catch-img

衛生委員会を正しく開催する方法

衛生委員会の設置は、すべての会社に義務付けられているわけではありません。そのため、「衛生委員会についてまったく知らない」という方もいるのではないでしょうか。

また、衛生委員会を定期的に開催している企業でも、自社のやり方が正しいのかどうか自信が持てない担当者がいるかもしれません。今回は、衛生委員会の基礎知識と正しい開催方法について解説します。


■そもそも衛生委員会とは

労働安全衛生法は、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに衛生委員会を設置することを義務付けています。衛生委員会は社内組織で、構成メンバーは次の通りです。


・統括安全衛生管理者1人以上

統括安全衛生管理者は、その事業場で統括管理業務を担っている人が就きます。経営者、支店長、総務部長などが適任でしょう。


・衛生管理者1人以上

衛生管理者は、「衛生管理者」という資格を持つ社員または管理職などが就きます。


・産業医1人以上


・衛生に関する業務の経験がある労働者1人以上


衛生委員会は、上記のメンバーで社内の衛生に関することを調査、審議して、その結果をまとめ、事業者に意見します。事業者がその意見に沿って対策を講じることで、労働環境の衛生が維持・改善されるのです。(※1)


■衛生委員会の“テーマ”とは

衛生委員会は、安全衛生法で規定されている方法で開催します。衛生委員会のメンバーは、事業者が指名しなければなりません。衛生委員会は毎月1回以上開催し、開催後にそこで話し合われた内容をそのほかの労働者に周知する必要があります。また、開催したときに議事録を作成し、3年間保存しなければなりません。


衛生委員会が行うべき調査審議の内容は、次の通りです。(※2)

1 衛生に関する規程の作成

2 衛生に関する計画の作成、実施、評価、改善

3 衛生教育の実施計画の作成

4 定期健康診断などの結果を受けての対策

5 長時間労働による健康障害の防止策

6 労働者の精神的健康の保持増進


衛生に関する規定や計画などは、作成して実施することが求められているので迷うことはないと思います。しかし、衛生委員会は毎月開催しなければならないので、多くの企業がテーマ設定に頭を悩ませています。たとえば、2~3月は花粉症、4月は健康診断、5月はメンタルヘルス、7月は熱中症、11月はインフルエンザ、12月はノロウイルス…というように、季節性のあるもの、その時々で話題になっているテーマについて調査審議をしてみてはいかがでしょうか。毎回テーマ設定で悩まないためにも、年度はじめの衛生委員会で1年分のテーマ設定ができれば、健康対策にスムーズに取りかかることができるかもしれません。ときには、ストレス、パワハラ、食生活など、産業保健と密接なテーマに精通している専門家を招いて勉強会や講演会を開催しても良いでしょう。



■開催日のポイント

衛生委員会の開催日を、産業医が職場巡視する日と同じにする企業もあります。

職場巡視とは、産業医が企業内を巡回して作業環境を実際に見ることで、衛生上の問題点を指摘、改善する取り組みです。職場巡視の後に衛生委員会を開催すれば、産業医は「いま見たこと」を話題にすることができるため、何か問題があれば速やかにアプローチすることができます。


■PDCAで有意義な衛生委員会にする

PDCAとは、仕事をPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の4段階に分けて進めていく方法のことで、ビジネスシーンに浸透している考え方のひとつです。P→D→C→Aの順番で進めていき、Aに到着したらまたPに戻ります。このようなサイクルを繰り返していくことで、常に問題意識を持ち、課題改善に取り組んでいる組織の構築につながります。


このPDCAは、衛生委員会の運営にも応用することができます。(※3)

例えば、職場で心の病で休職する人が増えてきた場合、衛生委員会でメンタル対策を計画(P)することができるでしょう。そして、計画ができあがったら、リーダーなどの役職者に職場で実行(D)してもらいます。一定期間が経過したら、衛生委員会のメンバーが役職者にヒアリングして、取り組みの効果を評価(C)します。評価をすることで、「次回はこうしたい」という改善案(A)が出てくるので、より良いメンタル対策計画(P)を練ることができるのです。


■まとめ

衛生委員会は、設置するための条件、構成メンバー、開催後の対応など、さまざまな要件が定められています。議題はその時々で異なるかと思いますが、産業保健に対する何かしらの課題に向き合い、解決に向けて取り組む衛生委員会は、「職場の身近な問題を解決するチーム」でもあるのです。その機能を果たすためにも、企業で働く従業員にとって有意義な開催内容となるよう努めましょう。


【参考】

※1...参考:厚生労働省「衛生委員会について教えて下さい。」

※2...参考:厚生労働省「安全衛生委員会を設置しましょう」

※3...参考:厚生労働省「労働者の健康を守るために」 

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

衛生管理者による職場巡視は義務なのか?労働環境改善に役立つポイントを徹底解説

産業医選任以外の義務

労働安全衛生法により、50名以上の労働者がいる事業場への選任が義務付けられている「衛生管理者」。従業員が健康に働けるよう、職場の労働衛生面を全般的に管理するのが衛生管理者の主な役割です。従業員の健康面に関する処置のほか、作業環境の衛生面における調査や改善、衛生教育など、その職務は多岐にわたります。 その中でも、特に重要な職務として挙げられるのが「職場巡視」です。職場における労働衛生面の問題を早期発見するためにも、定期的な職場巡視は欠かせません。今回は、衛生管理者による職場巡視の基礎知識を踏まえ、職場巡視の流れや必要な事後措置などについて解説していきます。

産業医の選任とあわせて企業に実施義務がある4つの報告について解説

法律・制度

産業医を選任するにあたり、企業サイドにおいて行うべきことは数多くあります。そもそも、報告書の提出について詳しく知りたいという企業経営者や人事労務担当者、または、顧問企業をもつ社労士も多いのではないでしょうか。この記事では、産業医選任報告の提出方法や、そのほかにも企業が実施しなければいけない取り組みや報告について解説していきます。

健康経営に欠かせない衛生管理者とは?選任義務と必要な資格について解説

法律・制度

従業員の健康に配慮した健康経営をするうえで、衛生管理者は必要不可欠です。特に、条件を満たす事業所であれば、衛生管理者を配置することが義務付けられています。しかし、そもそも衛生管理者とはどのような役割で、配置することでどのような効果があるのか理解しているでしょうか。ここでは、衛生管理者を配置する際に最低限覚えておきたいポイントについて詳しく紹介します。

ストレスチェックは義務?高ストレス者に行う面接指導について解説!

法律・制度

ストレスチェックは、2015年にスタートした、健康を促進するための制度の一つです。ストレスチェックを用いた結果、高ストレス者と選定された従業員から面接指導の申し出があったときは、医師による面接指導が必要となります。この記事では、高ストレス者の面接指導を行うために、知っておくべきことや注意点について解説していきます。

衛生推進者は必要?―衛生推進者の職務内容

産業医選任以外の義務

事業場で雇用する従業員の数が常時10人以上になると「衛生推進者」を選ぶ必要があります。これは法律によって定められた義務であり、従業員の安全や健康を守るためにも欠かせないものです。ただ、労働基準監督署への報告義務がないため、衛生推進者についてあまり詳しく知らないという経営者も多いのではないでしょうか。 今回は、小規模の事業所で重要である衛生推進者について、その必要性や職務内容、選任基準などについて紹介していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください