どこから手をつけたらいい?健康経営導入の流れと成功のポイント

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、企業の戦略として取り組むことを指します。また、政府が行う「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。労働力不足や長時間労働などが社会問題となっている中で、健康経営は問題改善が期待できる経営手法として注目されています。ここでは、健康経営導入の流れと、成功させるために押さえておきたいポイントを説明していきます。

1. 健康経営導入の流れ

健康経営を導入するうえでは、闇雲に手をつけても失敗してしまう可能性があることに注意が必要です。しっかりと順序立てて導入していかなければなりません。まずは、健康経営を導入するときの基本的な流れを説明していきます。


1-1. 担当部署の設置

まず、専任の部署を設置していきましょう。健康経営に特化した部署を作り、専門性をもって臨みます。たとえば、人事部をはじめ各部署から担当者を選出したり、場合によってはアウトソージングをしたりするのも一つの手でしょう。在籍社員から担当者を選出する場合、専門的な知識を持ち合わせていないことも十分考えられます。そのため、健康管理研修の受講を促進して、バックアップを図ることも重要です。また、役員会での定期的な活動報告をすることで、全社共通の取り組みという意識を生み出すことも欠かせない要素の一つといえるでしょう。


1-2. 問題点の洗い出し

専門部署を立ち上げたら、現在の問題点や課題を洗い出すことが重要です。そのためにチェックする項目の具体例としては、健康診断やストレスチェックの結果のほか、その受診率などをまずは確認しましょう。それらは企業にとっての基本的なデータベースとなります。受診率が低い部署があれば、なぜ低いのか、どうすれば改善できるのかを把握していきます。それにともない、残業や休日出勤などの勤務データも確認していきましょう。受診率が低いのは、残業が多かったり、仕事量が的確でなかったりする可能性も考えられます。特に、管理職の場合は残業が多くなってしまうケースも少なくありません。その場合、労働時間を抑制するという課題を設定して、解決に取り組んでいきます。

また、従業員へのアンケートやヒアリングを実施することも有効です。外側からは見えにくい意見を直接取り入れることで、見えなかった問題点を洗い出すことができます。


1-3. 経営者による社内外への宣言

課題がある程度見つかり、方針が固まってきたら、経営者による宣言が必要です。健康経営の思想は一部の従業員が意識しても意味がありません。全社員共通の意識を持って取り組むことで、全体としての企業力を高めていくことに目的があります。そのため、まずは健康経営を経営理念へと明文化することが望ましいとされます。そのうえで、社内広報やプレスリリースなどで社内外に発信していきましょう。さらに、加入している健康保険組合によっては、健康企業宣言を行っている事業所を募集しているところもあります。それらに則り、健康企業宣言を行うのも良いでしょう。


社内のみならず、社外にも健康経営を実施していることをアピールすると、企業としての信頼度を上げることにつながります。ワークライフバランスがより求められる社会において、労働者の多くは、社員の心身の健康に配慮した企業を求めています。信頼がある企業として認められることは、結果として、優秀な人材を安定的に確保できる可能性を広げるといって過言ではないでしょう。


1-4. 問題解決の計画作成と実行

課題を確認し、解決に向けての計画を作成し終えたら、いよいよ実行に移していきましょう。取り組みの具体例として以下が挙げられます。

  • ノー残業デーの実施
  • 産業医による保健診断、食事や運動などに対する健康指導
  • フレックス制度の導入
  • リモートワークの導入
  • 労働時間内に体操やストレッチの時間を作る
  • スポーツイベントの開催
  • 短時間の昼寝の時間を作る

これらのほかにも、さまざまな実行例が考えられます。重要なことは、企業によって今求められるものや、今後必要とされるものが変わってくるということです。実行からある程度経ったら、計画に対してどの程度実行されたかの確認や、それによって得られた効果はどのくらいあったかなどを検証していきます。実行して終わりではありません。トライアンドエラーの精神で、繰り返し行うことで、新たな問題を解決しつつ、その精度を高めていきましょう。


2. 健康経営の成功に欠かせない産業医のアドバイス

健康経営を成功させるうえで欠かせないのは、産業医からのアドバイスです。働き方が見直される社会においては、セカンドオピニオン的な立ち位置からの意見が重要視されています。ここからは、産業医に関する詳細を説明していきます。

2-1. 産業医とは

産業医とは、労働者が快適な作業環境のもと、健康的に仕事に従事できるように、専門的な立場から指導や助言を行う医師のことです。労働環境自体に問題が無いか確認したり、健康増進に対する指導を行ったりします。また、身体的、もしくは精神的に問題があると見られる従業員に対して、就労制限をしたり、就労可否の判断をしたりするのも主な役割です。加えて、休職や復職の判定なども産業医の業務として認められています。

国内の産業医の多くは、月に1~2回程度巡視という形で企業の状況を判断していきます。また、産業医は診断や処方はせず、必要な場合には医療機関への受診を促したり、紹介する形をとっています。



2-2.産業医の選任義務

企業においては、条件に応じて産業医を選任する義務が発生します。まず意識しなければならないのは、産業医には専属と嘱託があるということです。専属産業医とは、その名の通り、その事業場専属の産業医のことです。嘱託産業医とは、前述のような、ほかの医療機関に属しつつ、月に数回企業を訪問する形で属している産業医のことを指します。会社の規模や事業内容によってこれらの選任義務が異なります。

それらを詳しく見ていくと以下のように分類されます。

事業所の従業員数
産業医の選任義務
1~49人
選任義務なし
※医師等による健康管理等の努力義務あり
50~999人
嘱託産業医1人
1000人~3000人
専属産業医1人
3001人以上
専属産業医2人

※ただし、有害業務に500人以上の労働者を従事させる事業場においては、専属の産業医の選任が必要。

(参照元:厚労省 現行の産業医制度の概要等

このように、会社の規模や事業内容によって、産業医の選任義務の基準は異なります。さらに、これらの義務は、産業医を選任すべき事由が発生した日、つまり基準の従業員数を超えた日から14日以内に選任しなければなりません。これを守らないと、労働安全衛生法に違反しているとみなされ、50万円以下の罰金が科される可能性があります。人材の採用に力を入れることは大切ですが、従業員が増えたことにより発生する選任義務を怠ってしまうと、思わぬ不利益を生じかねません。会社の規模が大きくなっても、従業員ひとりひとりの健康管理を意識することを心掛けましょう。


2-3. 産業医の報酬相場

産業医の報酬は、専属なのか嘱託なのか、その契約形態や会社の業務内容や規模などで異なります。大体の報酬相場としては、嘱託産業医の月1回の会社への訪問で、5~10万円ほどといわれています。専属産業医においては相場も上がり、週4日勤務で年間1000~1500万円ほどが相場といえるでしょう。ただし、もちろん産業医としての経験を考慮することも重要です。報酬に関しては、しっかりと事前に話し合いの場を設けたうえで、適切な金額を設定するようにしましょう。


2-4. 産業医の探し方

産業医の探し方としては、いくつか挙げられます。たとえば

  • 地域の医師会や医療機関、健診機関に相談する
  • 社内の人脈を駆使する
  • 医師人材紹介会社を利用する

などが考えられるでしょう。とはいえ、企業によって状況はさまざまです。自社に合った産業医を見つけるのは、特に産業医選任になれていないようなスタートアップの企業などでは、難しいといえます。そのような場合、産業医に特化した紹介サービスを利用するのも一つの方法です。以下の詳細を見てみましょう。


3. 「エムスリーキャリア」の産業医紹介サービスを利用するメリット

エムスリーキャリアでは、28万人以上の医師が登録するm3.comの会員基盤を活かして産業医の紹介サービスを行っています。さらに、専任のスタッフがヒアリングを行うことで、それぞれの企業の状況や悩みに合った産業医を紹介していきます。相談や見積もりは完全無料でかつ、「ストレスチェック後の面談のみ」のように必要なときだけ依頼できるスポットサービスも提供しています。産業医の選任に慣れていない企業や、健康管理面から見た現在の自社の状況を、より正確に把握したい企業にとっては、より有効なサービスの一つといえるでしょう。


まとめ

自社に最適な健康経営を行うには、問題点や課題を洗い出し、経営者のみならず、従業員全員で意識を持つことが大切です。また、健康経営の計画作成には、専門的立場から指導や助言を行う産業医のアドバイスが欠かせません。自社に合った産業医と出会うために、ますは一度エムスリーキャリアに相談してみてはいかがでしょうか。

人気記事

1

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

2

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

3

産業医 尾林誉史先生×企業の語り場 vol.1

企業の産業保健活動を推進するために、企業と産業医の間ではどのような連携が必要なのでしょうか。 今回は、カヤックの労務担当・植杉佳奈恵氏、カヤックの産業医を務める尾林誉史先生に、対談形式で実際に行っている産業保健の取り組みについて伺いました。

4

今、働き方改革で注目したいのは”働き方”に直結する社員の“食環境”

働き方改革の流れの中で、いま改めて考えたい社員の“食環境”。取り組みをされている企業はまだ少ないのではないでしょうか? 今回は「食から始める働き方改革」というテーマで、人気栄養士 笠井奈津子氏にお話を伺いました。

5

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

関連記事

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど

産業医選びのための知識

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

産業医を選任する意味とは?ウェルビーイング経営を支える産業医の選び方

産業医選びのための知識

働き方改革によって産業医に対する注目はより一層高まっています。しかし、産業医を選任することにどんな意味があるのか、しっかりと細部まで理解している企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士は少ないのではないでしょうか。この記事では、企業にとって産業医を選任することの意味や、よい産業医の選び方を紹介していきます。

【産業医寄稿】ラインケアはどのように行えばいいの?

産業医コラム

厚生労働省が発表している平成30年度の労働安全衛生調査(実態調査)の調べによると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合が、58.0%でした。さらに、精神障害による労災認定件数も、右肩上がりに増え続けている状況です。  「自分の周りは、メンタルヘルス不調と関係のない話だ」と思っていても、いつ、だれがメンタルヘルス不調になるかは、分からない状況であることは分かって下さい。そのために、常に予防する意識は持っておく必要があります。  平成18年3月に厚生労働省は、労働者の心の健康の保持増進のための指針において、4つのケアを上手く機能することが大切であると示しました。4つのケアとは、具体的には、「セルフケア」「ラインケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」になります。その中でも、今回は、管理監督者が行うラインケアについてみていきましょう。

院長の産業医兼任が禁止に いま医療機関が検討すべき選任方法とは

産業医選びのための知識

近年、産業医にはメンタルヘルス対策などへの貢献がますます求められています。 これまで法人代表者などが自らの事業場で産業医を兼務することがありましたが2017年より禁止されました。 今後、産業医とどのような関係性を築いていくのがよいか?産業医顧問サービス担当の菅野隼人氏にお話を伺いました。

医師を採用するなら嘱託産業医を狙え! ―医療機関の産業医“派遣”戦略(後編)

産業医選びのための知識

産業医に対する関心の高まりが、医療機関にとっては収入確保の“追い風”になると話すのが、エムスリーキャリア 産業医チームのコンサルタントお二人。 今回は企業向け産業医業務専任の非常勤医の採用を軸にお話を聞きました。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください