健康経営コラム

人気記事ランキング

1
2

嘱託産業医への報酬はどれくらい?相場や決まりなど。

「産業医の採用コストっていくらが適正なの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 すでに産業医がいる企業でも、雇用形態を変えることでコストを抑えることもできるかもしれません。 本記事では、産業医の報酬相場や決まりなどをご紹介します。

3

産業医との契約形態にはどのようなものがあるか

産業医との契約にはいろいろなケースがあるのをご存じでしょうか? 大きく分けると、産業医と企業が直接契約するケースと、間に企業をはさんで間接契約するケースの2つの方法があります。 本記事では、多くの企業が採用する直接契約について解説します。

4
5

新着記事

在宅勤務のストレス対策方法は?企業がテレワークの従業員をケアするために必要なこと

ウェルビーイング

2020年07月01日

新型コロナウイルス感染症の影響をうけて、テレワークで在宅勤務をするようになった人も多くいるのではないでしょうか。 テレワークの経験がある人なら、在宅勤務への切り替えもスムーズにしやすいかと思いますが、そうでない人にとっては、不慣れなことも多く、ストレスを感じてしまうケースもあります。 今回は、テレワークによる在宅勤務の注意点、ストレスの予防・ケアについて解説していきます。

コロナ後もテレワークを!社労士が語る「“柔軟な働き方”をいまこそ推進しよう」

専門家コラム・インタビュー

2020年06月19日

いまだ収束していない新型コロナウイルス感染症への対策として、各企業で急速に導入が進んだ「テレワーク」。 そもそも、テレワークは「働き方改革実行計画」の中で「柔軟な働き方がしやすい環境整備」の一環として取り組まれてきた課題です。 今回テレワークを導入したことで数多くのメリットに気付かされた企業も多いと思いますが、新型コロナウイルス収束後もテレワークを継続する、またこれからテレワークの導入を進める場合は、改めて問題点と今後の対応を検討する必要があります。 今回は社会保険労務士で健康経営エキスパートアドバイザーとしても活躍される玉上 信明先生に、テレワークの意義や導入に際し人事労務担当者が意識すべきこと、将来の展望を伺いました。

安全配慮義務とは?違反しないために企業が取り組むべき必須ポイント徹底解説

法律・制度

2020年06月17日

「安全配慮義務」という言葉はご存知でしょうか。会社として労働者の命や安全に配慮しなければいけない義務です。 人事総務の担当の方や管理職ならば必須の知識ではありますが、詳しく知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。 知らぬ間に安全配慮義務違反で損害賠償を求められてしまうことにならないために、 ポイントをわかりやすく解説していきます。

職場のメンタルヘルスケアとは? 企業が知っておくべき対策を徹底解説

メンタルヘルス

2020年06月12日

ストレスチェックの義務化など、職場でのメンタルヘルス対策の必要性が注目されています。なぜやらなければいけないのか? 対策に取り組むと、どのようなメリットがあるの? などの疑問について解説します。

ストレスチェックの対応できていますか?導入から実施までの流れを徹底解説

メンタルヘルス

2020年06月10日

労働安全衛生法の改正に伴い、従業員のメンタル不調を予防することを目的に、50人以上の労働者がいる事業所では2015年12月から年1回、ストレスチェックの実施が義務付けられるようになりました。 今回はこの「ストレスチェック」について、具体的な実施方法から実施後の対応まで、 企業担当者が何をどのように対応すればよいのか詳しく解説していきます。

パワハラ防止法遂に施行!人事労務担当者が今取り組むべき対策と定義を徹底解説

法律・制度

2020年06月03日

パワハラ防止法が2020年6月から施行されます。(中小企業は2022年4月施行) パワハラを防止するための措置を義務づける法律ですが、違反した場合にはどうなるのか、どういった措置が必要なのかよくわからない方も少なくないようです。 本記事ではパワハラ防止法の概要や必要性、注意点をわかりやすく解説します。 職場を明るく元気なものにするため不可欠なものだということがご理解いただけるかと思います。

衛生管理者による職場巡視は義務なのか?労働環境改善に役立つポイントを徹底解説

産業医選任以外の義務

2020年05月29日

労働安全衛生法により、50名以上の労働者がいる事業場への選任が義務付けられている「衛生管理者」。従業員が健康に働けるよう、職場の労働衛生面を全般的に管理するのが衛生管理者の主な役割です。従業員の健康面に関する処置のほか、作業環境の衛生面における調査や改善、衛生教育など、その職務は多岐にわたります。 その中でも、特に重要な職務として挙げられるのが「職場巡視」です。職場における労働衛生面の問題を早期発見するためにも、定期的な職場巡視は欠かせません。今回は、衛生管理者による職場巡視の基礎知識を踏まえ、職場巡視の流れや必要な事後措置などについて解説していきます。

産業医の探し方に困っている方は必見!産業医を見つける4つのルートとは?

産業医

2020年05月27日

従業員が健康に働けるよう、医師としての立場や専門知識を生かして指導・助言を行う「産業医」。政府主導で働き方改革が進む中、産業医の重要性はますます大きくなっています。常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医の選任が法律で義務付けられており、企業の都合にかかわらず必ず選任しなければなりません。 選任にあたり、産業医の探し方に悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。従業員の健康管理を効果的に行うためにも、高い専門知識と責任感を持ち、真摯に職務を遂行してくれる産業医を見つけることが欠かせません。企業ごとに必要な健康管理が異なるため、自社の目的に合った能力を持っているかどうかも見極める必要があります。 さらに、従業員が気軽に相談できるよう、優れたコミュニケーション能力を持つ産業医も選びたいところです。しかし、産業医は本業を別に持っていたり、複数の事業場で産業医を兼務したりするケースも多く、条件に合う優秀な人材を見つけるのは簡単ではありません。今回は、スムーズに産業医を選任できるよう、自社の目的に合う産業医を探す方法について解説していきます。

産業医の選任義務はいつから?把握すべき事業場の定義や業務・罰則について

産業医

2020年05月25日

近年、働き方改革の施行に伴い注目が高くなっている「健康経営」において、従業員の健康を守り、働きやすい環境づくりを行うことが非常に重要なポイントとなっています。しかし、長時間労働による過労や、業務上のストレスによる精神疾患の増加など、心身の健康に問題を抱える従業員は少なくありません。 そこで、従業員の健康管理を効果的に行うため、労働安全衛生法によって選任が義務付けられたのが「産業医」です。 産業医は、事業場で働く従業員が50人以上に達した場合、必ず選任しなければなりません。これは企業の義務であり、違反すれば罰則も科されます。 産業医の存在は知っていても、このような選任基準や罰則、職務内容の詳細など、正確にはわからないという経営者や人事労務担当者も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな産業医の選任義務について、詳しく紹介していきます。

専属産業医を選任する義務がある企業とは?従業員1,000人以上になる企業は要注意!

産業医選びのための知識

2020年05月22日

企業は、事業場で常時使用する従業員数が一定数を超えると、産業医を選任しなければなりません。産業医は「専属産業医」と「嘱託産業医」に分かれており、従業員数が50~999人以下の場合は専属産業医または嘱託産業医、1,000人以上になると専属産業医を選任する義務があります。 ただし、有害業務を取り扱う事業場の場合、常時使用する従業員数が500人以上になると、嘱託ではなく専属産業医を選任しなければならないため注意が必要です。事業場ごとに選任すべき産業医の種類は異なりますが、いずれのケースでも産業医が従業員の健康を守るために欠かせない存在であることに変わりはありません。 ただ、「なぜ専属産業医が必要なのか」「嘱託産業医と何が違うのか」など、疑問に感じている方もいるでしょう。同じような役割に見える両者ですが、実際にはさまざまな面で違いがあるのです。今回は、専属産業医に関する基礎知識を踏まえ、嘱託との違いや選任するメリット、選ぶ際のポイントなどについて詳しく解説していきます。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください