タグ:従業員の病気

【人事担当者必見】休職に必要な手続きと対策とは?うつ病時の手当から復職対応まで

健康管理

2020-09-07 12:00

長時間労働にパワハラ、サービス残業…。ブラック企業という言葉をよく耳にする日本では、精神疾患の患者数も増加傾向にあります。うつ病を患い、休職制度を利用する会社員も少なくありません。本記事では、従業員がうつ病で休職する際に人事労務が知っておくべきこと、必要な手続き、復職までの流れなどを解説します。

【社労士監修】労災とは?人事労務担当者が知っておくべき基礎知識と対応方法

従業員の病気

2020-08-06 12:00

労働災害(労災)は労働者にも会社にも深刻な影響を及ぼします。 人事労務担当者として、絶対に間違ってはいけないことがいくつもあります。 ところが、間違った知識が蔓延っているようにも見受けられます。 人事労務担当者として確実にその業務を果たせるよう、本記事で正確な知識を身につけてお役立ていただければと思います。

【産業医寄稿】メンタルヘルス不調のサインかも!部下の様子がおかしい時の適切な対応について解説

産業医コラム

2020-04-09 09:00

メンタルヘルス不調の従業員を早期に発見し、正しく対応することは、会社にとって非常に大切なこと。なぜなら、従業員が早い段階から治療を受けることで、早い回復が期待でき、本人の社内でのパフォーマンスを出来るだけ早く活かすことができます。また、メンタルヘルス不調の従業員へ正しい対応を行うことは、企業の安全配慮義務でもあります。 特に管理監督者は、「部下からの自発的な相談に対応するよう努めること」や、「個別の配慮が必要と思われる部下には適切な対応を行う必要がある」と、厚生労働省が発表する「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に明確に記載されています。つまり、メンタルヘルス不調の従業員への正しい対応は、上司である管理監督者の業務の一部にあたるのです。 管理監督者だけではなく、人事労務担当者も、メンタルヘルス不調の従業員に関わるケースは多いでしょう。さらには、管理監督者へ正しい対応方法についての教育などを行うこともあります。人事労務担当者こそ、メンタルヘルス不調の従業員への対応について詳しく知っておく必要があります。しかし、現状では、メンタルヘルス不調者に、自信をもって対応できると言える人はまだまだ少数です。今回は、部下がメンタルヘルス不調になってしまった場合に、上司が取るべき正しい対応について説明します。

従業員のメンタルヘルスを改善しよう!産業医の役割や面談のメリットを解説

メンタルヘルス

2020-02-03 09:00

従業員のメンタルヘルス管理は、企業が今後も生き残るうえで無視することのできない、重要な課題といえます。企業の健康経営を目指すうえで、ポイントとなるのが「産業医との面談」の導入です。ここでは、産業医の主な役割や定期的な面談を実施するメリット、さらに従業員に面談を受けてもらうための対策方法について解説します。

従業員の再休職を防ぐために!適切な復職支援について詳しく解説

従業員の病気

2020-01-31 09:00

企業にとって、人材はまさに宝。労働者のメンタルヘルスを気にかけることは、経営面でも重要なポイントになりつつあります。ストレス社会と呼ばれる現代ではうつ病などで休職する労働者の数も増えており、再休職を防ぐためにも適切な復職支援の実施が欠かせません。そこで、今回は労働者が休職した場合、どのような流れで復職をサポートすれば良いのかについて詳しく解説していきます。

全15件中 1〜 5件を表示
カテゴリ一覧
お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください