catch-img

がんと共に働く従業員。企業、人事労務担当者がサポートのために出来ること

「従業員から『がんと診断されました……。」と報告を受けました。しかし弊社の人事労務体制で彼らをどのようにサポートできるかが分からず、担当者としては不安で仕方ありません。」

――このような悩みを抱えるのは、どの企業の人事労務担当者も同じです。

厚生労働省によると、がんに限らず病気を抱える従業員の92.5% が働きながらの治療を希望しています(※1)。

仕事と治療を両立したい従業員の要望に応えるには、企業が柔軟な姿勢や対応を取れるかが重要です。

この記事では人事労務担当者として、がんと共に働く人たちに対して企業として取り組みたい対応や行動、心構えなどをご紹介します。

行政が運営しているポータルサイトや制度、従業員同士の向き合い方についても説明するため、担当者はもちろん、周囲で働く従業員の方にもぜひご覧いただきたい内容です。

日本における「がん」の現状

そもそも、日本において「がん」の現状はどのようになっているのでしょうか。

がんは男女共にどの年代でも発症する危険性があります。

特に50代を過ぎるとがん発症率が増加し、高齢になるほど高くなる傾向にあります。

生涯でがんを患う確率は男女共に2人に1人(男性62%、女性47%)と言われているぐらいです(※2)。

ここでは国立がん研究センターが報告している「最新がん統計」より、がんに関する情報を抜粋してご紹介します。

2014年に「新たにがんと診断された人(罹患数)が多い部位」を男女別にすると以下です。

【男性】

1位 胃

2位 肺

3位 大腸


【女性】

1位 乳房

2位 大腸

3位 胃

(引用元(※3):国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計 1.日本の最新がん統計まとめ

男性のトップ3で紹介されている部位は、どれも2017年において「死亡数が多い部位トップ3」にもランクインしています。

女性の1位である乳房のがん(乳がん)は、著名人の乳がん体験やピンクリボン運動などを通して聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

さらにがんと診断された人が、5年後に生存している割合(5年相対生存率)は、男性59.1%、女性66.0%です(※3)。

医療の発達により、働きながら治療に取り組む「がんと共に働く」という人が増えてきました。

がんに罹患していることを世間に告白する著名人が増えてきたことも、後押ししているのかもしれません。

こうした背景から、がんに負けないで5年後もしっかりと生き、仕事にも元気に励めるような取り組みが企業へと求められているのです。

「がんと共に働く従業員」をサポートするために企業に求められる行動

では、「がんと共に働く従業員」を後押しするために、企業としてどのような行動が求められるのでしょうか。

人事労務担当者に意識してほしいのは、「企業制度の見直し」「産業医との連携」「行政制度やサイトを知る」の3点です。

自社制度の見直し

まず確認して欲しいのは、自社の就業規則や制度が治療や体調に合わせた「柔軟な勤務形態」「休暇・休業制度」であるかどうかです。

がんをはじめとする病気の発症に合わせ、就業形態を変えずに勤務が継続できる体制、検診や急な体調不良による有給取得の柔軟な対応、時短勤務の利用などが挙げられます。

体力的な問題がある場合には、勤務時間の短縮をはじめ、通勤負担軽減のための時差出勤などが必要となる場合もあります。

産業医を含めた産業保健スタッフとの連携確認

産業医をはじめとする産業保健スタッフには、従業員の疾患理解をはじめ、仕事に無理なく望めるようなサポートをお願いしましょう。

それ以外に、人事労務担当者や上司など周囲で働く人たちへの状況説明といった知識面での橋渡しも、彼らの重要な仕事です。

特に人事異動などで従業員を取り囲む環境が変わる場合、上司や同僚となる人たちには、がんを患いながらも仕事に励む従業員の現状を適切に理解してもらう必要があります。

企業と産業保健スタッフとの連携を円滑に進めるためにも、日頃から密なやり取りが関係者間で求められるのです。

患者を支える行政の制度や公開情報を知る

厚生労働省や国立がん研究センターといった行政・研究機関を中心に、がんを患った人たちの就労を支えるための情報を公開しています。

特にこれから人事労務担当者としてがんと共に働く従業員と向き合わなければならない人は、厚生労働省が出している「治療を受けながら安心して働ける職場づくりのために」というパンフレットが参考になるでしょう。

●治療を受けながら安心して働ける職場づくりのために(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/140328-01.pdf#page=2

「がんと仕事のQ&A」という冊子も、がん当事者が抱える仕事の悩みやその対策を知る上で、手助けになるはずです。

●診断されたらはじめに見る がんと仕事のQ&A(国立がん研究センター)

https://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/cancer-work/cancer-work.pdf

厚生労働省が公開する「疾患を抱える従業員(がん患者など)の就業継続」には網羅的に情報がまとめられているため、目を通しておくことをおすすめします。

●疾患を抱える従業員(がん患者など)の就業継続(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/teichakushien/patient.html

医療費の負担を軽くするための公的制度サイトなどを知っておくと、従業員に情報を渡すことが可能です。

●医療費の負担を軽くする公的制度(国立がん研究センター)

https://ganjoho.jp/public/support/backup/public_insurance.html

具体的な制度内容を理解するに越したことはありませんが、まずは関連情報があるサイトを知っておくと、いざという時に何を参考に情報収集・提供をしたら良いかが分かります。

がんと共に働く仲間を支えるために今日から意識したい心構え

では、人事労務担当者をはじめ、一緒に働く従業員たちはどのような心構えでがんと共に働く仲間へ接したらいいのでしょうか。

ここでは「人事労務担当者」「周囲の従業員」という2つの立場からご紹介します。

「人事労務担当者」について

人事労務担当者の場合には、「がんについて正しく理解する」「接し方を考える」ことが重要となります。

がんについて正しい情報を理解することは、がんと共に働こうとする従業員の現状を把握することに役立つからです。産業医といった産業保健スタッフたちとの連携も忘れてはいけません。当事者である従業員からの話はもちろん、周囲からの情報にもアンテナを張っておきましょう。

接し方についても、「がんを患っているから・・・」と特別扱いをするのではなく、従業員と対話をしながら最適な接し方を見つけていくことが求められます。

良かれと思って従業員に十分な相談をしない状態で、待遇や雇用形態を変えることは避けましょう。

急な配置転換や接し方の変化などは、「がんになったために、自分は会社から必要とされなくなったのかもしれない・・・」と人によっては感じてしまうケースがあるからです。

特にがん告知を受けた直後は、気持ちが不安定になりやすい状況にあります。

業務にも体調にも支障が出ない範囲で、従業員に寄り添った判断をしていくことを心がけてください。

「周囲の従業員」について

人事労務担当者と基本的な心構えは大きく変わりませんが、「仕事に取り組みやすい環境を作る」「体調に合わせて気軽に頼れる部署風土を整える」などが重要です。

業務コミュニケーションをこれまで以上に密にしていくことが求められます。

特に部下ががんを患った場合には「大変そうだから・・・」など、主観で勝手に業務を変更せず、従業員との対話を通して仕事の調整をしていく必要があります。

必要に応じて、周囲の社員がカバーできるような体制作りをしておくといいかもしれません。

もし、同僚や上司ががんを患った場合には、「業務においてどのようなサポートがあると働きやすいですか?」というように声かけをすると引き継ぎがスムーズに運びやすいでしょう。

通院や体調といった環境に合わせて休みやすい社内風土や環境を作るための気遣いや声かけも意識してみてください。

入社年次に限らず、がんと共に働く人も仕事がしやすい環境を作れるような行動を心がけていきましょう。

まとめ

がんと共に働く従業員を抱える企業や対応策を考えていきたい企業に向けて、一緒に働く上での人事労務担当者や周囲の従業員の心構え、会社に求められる行動を中心にご紹介しました。

まずは行政サイトや情報を通してガイドラインで少しずつ知識を深めながら、現場に求められる心構えを実践していきましょう。

引用:

※1:厚生労働省 治療を受けながら安心して働ける職場づくりのために Ⅰ治療と仕事の両立を取り巻く現状と課題

※2:国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計  3.がん罹患(新たにがんと診断されること 全国合計値) 5)がんに罹患する確率~累積罹患リスク(2014年データに基づく)

※3:国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計  1.日本の最新がん統計まとめ 

参考:

国立がん研究センター 身近な人ががんになった時

国立がん研究センター 診断されたらはじめに見る がんと仕事のQ&A

厚生労働省 疾患を抱える従業員(がん患者など)の就業継続

国立がん研究センター 医療費の負担を軽くする公的制度

産業医に関するお悩みありませんか?

エムスリーキャリアの産業医紹介サービスでは全国の医師の約9割・28万人以上が登録しているm3.comの医師会員基盤をもとに企業ニーズにマッチしたベストな産業医を紹介することが可能です。

 

全国各地の医師が登録しているため、幅広い地域の事業場に対応が可能です。
また、企業からのニーズが高い精神科に精通した産業医が多い点も特長です。

 

産業医選任後も企業の産業保健に関する継続的なサポートや窓口として産業医との業務調整などにも対応しています。

 

自社の状況に合わせて適した紹介ルートを選び、どのような産業医を選任したいのか是非お気軽にお問い合わせください。

産業医に関するお悩みありませんか?

人気記事

1

社員の健康診断は義務?企業が理解しておきたいポイントとは

健康診断は、労働者を雇っている会社が定期的に行わなければなりません。その実施は義務といわれていますが、会社を立ち上げた人などの中には、実際に対象となる労働者や健康診断の項目など、その詳細は知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、健康診断の概要に加えて、企業が理解しておきたいポイントについて紹介していきます。

2

2020年度から義務付けられる受動喫煙防止対策。企業の法的責任とは?

2020年4月1日より施行される健康増進法の改正によって、従業員の望まない受動喫煙を防止することが企業責任のひとつに加わりました。法律改正によって、人事労務担当者は受動喫煙防止や社内のたばこ問題解決に向け、より一層の対策が求められることになります。 本記事では受動喫煙対策関連の法案が設立された背景をはじめ、企業としての法的責任や対策についてご紹介します。厚生労働省が紹介する各種支援制度、他社事例等もご説明しますので、受動喫煙問題を検討する担当者にとってはどれも見逃せない内容ばかりです。

3

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

4

病気?わがまま?若い世代に多いといわれる新型うつの特徴と対処法

従来のうつ病とは異なるとされる新型うつが、現代人、特に若い世代に増えているといわれています。新型うつについて、より詳しい内容を知っていないと、その対処に困惑してしまうケースも多いです。この記事では、新型うつとはどのようなものなのか、さらに、会社ではどのように対処していくべきなのかなどを説明していきます。

5

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

関連記事

【人事担当者必見】休職に必要な手続きと対策とは?うつ病時の手当から復職対応まで

健康管理

長時間労働にパワハラ、サービス残業…。ブラック企業という言葉をよく耳にする日本では、精神疾患の患者数も増加傾向にあります。うつ病を患い、休職制度を利用する会社員も少なくありません。本記事では、従業員がうつ病で休職する際に人事労務が知っておくべきこと、必要な手続き、復職までの流れなどを解説します。

【社労士監修】労災とは?人事労務担当者が知っておくべき基礎知識と対応方法

従業員の病気

労働災害(労災)は労働者にも会社にも深刻な影響を及ぼします。 人事労務担当者として、絶対に間違ってはいけないことがいくつもあります。 ところが、間違った知識が蔓延っているようにも見受けられます。 人事労務担当者として確実にその業務を果たせるよう、本記事で正確な知識を身につけてお役立ていただければと思います。

【産業医寄稿】メンタルヘルス不調のサインかも!部下の様子がおかしい時の適切な対応について解説

産業医コラム

メンタルヘルス不調の従業員を早期に発見し、正しく対応することは、会社にとって非常に大切なこと。なぜなら、従業員が早い段階から治療を受けることで、早い回復が期待でき、本人の社内でのパフォーマンスを出来るだけ早く活かすことができます。また、メンタルヘルス不調の従業員へ正しい対応を行うことは、企業の安全配慮義務でもあります。 特に管理監督者は、「部下からの自発的な相談に対応するよう努めること」や、「個別の配慮が必要と思われる部下には適切な対応を行う必要がある」と、厚生労働省が発表する「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に明確に記載されています。つまり、メンタルヘルス不調の従業員への正しい対応は、上司である管理監督者の業務の一部にあたるのです。 管理監督者だけではなく、人事労務担当者も、メンタルヘルス不調の従業員に関わるケースは多いでしょう。さらには、管理監督者へ正しい対応方法についての教育などを行うこともあります。人事労務担当者こそ、メンタルヘルス不調の従業員への対応について詳しく知っておく必要があります。しかし、現状では、メンタルヘルス不調者に、自信をもって対応できると言える人はまだまだ少数です。今回は、部下がメンタルヘルス不調になってしまった場合に、上司が取るべき正しい対応について説明します。

従業員のメンタルヘルスを改善しよう!産業医の役割や面談のメリットを解説

メンタルヘルス

従業員のメンタルヘルス管理は、企業が今後も生き残るうえで無視することのできない、重要な課題といえます。企業の健康経営を目指すうえで、ポイントとなるのが「産業医との面談」の導入です。ここでは、産業医の主な役割や定期的な面談を実施するメリット、さらに従業員に面談を受けてもらうための対策方法について解説します。

従業員の再休職を防ぐために!適切な復職支援について詳しく解説

従業員の病気

企業にとって、人材はまさに宝。労働者のメンタルヘルスを気にかけることは、経営面でも重要なポイントになりつつあります。ストレス社会と呼ばれる現代ではうつ病などで休職する労働者の数も増えており、再休職を防ぐためにも適切な復職支援の実施が欠かせません。そこで、今回は労働者が休職した場合、どのような流れで復職をサポートすれば良いのかについて詳しく解説していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください