産業医をお探しの企業様へ

「自社の状況に適した産業医を紹介して欲しい」
「急ぎで産業医を採用したい」
「ストレスチェック後の面接指導をお願いしたい」

エムスリーキャリアの産業医サービスでこのようなお悩みを解決します!

産業医サービスについて

産業医業務に関してお悩みをお持ちの企業様を、産業医と専任スタッフがサポートいたします。産業医に単発で依頼したいというお悩みから、自社で採用したいというお悩みまで幅広く対応。産業医の紹介だけにとどまらず、健康経営に関するお悩みまで、なんでもご相談ください。

ご相談・お見積りは【完全無料】です。まずはお気軽にお問い合わせください。

< 特徴1 >
28万人以上の医師会員基盤

28万人以上の医師が登録するm3.comの基盤を持つのが弊社の強みです。
幅広い年齢層や多用な専門性をもった医師をスピーディーにご紹介することが可能です。

< 特徴2 >
業界最大級の医師登録実績

プランは全部で3つ。雇用方式や月額予算など、ご希望に応じてお選びいただけます。たとえば「月3万円で月に1回、希望の日に来てほしい」「社員として専属で勤務してほしい」など、ご状況に応じて最適なプランをご提案します。

< 特徴3 >
経験豊富なコンサルタント

エムスリーキャリアには医師転職支援の経験豊富なコンサルタントが多数在籍。医師のキャリアや特性、ニーズをしっかりと理解できているからこそ質の高いマッチングが可能になっています。

いい産業医と出会うには?

ひとくちに産業医といっても、会社規模や産業医に期待する分野に応じて「いい産業医」の定義は異なります。

産業医紹介の専任スタッフが貴社のご状況をしっかりヒアリングした上で、ぴったりご要望に合う産業医をご紹介します。
28万人以上という業界最大級の医師会員基盤をもち、多数の産業医希望の医師がいるため、ご提案できる産業医が幅広いのも特徴です。

ご希望のプランをお選びいただけます

産業医の雇用形態は、下記の3種類がございます。貴社のご状況に合わせてお選びいただけます。

プラン1
産業医顧問サービス

「月に1回業務委託で産業医にきてほしい」という企業様におすすめです。

昨年度、依頼のあった企業様の産業医決定率は99%。確かな実績がございます。
産業医を選任して終わりではなく、産業医と弊社スタッフが一丸となって継続的にご支援するというのが本プランの特徴です。産業医関連業務を一括でお任せしたいという企業様におすすめです。

プラン2
産業医紹介サービス

「産業医を自社で採用したい」という企業様におすすめです。

"医師専門"ならではの高い付加価値と、28万人以上の医師会員という強みがあるため、貴社にぴったりの産業医をスピーディーにお探しすることが可能です。
貴社と産業医の直接契約であるため、貴社の方針・戦略に沿った産業医の運用が行いやすくなるというのが本プランの特徴です。

プラン3
産業医スポットサービス

「ストレスチェック後の面接指導だけお願いしたい」という企業様におすすめです。

「ストレスチェック実施者と面接指導だけお願いしたい」「地方拠点の長時間労働者への面接指導をお願いしたい」
など、産業医に必要なタイミングだけ業務をしてほしいという企業様へ産業医をご紹介します。
初期費用は一切不要で、エムスリーキャリア専任スタッフによるサポートがあることが特徴です。

よくあるお問い合わせ内容

どのプランがいいかわかりません。
最適なプランは企業の状況によって異なります。
産業医に依頼したい内容や会社の規模感、かけられる予算感などによっておすすめのプランは異なってきます。
プランにお悩みの場合は、お問い合わせフォームにまずはその旨を記載の上、お気軽にお問い合わせください。
他社の産業医サービスとの違いは何ですか?
「m3.com 28万人以上の医師会員基盤」が最大の強みです。
エムスリーキャリアの産業医サービスでは、日本最大級の医療情報サイトm3.com内で医師にアプローチすることができます。そのため、より多くの産業医希望医師をスピーディーにご紹介することが可能です。
最短どのくらいで産業医を紹介いただけますか?
地域や条件によって、産業医紹介までの期間は異なります。
たとえば、紹介サービスであれば最短4週間で、顧問サービス・スポットサービスであれば最短1週間以内で産業医が決定した事例がございます。
※目安として、業務開始日の「1ヶ月前」にご相談いただけますとご紹介がスムーズです
ストレスチェックができる産業医を紹介してもらえますか?
はい、もちろんご紹介可能です。
昨今の流れもあり、エムスリーキャリアへも「メンタルケア対策に注力する産業医を紹介してほしい」というお問い合わせが増えています。そういった企業様には、精神科医の産業医や、メンタルヘルス分野の経験が豊富な産業医をご紹介さしあげております。
産業医が担う業務はどこからどこまでですか?
企業の状況と契約内容によって異なります。
産業医の業務は、健康診断の事後措置ストレスチェック対応、過重労働者への面接指導、休職・復職面談など多岐にわたります。貴社の状況に応じて異なりますので、随時ご相談の上決定しています。
はじめて産業医を選任するのですが、どこまでサポートいただけますか?
産業医との各種調整から産業保健業務運営まで、専任スタッフがサポートいたします。法令順守・社内体制など経験豊富なスタッフがアドバイスをいたします。
産業医の選任はいつから必要ですか?
「1つの事業場の従業員が50人以上」になったタイミングです。
労働安全衛生規則では企業に対し、「産業医を選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任すること」と定めています。知らず知らずの間に法令違反になっていたということがないよう、従業員数が50人に達する前に、産業医を探しはじめる準備をしておくことをおすすめしています。
ホワイト500の取得サポートもお願いできますか?
はい、可能です。
ホワイト500(健康経営優良法人)の認定を受けると、従業員を大切にしている企業という社会的信用が得られ、ホワイト企業である証にもなります。そのため、取引先から信頼されたり、優秀な人材を確保できたりする効果も期待できます。
エムスリーキャリアでも、実際にホワイト500取得のご支援をさせていただいた実績があります。

健康経営コラム

ストレスチェック制度とは?導入された背景や目的、実施時の流れを解説

メンタルヘルス

2020/01/09

企業が順調に経営を続けていくためには、実際に業務を担う労働者の健康が欠かせません。その重要性に注目した政府によって導入されたのが「ストレスチェック制度」であり、企業が健全な経営を目指すためにもこの制度を正しく理解しておくことが大切です。今回は、ストレスチェック制度の概要や成立の背景、実施時の流れや注意点など気になる点について詳しく解説していきます。

健康診断の再検査問題!会社は従業員にどのように対応すべきか?

健康管理

2020/01/08

一般的にはさまざまな企業において、年に一回など、定期的な健康診断が行われています。しかし、場合によっては再検査が必要な従業員も出てきます。この場合、企業はどのような対応をとればよいのでしょうか。この記事では、再検査が必要な従業員に対して会社側がとるべき対応や、健康診断を実施するうえでどのような点に注意すればよいかを解説していきます。

長時間労働はなぜ問題になるのか?労働環境を見直すべき理由

健康経営とは

2020/01/07

国内では長時間労働が大きな社会問題となっています。ワークライフバランスを見直す動きが活発になる中で、企業は労働力をどのようにして確保していくか、長時間労働をどうやって回避していくかを考えなければなりません。この記事では、長時間労働による問題点や回避方法の観点から、労働環境を改善する必要性について解説していきます。

「うつ病」が疑われる従業員に産業医の面談を行うにはどうすればよいか?

メンタルヘルス

2020/01/06

もし、職場内で「うつ病」が疑われる従業員が出た場合、企業の対応は非常に重要となります。産業医がいる場合はしっかりと連携を行い、事業者としてできる限りのフォローをしていくことが大切です。従業員が復職し、再び元気に働いてもらうためにも担当者は対応をしっかりと理解しておきましょう。ここでは、企業の担当者として知っておきたい対応のポイントについて紹介します。

従業員がメンタルヘルス不調や身体疾患で休職したら―産業医による面談を活用しよう!

従業員の病気

2019/12/16

従業員がメンタルヘルス不調や何らかの身体疾患で体調を崩し、休職にいたった場合、企業には適切な対応が求められます。その1つが、産業医による面談です。しかし、どのように面談を実施し、従業員のケアを行っていけばいいのか悩んでいる担当者もいるのではないでしょうか。ここでは、従業員が休職したときの産業医面談の流れと、企業が行っていくべき支援について紹介します。

男性の育児休暇取得における企業メリット・デメリット

法律・制度

2019/12/06

一般企業や行政をはじめ、政治家や芸能人など分野問わず広がりつつある男性の育児休暇取得。働き方改革や人事戦略としても、期待が寄せられている制度の一つです。 女性の活躍支援が働き方改革の一環として推奨されていることも、同制度が注目を集めるきっかけとなりました。労働現場に女性の力が必要とされるからこそ、男性には家庭を支える行動や積極的な子育て参入が求められるからです。 本記事では男性育児休暇制度の概要をはじめ、企業としての導入メリット・デメリットや他社事例についてご紹介します。ライフサポートに関する制度の充実は採用にも影響してくるため、ぜひ自社の制度導入の参考にしてください。