必要?役割や注意点を解説!

産業医選任以外の義務

就業規則とは、会社が定める労働時間や賃金などのルールのことです。これらは、事業によっては、その作成や届け出、また、周知させることが法律で取り決められており、徹底しなければなりません。この記事では、就業規則の作成義務の内容や就業規則の役割、加えて、届け出をしなかった場合どうなるのかなどを詳しく解説していきます。

産業医の選任とあわせて企業に実施義務がある4つの報告について解説

産業医選任以外の義務

産業医を選任するにあたり、企業サイドにおいて行うべきことは数多くあります。そもそも、報告書の提出について詳しく知りたいという企業経営者や人事労務担当者、または、顧問企業をもつ社労士も多いのではないでしょうか。この記事では、産業医選任報告の提出方法や、そのほかにも企業が実施しなければいけない取り組みや報告について解説していきます。

健康経営に欠かせない衛生管理者とは?選任義務と必要な資格について解説

産業医選任以外の義務

従業員の健康に配慮した健康経営をするうえで、衛生管理者は必要不可欠です。特に、条件を満たす事業所であれば、衛生管理者を配置することが義務付けられています。しかし、そもそも衛生管理者とはどのような役割で、配置することでどのような効果があるのか理解しているでしょうか。ここでは、衛生管理者を配置する際に最低限覚えておきたいポイントについて詳しく紹介します。

「パワハラ法案って何だろう?」企業や担当者ができる対策・心構え

法律

「パワハラ法案が可決したことで、人事や社内においては具体的にどのような対策や対応が必要なのだろうか・・・」 ――この本案の登場によって人事や総務、労務担当者の中には、気になる社員の顔がチラついている人も少なくないはずです。 2020年4月から、パワハラ法案と呼ばれるパワーハラスメント(以下、パワハラ)防止を義務ける関連施策が正式に始動することが決まりました。 この記事では「法案の意味やその内容」「企業として、どのような対策や心構えが必要なのか?」など、ご担当者の疑問を一つでも多く解消していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください