catch-img

人事として知っておきたい!生産性アップに繋がる従業員エンゲージメント

「従業員エンゲージメント」の向上を通して、生産性アップを目指す動きが活発化しています。しかし、従業員エンゲージメントを向上させるための行動や方法が分からず、手をこまねいている人事労務担当者は少なくありません。

本記事では従業員エンゲージメントの説明をはじめ、そのメリット等についてお話します。従業員エンゲージメントの向上を通して、生産性や顧客満足度アップにつなげた企業事例についても紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。


従業員エンゲージメントとは

「従業員エンゲージメント」は、企業に対して従業員がどれだけ愛着や信頼を持っているかを示した指標です。つまり、従業員が企業に対してどれだけ貢献意欲や意識を持つかが分かります。

多くの企業が従業員エンゲージメント向上に取り組む背景には、生産性向上以外にも、従業員の帰属意識向上や離職防止といった理由が挙げられます。

これまでの日本社会は、終身雇用や年功序列などの制度によって、1社に長く勤めることが当たり前とされてきました。組織に身を置く時間も自然と長くなるため、従業員エンゲージメントについては大きな対策を取らなくてもは自ずと高まる状況だったとも言えます。

しかし現在は、働き方の見直しやライフスタイル変化によって、その当たり前が崩れようとしています。転職が容易になった社会や働き方の多様化によって、市場における人材の動きが流動的になりつつあるからです。

こうした背景から、「少しでも長く働きたい」と従業員に選んでもらえるためにも、企業は従業員エンゲージメントの向上等の努力をする必要が出てきました。


従業員エンゲージメントを高めるメリット

では、企業が従業員エンゲージメントを高めるメリットはどのような点にあるのでしょうか。簡単にご説明していきます。


従業員エンゲージメントを高めるメリット

・サービスや品質の向上

・顧客満足度のアップ

・売上増加など経営競争力の強化

・人材流出の防止

などが挙げられます。


経済産業省が主催する経営競争力強化に向けた人材マネジメント研究会では、「従業員エンゲージメントの強化が経営の競争力に直結する」と紹介されています。

この中で、従業員エンゲージメントが高い企業ほど、顧客満足度や生産性、売上といった評価が高いのはもちろん、離職率や業務中の安全、品質上の欠陥といったネガティブな要素が低い傾向にあることが報告されていました(※1)。 

また2013 Trends in Global Employee Engagementで は、従業員エンゲージメントが1%増加するだけでも、売上アップに関係するとの説明があります(※2)。


従業員エンゲージメントを高める方法

では、どのようにして従業員エンゲージメントを高めていけば良いのでしょうか。ここでは、人事労務担当者としてできる3つの方法についてご紹介します。


その1:社内コミュニケーションの改善

まず取り組めることは、「社内コミュニケーションの改善」です。これまで話せていなかった仕事における些細な気づきや考え、制度への疑問や要望などを対話する機会の提供です。

開けたコミュニケーションのスタイルを作ることで、社員たちが発言しやすい環境が作れるようになります。

仕事における対話状況の改善や活性化が促されることで、相互理解が深まることも期待されます。


その2:従業員が成長できるきっかけを提供

企業として、「従業員が成長できる機会と仕組みの提供」も重要です。従業員の希望を考慮した人事配置をはじめ、社内公募制度など自身の望む環境でチャレンジできるような仕組み作りも視野に入れてはいかがでしょうか。

また、「タレントマネジメント」という従業員が持つスキルや能力を把握することで、適材適所に人材を配置する方法もあります。組織の枠組みを変えるのは人事労務だけでは難しいですが、そのきっかけを社内に与えることはできるはずです。


その3:正当な評価が与えられる人事評価制度の設立

最後は、人事労務だからこそできる「人事評価を通したサポート」です。例えば現行制度の見直しや新しい人事制度の導入検討などが挙げられます。

最近ベンチャーやIT企業を中心に増えている評価スタイルが、「360度評価」です。これは、同僚・部下・他部署で業務上の接点がある人など上司以外からの評価を受けることで、多面的な視点から人材を見ることができます。他にも「コンピテンシー評価制度」「目標管理制度」などもありますので、自社の現状と照らし合わせながら検討することをおすすめします。

従業員それぞれに合わせてた評価体制の構築は難しいですが、その中でも社員の特性や傾向にあった人事評価を模索してみてはいかがでしょうか。


他社事例から見る従業員エンゲージメントの高め方

では、実際に従業員エンゲージメントの向上に成功した企業ではどのような内容が実践されているのでしょうか。ここでは、すでに取り組みを進めている4社について紹介します。


事例1:ユニリーバ

ユニリーバでは、2017年から全社員を対象に「What is your life purpose?(あなたが人生で成し遂げたいことはなんですか?)」テーマとしたキャリアディスカッションを実施しています。

仕事に向き合う意義や目的に対して内省の機会を意図的に増やすことで、自身の特性を理解し、パフォーマンス向上に繋げることが可能です。自身の意見や影響力を身に付けるきっかけにしてもらう狙いもあります。


事例2 :スターバックス

スターバックスでは、「Mission&Values」を通して、正社員やアルバイトといった労働形態に関係なく、従業員への向き合い方を提言しています。これにより、会社としての思いや考えを全メンバーに共有できる環境を形成しています。

またスターバックスはマニュアルを持たないサービススタイルでも有名です。このスタイルが実現できるのは、採用時にその人の価値観や人生観についてもヒアリングすることで、スターバックスとマッチする人材を常に確保できているからだと言われています。


事例3:小松製作所

小松製作所は2012年から「価値観やマネジメントについて記載した冊子『コマツウェイ』の配布」「マネージャーがメンバーに気を配るポイントの明確化」など、従業員エンゲージメントの底上げに全社で取り組みました。

結果として従業員エンゲージメント向上に成功したのはもちろん、売上高や営業利益率の増加といった成果が得られた成功事例として企業ブランディング向上という側面でも良い影響が得られました。


事例4:ヤマト運輸

ヤマト運輸では、「満足BANK」という社内イントラを運営しています。これは、良い行動をした社員を記名式で褒める制度です。褒められるとポイントが貯まり、そのポイントに応じて4種類のバッチが進呈されます。

従業員たちは、満足BANKを通して自己の必要性が認知でき、より仕事に精を出すことができます。大企業でありながらも、満足BANKを使うことで社内に褒めの環境が構築されました。


まとめ

この記事では、生産性向上にも欠かせない、従業員エンゲージメントの向上についてお伝えしました。

日本人の働き方に変化が出ている今だからこそ、企業と従業員の信頼関係が大切になってきます。まず、自社の従業員の現状を把握するところからは始めていき、生産性や顧客満足度の向上に少しずつ繋げていきましょう。


引用元

※1  経済産業省 経営競争力強化に向けた人材マネジメント研究会 P.9

※2  2013 Trends in Global Employee Engagement


産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

心理的安全性を高めてチームの生産性を向上――人事労務ができる4つの行動

ウェルビーイング

「心理的安全性」が高い  状態を企業内に作り出すことは、個人はもちろん、チーム全体がより良い成果を出すために大切なことです。人事労務担当者がこのキーワードを理解し、行動に移すことは、自社の労働環境を高める上で重要となってきます。 本記事では「心理的安全性」という言葉の意味をはじめ、その状態を確保するために意識したい内容をご紹介します。また、心理的安全性が企業や社員に与える 影響についても説明しますので、もし自社の 労働環境に悩んでいる方がいましたら、より良い環境を作るための第一歩として、ぜひご覧ください。

従業員50名以上の事業場に求められる健康労務上の4つの義務について解説

健康経営とは

従業員数が50名を超えた企業には、労働法令によって4つの義務が課せられています。 「そろそろ従業員が50名を超えそうだけど何から手をつければいいんだろう」「労基署から勧告を受けてしまった」。従業員規模の拡大に伴い、企業の人事労務担当者はそんな悩みを抱えている人も少なくありません。 本記事ではそのようなケースにおいて人事労務担当者が知っておくべき健康労務上の義務と手続きについて詳しく解説していきます。

ワーケーションとは?コロナ禍で加速する新しい働き方とメリット・デメリット

生産性向上

新しい働き方「ワーケーション」が注目を集めています。テレワークに似た働き方ですが、どう違うのでしょうか。この記事では「ワーケーションとは何か?」「ワーケーションのメリット・デメリット」「ワーケーションの具体的事例」「導入時の検討事項」などをご紹介していきます。

男性の育児休暇取得における企業メリット・デメリット

法律・制度

一般企業や行政をはじめ、政治家や芸能人など分野問わず広がりつつある男性の育児休暇取得。働き方改革や人事戦略としても、期待が寄せられている制度の一つです。 女性の活躍支援が働き方改革の一環として推奨されていることも、同制度が注目を集めるきっかけとなりました。労働現場に女性の力が必要とされるからこそ、男性には家庭を支える行動や積極的な子育て参入が求められるからです。 本記事では男性育児休暇制度の概要をはじめ、企業としての導入メリット・デメリットや他社事例についてご紹介します。ライフサポートに関する制度の充実は採用にも影響してくるため、ぜひ自社の制度導入の参考にしてください。

従業員から産休・育休の申し出があったらどうする?

法律・制度

子育てと仕事の両立を目指す女性も多くみられます。ただ、いざ従業員から産休・育休制度の利用について申し出があった場合、どのように対応すればいいのか悩んでしまうケースも少なくありません。申し出があった際にきちんと対処できるよう、企業が行うべき手続きについて、きちんと理解しておくのが肝心です。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください