カテゴリ:ウェルビーイングに関する記事一覧

「ウェルビーイング」とは、自身と周囲の環境が精神的、身体的、社会的に満たされた状態にあることを言います。
では、具体的に、企業がウェルビーイングを取り入れ、従業員が満たされるのはどうすれば良いのでしょうか。
このカテゴリでは、ウェルビーイングに関する具体的な取り組みの事例や、企業が受けるメリットをご紹介いたします。

どこから手をつけたらいい?健康経営導入の流れと成功のポイント

2019-09-30 08:00

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、企業の戦略として取り組むことを指します。また、政府が行う「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。労働力不足や長時間労働などが社会問題となっている中で、健康経営は問題改善が期待できる経営手法として注目されています。ここでは、健康経営導入の流れと、成功させるために押さえておきたいポイントを説明していきます。

心理的安全性を高めてチームの生産性を向上――人事労務ができる4つの行動

2019-09-13 18:09

「心理的安全性」が高い  状態を企業内に作り出すことは、個人はもちろん、チーム全体がより良い成果を出すために大切なことです。人事労務担当者がこのキーワードを理解し、行動に移すことは、自社の労働環境を高める上で重要となってきます。 本記事では「心理的安全性」という言葉の意味をはじめ、その状態を確保するために意識したい内容をご紹介します。また、心理的安全性が企業や社員に与える 影響についても説明しますので、もし自社の 労働環境に悩んでいる方がいましたら、より良い環境を作るための第一歩として、ぜひご覧ください。

人事として知っておきたい!生産性アップに繋がる従業員エンゲージメント

2019-09-09 08:00

「従業員エンゲージメント」の向上を通して、生産性アップを目指す動きが活発化しています。しかし、従業員エンゲージメントを向上させるための行動や方法が分からず、手をこまねいている人事労務担当者は少なくありません。

産業医を選任する意味とは?ウェルビーイング経営を支える産業医の選び方

2019-08-20 19:30

働き方改革によって産業医に対する注目はより一層高まっています。しかし、産業医を選任することにどんな意味があるのか、しっかりと細部まで理解している企業経営者や人事労務担当者、顧問企業をもつ社労士は少ないのではないでしょうか。この記事では、企業にとって産業医を選任することの意味や、よい産業医の選び方を紹介していきます。

プレゼンティズム、アブセンティズムから考える健康経営

2019-08-09 17:34

人事労務の仕事を通して、「プレゼンティズム」「アブセンティズム」というキーワードに触れる機会は増えていませんか。それは、これらのワードが従業員の健康に対する投資対効果(ROI)を測るための指標として注目を集めているからです。 本記事では「プレゼンティズム」「アブセンティズム」という言葉の意味をはじめ、改善に取り組むメリットをご紹介します。もしこの2つを理解し、従業員のアクションまで落とし込めれば、自社の生産性向上や経営陣への健康経営に向けたアピールにもきっと役立てられるはずです。

お問い合わせ

産業医の採用ついて、健康経営の取り組みについて、お困りではありませんか?
お見積り、ご相談は完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください